最終更新:

1
Comment

【7013382】学費について

投稿者: 小4母   (ID:/tViiJQq9s.) 投稿日時:2022年 11月 24日 11:12

女子美中高、とても素晴らしい学校だと思います。
我が家にとっての欠点があるとしたら、恥ずかしながら、学費です。
HPに明記されている金額に加えて日々の画材代(聞くところによると1本1000円程度の絵具をばんばん使うとか…)がかなり嵩むと考えております。さらに女子美大も控えているとなると。

学資保険を積み立てておりますが、それでも余裕を持てないなら早めに諦めたほうが…と弱気にもなりますが、なんとかやりくりして、本人の希望を叶えて、充実した中高生活を送らせてやりたいです。

実際、明記された金額以外に年間どれくらいの出費を見込んでいらっしゃいますか?
金額によっては、学習塾+画塾へ通い高校受験という選択肢もあるのかな…とも考えております。

不躾な質問で申し訳ございません。

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

  1. 【7014843】 投稿者: あおい  (ID:VU1A6EYbFHY) 投稿日時:2022年 11月 25日 16:02

    個人差のあることですが、一般的には学費+30万円(年間)くらいが相場かなと思います。

    高2・高3は画材代が嵩みますが、中1~高1の画材代はそれほど掛からないと思います(年間20万円くらい?)。

    画材代より、むしろ、部活の交際費が掛かるかなと思います。
    部活や同輩との関係もありますが、大会や発表が終わると、ディズニーランドやUSJ、富士急に行って遊ぶ(打ち上げ)生徒が多いので(全員ではない)、そちらの出費が嵩むと思います。なかには『どれだけ小遣いもらっているんだ』と、湯水のごとくお金を使う生徒もいますが、それは、私立校ならどの学校でも見られます。お金のある生徒はジュースをおごってくれます(=自分がお金のある時はおごることになる)が、お金がなければ水を飲んでいます。

    美術科の教員は高い画材を買えとは言いません。しかし、高2・高3の絵画コースの生徒は、大きな作品を作るので、画材が多く必要になり、この出費は仕方がありません。では、デザイン、立体・工芸コースの生徒は少ないのかと言えば、同じくらい掛かります。

    特に絵画コースの生徒は、大きなキャンバスを抱えて登校することがあるので、親が車で送迎してあげるか、親が車を出せない時はタクシー代を払ってあげたほうが良いと思います。それほど頻度は多くありませんが、親の手伝いが必要な時が必ずあります。

    家計がカツカツなら私立校はやめた方がいいです。親も子も辛くなります。
    都立総芸、都立工芸、都立大泉桜に進学しても、画材代はそれなりに掛かります。

    女子美付属の良さは、自由な校風もありますが、やはり人脈にあると思います。
    生徒も保護者も、ガツガツ・カツカツしておらず、余裕がある。学校行事に協力してくれる保護者が多く、役割担当をめぐり、保護者同士がモメることがない。ママたちもサバサバした人が多く、人間関係がスッキリしている。教員もそのことがわかっているので(生徒にも保護者にも)グチグチ言ってこない。生徒にも保護者にも、とても生活しやすい修学環境だと思います。教員も女子美が大好きなので、生徒への愛情が凄まじい(=教員の離職率も低い)。お金持ちの家庭の娘が通う学校というより、大切に育てられた娘が通う学校だと思います(=擦れた性格の生徒がおらず、皆、やさしい)。
    卒業後も多大な協力をしてくれる卒業生が多く、寄附金や、学校行事の際の貢ぎ物(生徒にお菓子をくれたり、お祝いのお花を贈ってくれたり)も凄い量です。生徒よりも保護者の満足度の高い学校だと思います。その人脈が生涯に渡り続く点が、都立高とは異なる、女子美付属特有の良さだと思います(都立高を悪く言う意味ではありません)。

学校を探す

条件を絞り込んで探す

種別

学校名で探す