中学受験の暗部…プロ家庭教師の暴言から立ち直らせるには?安浪京子先生からの心に迫るメッセージ

今回のご相談は、中学受験を終えたご家庭から届きました。身を切られるような辛い相談に、中学受験カウンセラーの安浪京子先生が深い愛情をもって答えてくださっています。子どもを傷つける大人への警鐘として、中学受験に携わるすべての方にご覧いただきたい動画です。

【お悩み】暴言に傷つく娘を助けたい

小学6年生(新中学1年生)女子のお母さまのお悩み

【お悩み】暴言に傷つく娘を助けたい

中学受験が終わったばかりの子を持つ母です。
5年生の秋から大学生の家庭教師をお願いしていました。コロナの休校で、その大学生がだらけた授業をしていたこともあり、本人の希望もあって6年の7月からはプロ家庭教師にお願いしました。

うちの子はやる気に満ちて、どうにかできるようになりたいと、がっついていました。
ところが、家庭教師の先生は「第一志望校に合格するには計算が遅い」「バカ」を連発。どうしたら計算が早くなるのかの対処策は自分で考えなければならないで、ダメ出しの授業でした。

第一志望はB判定だったので、そんなにバカではないと思います。
しかし、12月ごろから「自分はバカだから1番低い中学も落ちる」と思い込んでしまい、過緊張のため、算数の点数が落ちてしまいました。とうとう入試の直前で「こんなんじゃ落ちる!」を連発され、滑り止めにも落ちてしまいました。
そういうことは言わないでほしいと言ったのに、直前で暴言を吐かれ、子どもは精神的に参ってしまいました。

10以上低い中学には受かったので、公立には行かなくて済みます。しかし、すごく努力をしてきたのに、プロ家庭教師の暴言が今でも心に残っていて、友達とも話せない状況です。自分の努力が足りなくて落ちたなら、納得できるようですが。
私も高額な月謝を払って、精神的に病んでしまったことと、合格ラインにいたのに第一志望に落ち、滑り止めにも落ちた現実は厳しすぎて…

子どもは数学Iと英語の勉強、計算、国語をやっています。
塾の先生は素晴らしかったので、塾だけにしていればよかったと後悔しています。
プロ家庭教師から言われた暴言がまだ頭に残っているようで、心が苦しいみたいです。
どのように立ち直らせていけばいいですか?

【回答】安浪先生からのメッセージ動画

中学受験に携わる
すべての大人に見てほしい

edu’s point

「プロ家庭教師」という肩書きや、学歴・経歴の内側にある人間性を見抜くのは、とても難しいことです。
しかし、実際にこういった大人もいるということを頭の片隅に置いておくことで、気付くことがあるかもしれません。

YouTube:中学受験の暗部…わが子を暴言から立ち直らせるには?

今回の回答者:安浪 京子(やすなみ きょうこ)先生

今回の回答者:安浪 京子(やすなみ きょうこ)先生

中学受験カウンセラー 算数教育家
関西、関東の中学受験専門大手進学塾にて算数講師を担当、生徒アンケートでは100%の支持率を誇る。
プロ家庭教師歴20年以上。
中学受験算数を専門としたプロ家庭教師集団、株式会社アートオブエデュケーション代表。きめ細かい指導とメンタルフォローをモットーに毎年多数の合格者を輩出している。

あなたのお悩みを聞かせてください

一人で悩んでいませんか? お子さまの中学受験や家庭学習、親子関係、塾でのお悩みなど、お気軽にお寄せください。

お悩み相談の投稿はこちら ▸
専門家プロフィール一覧はこちら ▸