「アベノマスク」をリメイクで大活用! のアイデア集

配布されたマスク

inter-edu’s eye
首都圏ではようやく到着し始めた、通称「アベノマスク」。でも、配布されたのは1世帯に2枚のみ。多くのご家庭では、家族の人数に足りない枚数です。そこで今回の生活お役立ち情報では、この配布された布マスクをリメイクして家族みんなで活用するアイデア集をお届けします。

2枚のマスクを4枚の立体マスク or 4枚のマスクインナーにリメイク

立体マスクとマスクインナーの作り方は途中まで共通です。

また、基本の作り方は3月にご紹介した「お裁縫に自信がなくても大丈夫!かんたん布マスクの作り方」をご参照ください。

1)マスクを解体する

まずはマスクの左右の縫い目をほどきます。

使用されているのは薄くてデリケートなガーゼ生地なので、糸切りバサミやリッパー(写真)を使う方がうまくいきます。布に穴を開けてしまわないように注意しましょう。

まずはマスクの左右の縫い目をほどきます。
使用されているのは薄くてデリケートなガーゼ生地なので、糸切りバサミやリッパー(写真)を使う方がうまくいきます。
マスクの端の部分は特に注意!
左右2か所の縫い目をほどくと、1枚のガーゼと輪に結ばれたゴム2本になります。

左右2か所の縫い目をほどくと、1枚のガーゼと輪に結ばれたゴム2本になります。

2)生地を水通しする

配布された布マスクは、届いた状態のときは洗濯のりでのりづけされているようなので、ここで一旦水通しをし、アイロンをかけます。

ここで一旦水通しをし、アイロンをかけます。
ガーゼ生地が5%くらい縮みました。その分、ガーゼの目が細かくなります。

水通しをしてアイロンをかけると、ガーゼ生地が5%くらい縮みました。その分、ガーゼの目が細かくなります。

3)きっちりと2つ折りしてアイロンをかける

ガーゼの布を2枚に折り、アイロンをかけます。

ガーゼの布を2枚に折り、アイロンをかけます。

このとき、布の端が3辺ともなるべくぴったりと重なるようにします。

4)布に印をつける

布地に型紙を当て、印をつけていきます。

布地に型紙を当て、印をつけていきます。

なお、写真では、先日お知らせした「量産するときに便利な裏技」のように、クリアファイルを利用した硬い型紙を使用しています。

クリアファイルを利用した硬い型紙を使用しています。
配布されたマスクの布地のサイズは、大人サイズの型紙を4枚分とるには、かなりギリギリになっています。

ここで要注意なのですが、配布されたマスクの布地のサイズは、大人サイズの型紙を4枚分とるには、かなりギリギリになっています。写真を参考になさってください。

どうしても4枚分を取ると重なってしまう!という場合には、ゴム通し部分の長さを少し短くしてもOKです。また、お子さまの年齢が小学校中学年くらいまでなら、2枚は子どもサイズ、2枚は大人サイズ、などとすると少しゆとりができるかもしれません。

5)布を断ち、通常の立体マスクの手順とほぼ同様にマスクを作る。

布を断ち、通常の立体マスクの手順とほぼ同様にマスクを作る。

作り方はこちらをご参照ください。

<立体マスク>

なお、最後のゴム通し部分のみ、配布された布マスクを材料に作る場合には、布の端にあらかじめ輪になっているゴムを置き、そのまま挟むように縫ってしまえば一手間省くことができます。

布地が薄めなので、並縫いならスイスイと縫い進めることができます。

なお、最後のゴム通し部分のみ、配布された布マスクを材料に作る場合には、布の端にあらかじめ輪になっているゴムを置き、そのまま挟むように縫ってしまえば一手間省くことができます。
布地が薄めなので、並縫いならスイスイと縫い進めることができます。

6)完成!

かなり薄手のマスクになりますので、これ1枚で外出するのは残念ながら現実的ではなさそうです。
これから暑くなってくるので、室内での冷房対策、お休みの際のナイトマスクなどとして喉の保護にご活用ください。

かなり薄手のマスクになりますので、これ1枚で外出するのは残念ながら現実的ではなさそうです。

これから暑くなってくるので、室内での冷房対策、お休みの際のナイトマスクなどとして喉の保護にご活用ください。

<マスクインナー>

政府から配布されたマスクのゴムを二等分にカットします。

政府から配布されたマスクのゴムを二等分にカットします
長さが半分になったゴムを左右に通せば完成!
長さが半分になったゴムを左右に通せば完成!
市販の不織布マスクの左右の紐にゴムをくぐらせて固定して使います。
市販の不織布マスクの左右の紐にゴムをくぐらせて固定して使います。
不織布マスクのギャザーを広げるとちょうど良いサイズに!
不織布マスクのギャザーを広げるとちょうど良いサイズに!

「マスクインナー??」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

市販の不織布のマスクを長時間着けていると、敏感肌の方やアレルギー体質のお子さまなどは、お口の周りや頬のあたりが痒くなってくることがあるといいます。薄いガーゼのインナーが1枚間に入ることによって、そういったトラブル対策になります。

また、メイクをする方にとっては、不織布マスクに口紅やファンデーションがついて少しベタベタ……という残念な事態を回避することにもなります。

あると意外と便利なマスクインナー、是非一度お試しください!

なお、マスクインナーの場合は、大人が使う場合でも子どもサイズで制作してしまってOKです。

お手持ちの布をプラスして4枚の立体マスクにリメイク

お手持ちの布をプラスして4枚の立体マスクにリメイク

今回の布マスクだけでリメイクした立体マスクは、外で使うには心許ない薄さです。ですが、ご家庭にあるご不要になったハンカチ、バンダナなどをプラスすれば、オリジナルの立体マスクを作ることができます。

通常の立体マスクを、配布されたマスクの布地を2枚重ねにして作るだけ。

薄手の布地と組み合わせるので、デニム生地など、通常の布マスクにはあまり向いていないような厚手の布でも使うことができます。

近ごろはさまざまな変わり種マスクが登場していますが、マスクを使ったオシャレにも一役買ってくれそうです。

2枚のマスクを10枚の当てガーゼに超かんたんリメイク

マスクを個別包装から取り出して、

「とはいっても、お裁縫、本当に苦手なのよね……」そんな方にもオススメなかんたんアイデアもご紹介します。

マスクを個別包装から取り出して、

左右を裁ちばさみで切り取るだけ!1
左右を裁ちばさみで切り取るだけ!2

左右を裁ちばさみで切り取るだけ!

1枚のマスクから3つ折りになったガーゼが5枚取れます。
1枚のマスクから3つ折りになったガーゼが5枚取れます。
形崩れなどが気になる方は、布の端を軽めにまつり縫いしておくと安心です。
形崩れなどが気になる方は、布の端を軽めにまつり縫いしておくと安心です。

これを水通しして、当てガーゼとしてマスクの内側に挟んで使います。

風邪気味の時など、この当てガーゼにメンソール系のクリームを塗ったりアロマオイルを垂らしたりして従来型の布マスクの布の間に挟んでおくと、鼻詰まりなどが緩和されますよ。

地域によってはマスクも購入できるようになってきましたが、配布された布マスクは、私たちの税金から作られたもの。せっかく届いたものなのですから、上手に活用していきたいですね。