最終更新:

182
Comment

【5860017】9月入学、始業と小学校受験

投稿者: ぐりぐら   (ID:KeFLSXrODTk) 投稿日時:2020年 04月 30日 04:12

現年長児の母です。
9月入学、始業案が世論で高まっています。
小学校受験予定の皆様いかがお考えでしょうか。影響が甚大ではないでしょうか。

学齢基準日も変更の場合だと
•2014年4-8月生まれは満6歳就学に基づき9月に入学→受験の機会すらなくなる可能性(さすがにこれはないと思いますが)
•繰り下げ(2014年4月〜2016年3月生まれ)となっても受験人口が1.4倍
•現年長の受験日は約半年遅く、元年中(2015年4-8月生まれ)は約半年早く現年長に混ざり受験
•2学年差だった兄弟が学年年子で連続受験に(2014年9月生まれと2016年5月生まれ等)

学齢基準日を変更しない場合でも
•あと半年(9月〜11月)だと思っていた受験日が半年先に延長に→モチベーションの維持、お教室代がさらにかかる
•就学時期の遅延→7歳で幼稚園生が生じる

思いつく問題点を挙げてみました。
9月入学は社会全体に大きな影響を及ぼし、いずれにしても短期で決めるべき案件ではないと思うのですが、大都市の知事が賛成をしていたり、世論に押されて決まってしまう可能性も十分にでてきています。

来年就学を迎える年齢が最もあおりを受ける年代のらひとつと思うのですが、この部分への影響はあまり議論されていません。
どちらに声をあげて良いかもわからず、まずはこちらで皆様のご意見を伺えましたら幸いです。

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

「小学校受験情報に戻る」

現在のページ: 1 / 23

  1. 【5860018】 投稿者: ぐりぐら  (ID:KeFLSXrODTk) 投稿日時:2020年 04月 30日 04:17

    すみません、訂正です。
    繰り下げ(2014年4月〜2015年8月生まれ)
    でした。

  2. 【5860219】 投稿者: どうでしょ  (ID:MkNONodVTr2) 投稿日時:2020年 04月 30日 09:40

    幼稚園のお受験も存在している事、月齢が下がった分、少し幼い園児用のお試験に変わるだけじゃないかしら。

    4月入学でも中高大学の受験は2月ですので、学校側って入学準備に2ヶ月あれば間にあいそうです。

    そうするとお受験は7月。早くても5月ごろには実施されそうです。

    難問演習に差がでる時期ですが、学校側も幼児教育のプロですから、相応の問題を作成されるように思います。

  3. 【5860230】 投稿者: 追伸  (ID:MkNONodVTr2) 投稿日時:2020年 04月 30日 09:47

    お試験内容以外に、流れのご心配でしたね。

    海外では普通のことで。
    日本の4月〜8月の生まれが、インターでは1つ上の学年になる区切り、国際標準と思えば、ご心配は今だけです。国に寄っては、学年を選べます。
    万が一、制度が代わったとしても移行年次は選択制などフレキシブルに対応するんじゃないかしら。

  4. 【5860247】 投稿者: 保育園  (ID:WERZa7HgL7s) 投稿日時:2020年 04月 30日 09:55

    ただでさえ溢れているのに、これ以上受け入れること出来ないですよね。
    学年の区切りが変わる?この前まで年少年中組で一緒だったお友達が先輩になったり後輩になるんですかね‥‥

    幼稚園受験小学校受験は来年度募集要項出ますよね。全てにおいて急過ぎるし準備が間に合わないです。

    こういうことは4~5年かけて準備することだと思うのですが。

  5. 【5860252】 投稿者: ぐりぐら  (ID:7aFbAX1zx6k) 投稿日時:2020年 04月 30日 09:59

    ご意見ありがとうございます。
    意図が大変伝わりにくい文章で申し訳ありませんでした。

    私立小学校希望者において
    もし小学校入学時期を2014年4-8月生まれがフレキシブルに選べるとしても
    •今年の9月入学→2020年の私立小学校の合格者はすでに決まっているため、追加募集でもしない限り公立小学校に入るしかありません。

    すると殆どが下の学年を選択
    →受験母数が約1.4倍となる。

    また5歳〜7歳までの受験者が生じるため現在の月齢考慮どころではなく幅広い月齢が受験することとなります。

    ということを問題提起したかったのですが。。。

  6. 【5860263】 投稿者: ぐりくら  (ID:7aFbAX1zx6k) 投稿日時:2020年 04月 30日 10:10

    ご返信ありがとうございます。
    確かに保育園、幼稚園の問題もありますね。
    そうなんです。小学校受験まであと半年で、すでに募集要項が出ている学校もあるのですが、こんなに急に入学時期を変更することが望ましいとは思えません。

    高校生の提案から生じた9月入学提案ですが、幼児への影響まであまり考慮されていないようなので、問題提起させていただきました。

  7. 【5860635】 投稿者: 移行のシミュレーション  (ID:oNcI1Q.lvuE) 投稿日時:2020年 04月 30日 14:46

    4月入学を9月入学に変更するということは、5カ月間の空白ができます。この5カ月間に生まれた子たちを、どうやって吸収するかが一つの課題です。

    一つのやり方として、今年9月入学の小学1年生は4月~3月生まれとしますが、来年9月入学は4月~翌年4月生まれとし、定員を1カ月分増やします。以下、その後のシミュレーションです。

    <小学校>
    20年9月入学 13年4月~14年3月生まれ
    21年9月入学 14年4月~15年4月生まれ(+1カ月)
    22年9月入学 15年5月~16年5月生まれ(+1カ月)
    23年9月入学 16年6月~17年6月生まれ(+1カ月)
    24年9月入学 17月7月~18年7月生まれ(+1カ月)
    25年9月入学 18年8月~19年8月生まれ(+1カ月)
    26年9月入学 19年9月~20年8月生まれ(ここで正常化)

    このやり方なら、影響が出るのは2014年4月~19年8年生まれの子どもたちだけで、1学年の定員を通常より1割弱増やすだけで対応できます。中高大の定員には即座に影響は出ません。

    あくまでシミュレーションですが。

「小学校受験情報に戻る」

現在のページ: 1 / 23

あわせてチェックしたい関連掲示板