最終更新:

1027
Comment

【3614704】2019年受験組の談話室

投稿者: 2年生   (ID:uh2u20ZMZzU) 投稿日時:14年 12月 21日 20:49

なかったので立ち上げました。

返信する

管理者通知をする

携帯で読む

マイブックマーク

「浜学園に戻る」

現在のページ: 126 / 129

  1. 【4964787】 投稿者: 数年前終了組  (ID:OzdrdZAwhAQ) 投稿日時:18年 04月 17日 09:15

    灘模試、6年の今の時期は点数取れなくてもそれほど心配しなくてもいいかと。親子ともに現実を受け止めるための模試です。方向性間違えず、がむしゃらにやれば最終的に点数取れるようになります。形になってきます。ただし、今の時期から丁寧にがむしゃらに取り組まないと、後半の点数の伸びにはつながりません。夏休みからは誰でも頑張るので維持するので精いっぱいになります。偏差値がガンガン上がっても順位が上がらなくなります。順位は大事です。

  2. 【4964867】 投稿者: sara  (ID:zNq9iLfuJH6) 投稿日時:18年 04月 17日 10:32

    数年前終了組様
    良ければ教えてください。
    灘の模試で点数をとれるようにするためには、
    灘中入試演習や灘特訓などのイベントに参加した方がいいでしょうか。
    灘合は資格がありません。
    灘に関するイベントはゴールデンウィークも次々とあります。
    7冠(12耐)は参加しています。
    よろしくお願いいたします。

  3. 【4965165】 投稿者: 灘信仰  (ID:AGl/Hu5RZ4Q) 投稿日時:18年 04月 17日 17:20

    関西の中学受験は実質3日間で終わり。
    灘に拘っていると、適正な進学機会を失いますよ。
    先ずは資格取得がスタートだと思います。
    希学園で受験者の半分、浜学園は更に更に低い合格率・・・
    塾の経営戦略に親子とも煽られてしまった結果です。

  4. 【4965242】 投稿者: 灘  (ID:UF/3OrdOr4.) 投稿日時:18年 04月 17日 18:36

    浜で言いますと、現時点で灘合の資格が取れていない場合、合格はかなり
    頑張らないと難しいように思います。10傑常連でも、合格率は100%では
    ありません。今年もそうでした。

  5. 【4965281】 投稿者: 数年前経験者  (ID:TSPqCTyenRY) 投稿日時:18年 04月 17日 19:33

    灘コースが大変なので甲陽コースに落とした方お二人共その後東大(理二と文二)に合格されました。
    繰り上げで灘に合格された方センターが
    振るわず地方国立不合格という方もおられるました。
    大学になると稀にこういう方も出てきます。

  6. 【4965478】 投稿者: 親  (ID:JIVOAMQkgwU) 投稿日時:18年 04月 17日 22:51

    親としては無難に合格して欲しいのに、子供が灘への憧れが強いとトライしたがりますものね。
    「やって失敗した時の後悔より、やらずに終わった時の後悔の方が大きい」というコマーシャルが頭をよぎります。
    悩みますよね。

  7. 【4965517】 投稿者: 灘イベント  (ID:D9JlnJxexII) 投稿日時:18年 04月 17日 23:54

    憧れは大事ですよね。
    でも、灘のイベントで洗脳されてしまって、おかしな方向に進んでしまう親子は多いです。
    灘落としたら公立でもいいとか、極端な思考になる人もいます。
    塾としても灘コースに活気がないとやっていけませんからね。
    引き際は大事かと思います。目標は大学受験ですし。

  8. 【4965523】 投稿者: 灘合資格有の終了組です  (ID:Bu3YKxGqhHw) 投稿日時:18年 04月 18日 00:04

    sara様
    我が家の例をご参考ください。
    小4から小6の最後まで灘合に参加していました。
    灘最高峰特訓も参加しました。
    もちろん冠イベントは全て参加。公開後の灘猛特訓もです。
    算数は6年になると灘合の平均点以下しか取れませんでした。
    灘合の半数以上の方は、春の時点で灘合やオープンの算数難問を軽々と解きます。
    親の判断で夏から灘受験を断念しました。

    灘中対策で難しい算数の問題ばかり解いていたせいか、
    灘以外の入試問題形式に慣れるまでに、予想以上に時間を要しました。
    国語はさらに時間がかかりました。
    浜以外の外部サポートを併用して、軌道に乗せました。

    志望校変更後は、浜の先生から何度も灘志望に戻さないかとお電話を
    いただきましたが、「自信がないので」と固辞し続けました。
    万一の不合格の責任は親が取らなければなりません。
    より確実に上位で合格できそうな学校をA日程で選択し、
    結果として、居心地のよい中学生活を送っています。

あわせてチェックしたい関連掲示板