2022年の中学受験生へ。 難関男子校・女子校からのメッセージを動画でお届け!

2021年からスタートした「中学受験速報」。「注目の私立中高一貫校インタビュー動画」のコーナーでは、難関校・注目校の先生を取材し、2021年の入試に関することや2022年の受験生に向けたメッセージを動画でお届けしています。
その中から、開成・鷗友学園女子・海城・洗足学園の動画の内容をお伝えします。
学校説明会の開催が限られる中、学校から発信される情報は大変貴重です。ぜひ学校選びにお役立てください!

開成中学校「追試に込められた想い

インタビューに答えてくださった方: 教頭/入試実行委員長 神田 邦彦先生

2021年中学入試の特別措置

一番大きな点は、2月23日に追試の機会を設けたことです。
2月1日本試験では、受験生は1教室30名とし、休み時間を延ばすなど、密を避ける対策を行いました。また例年どおり、体調不良の受験生のために1教室9名の臨時受験室を2教室用意しました。

追試を決めた経緯や想い

新型コロナウイルスで、大変な努力をしてきた受験生の受験の機会を絶対に奪ってはなりません。世界が新型コロナと戦っている中で「開成にできることはなんだろう。開成もその力添えをしなければならない」という力強い意見が教員たちから出て、追試を決めました。

問題作成という点では、1,000名を超える本試験であっても、たった1名のための追試験であっても、同じ細心の丁寧さで問題を作成しています。

2022年の受験生に向けてメッセージ

大学進学に向けて徹底的な受験勉強で鍛え上げているわけではなく、自由な風土で生徒一人ひとりの考える力を育てる教育を行っています。
考えるためには基礎が大事で、受験生が日々行っている勉強はとても大切です。ですが、机に向かう勉強がすべてではなく、日常生活でさまざまなことに疑問に持ったり考えたりすることも大切です。たくさん考えてきてください。

開成中学校のインタビュー動画(約8分)ページは こちら≫