6月のマンスリーテストで塾生活が始まったことを実感。サピックスに通う小4男子のテスト対策【塾ママブログ】

こんにちは。Sakurakoです。中1の女の子と小4の男の子がおり、上の子は日能研から第一志望の私立中高一貫校に進学、下の子は新4年からサピックスに通塾しています。

直近のテストについて

さて、第3回ブログのテーマは「直近のテストについて」です。小4の息子が通うサピックスでは、月に一度、試験範囲が決まっている「マンスリー確認テスト」と呼ばれるテストがあり、数か月に一度、試験範囲のない実力テスト「組分けテスト」があります。ちなみに、息子が今まで受けたテストは4回。

・新小4:1月…入塾テスト(国語・算数)
・新小4:3月…復習テスト(国語・算数)
・小4:4月…マンスリー確認テスト(1)(国語・算数・理科・社会)
・小4:6月…マンスリー確認テスト(2)(国語・算数・理科・社会)

4月のマンスリーテストが、息子にとって初めての4科のテストだったのですが、マンスリーテスト後は5月の連休で塾もお休みだったので、毎週の宿題を後回しにして勉強時間を復習に当てるなど、テストに向けた準備がしやすかったように思います。ですが、6月のマンスリーは日常のカリキュラムの中でのテスト!毎週の宿題をこなしながら、マンスリーのための復習をしないといけません(汗)。いよいよ、塾生活が本格的に始まったことを実感しました。

とは言っても、まだまだ遊びたい盛りで受験が自分ごとではない小4の息子。テスト前に復習する必要性にすら気づいていませんでした。
まずは息子に、「先生、マンスリーテストについて何か言っていた?」と聞くところから始まりました。
息子は、「国語の先生は…点数の悪いデイリーチェック(授業中の小テスト)からやり直すように、って言っていた」「社会の先生は…マンスリー頑張れって」とポツポツと話し始め、まずは具体的な指示をもらった国語から復習を始めることにしました。

その後、ほかの教科のデイリーチェックもやり直すことを決めました。第2回のブログには、テスト前に、算数は「ステップA~C」のやり直し、理科は「かくにん問題」の復習をやりたいと書きましたが、残念ながらそこまでの時間も(本人の)やる気もなさそうで今回は諦めました(苦笑)。