大学受験、なぜ情報収集と戦略が重要なの?

inter-edu’s eye
子育てをしていく中での大きな最終関門の一つが大学受験ですね。
その大学受験は、それまでの中学受験や高校受験とは大きく異なります。
受験科目や受験の内容がバリエーションに富んでいることはもちろん、情報収集の重要性という面でも、得なければならない情報、立てるべき戦略の複雑さは桁違いです。
そこで、今回の大学リサーチでは、最近注目が集まっている医療・看護系の大学入試を例に、お子さまが幸せな進路選択をするための情報収集の重要性について考えていきたいと思います。

注目の集まる医療・看護系

AIの発達によって、人間の仕事が奪われる——そう言われるようになって久しいですが、人間でなければできない職業の一つが医療・看護の分野の仕事でしょう。確かに、体温や血圧、脈拍などの測定、投薬の量やタイミングなどの数値に関する部分では、医療の仕事もAIに取って代わられるかもしれません。しかし、患者さんに寄り添いながら心身両面で支えていくということは、生身の人間だからこそできる仕事です。

こういった医療・看護に関わる分野の仕事はまた、これからの社会に必要不可欠なものでもあります。医学の進歩によって平均寿命が延び、ますます高齢化が進む社会にあって、医療や看護に携わる人材がより多く求められるようになりました。地方自治体が地域医療の担い手を養成すべく公立の看護大学・学部を増設するなどの動きも、かなり以前から全国的に進んでいます。

一方で、進路を考える高校生や保護者にとっても、医療・看護系は魅力的な選択肢です。医療・看護系の学部・学科で学べば、看護師、理学療法士、作業療法士などといった国家試験の受験資格が得られます。先行き不透明な現代社会にあって、国家資格が得られるということは生活の安定にもつながります。例えば一般事務職と看護師との間では、派遣就労をした場合の時給で見ても1,000円近い開きがあります。人の命を預かる責任重大な仕事であるぶん、医療職は一般的な職業に比べ、待遇面でも有利な条件が用意されているといえるでしょう。

また、ワーク・ライフ・バランスの面でも医療職は魅力です。24時間体制で対応が必要な医療の現場だからこそ、逆に従来からパートタイムやシフト制などが導入されていて、柔軟な働き方が認められてきました。特に女子学生にとっては、結婚・出産・育児などでライフスタイルが変わった場合にも、柔軟に職場や働き方を変えることが可能で、かつ専門知識を活かして世の中に貢献できる医療・看護系の専門職は魅力でしょう。

医療・看護系学部入試の意外と知らない落とし穴

将来の職業やライフスタイル、世の中への貢献度などまで視野に入れて考えると、非常に魅力的にうつる医療・看護系という進路ですが、一方で大きな落とし穴もあります。
それは、他の学部に比べて、後戻りがきかないということです。

例えば教育学部に入学した学生が、途中から「自分がやりたかったことは教師ではない」と思ったとしても、大学で学んだ内容を活かして一般企業に就職することは可能です。しかし、医療・看護系の学部・学科の場合、学ぶ内容はそのまま将来の職業と直結したものです。そのため、「この仕事に就きたくない」と思った時点で、その学校に在学していること自体に意味がなくなってしまい、退学という選択につながってしまいます。

ですから、「自分は本当にこの職に就きたいのか」「職種への適性はあるのか」といった部分の見極めをより慎重に行う必要があります。「やりたいこと」や「憧れ」と「適性」とは、残念ながら違うこともあるでしょう。お子さまをもっとも近くで見てきた親御さんからの冷静な助言が必要な場面も出てくるかと思います。

また、医療系の場合、例えば同じ看護学部でも、その大学の建学の背景によって就職先の傾向が大きく違います。最先端の附属病院がある大学の医学部看護学科と、地域医療を担うべく設置された県立大学の看護学部とでは、同じ看護師であっても、将来の職場や日々接する患者さんは全く異なるでしょう。漠然と「看護師になりたい」ではなく、「最先端の医療技術を身につけたオペナースになりたい」「医療者不足の故郷で役に立つ看護師になりたい」といったような将来像までイメージして、「では、そのためには同じ看護学部でもどの大学がよいのか?」を検討しなければならないのです。
看護系の学部に関していえば、入試問題の傾向もやや独特のものになっています。志望が固まったならば、より早めの情報収集や対策が必要になってきます。

大学入試も情報戦

中学受験の経験がある親御さんなら、受験には情報戦の側面もあるということはご納得いただけるかと思います。そして、大学受験は、中学受験・高校受験以上の情報戦でもあります。
今回は、もっとも顕著でわかりやすい例として看護・医療系の大学入試についてお伝えしました。でも、もちろんこれ以外の学部・学科系統でも、程度の差こそあれ同じような違いはあります。

理系学部の場合は学部だけでなく学科と専攻について調べておくことはマストです。「この分野の研究がしたい」という明確な目標があるのなら、その分野を研究できる研究室の有無を調べておく必要も出てきます。「○○教授の下で学びたい!」というような場合には、その教授が専任なのか非常勤なのか、あるいは退官間際ではないのかなどもリサーチしておくべきでしょう。

逆に、将来の目標や学びたいことがそれほど明確になっていない場合には、カリキュラムの柔軟性や選択肢の幅広さなどを重視して大学を選ぶことになります。編入学や転学部・学科などの制度が充実している大学もあります。

こういった学びの内容だけでなく、国公立か私立か、自宅から通える範囲の大学の中から選ぶのか、一人暮らしも視野に入れるのかなど、選択肢も膨大にあります。卒業後の進路でも、マスコミへの就職に強い大学や公務員合格者の多い大学、法曹系資格職に強い大学など、大学ごとの傾向があります。

医療・看護系に限らず、将来を見据えた上での進路選択が大切なのです。
もちろん、情報収集だけでなく受験対策も戦略的に行わなくてはなりません。
勉強するべき科目のパターンがほぼ一定の中学入試、高校入試と異なり、大学入試は試験科目のバリエーションも多様です。選択できる受験科目や傾斜配点などを上手に利用することで、自分の得意な科目で勝負をかけることができるようになったりもします。目先の偏差値だけにとらわれず、「自分にとって有利に受験できる大学」を探す戦略も問われます。こういった大学受験に関する一般的な情報は、高校の進路指導担当の先生などに相談すれば得られるでしょう。こういった大学受験に関する一般的な情報は、高校の進路指導担当の先生などに相談すれば得られるでしょう。

特に専門的な医療・看護系などの情報を得たい場合には、ena新宿セミナーなど、医療・看護系の最新の情報を蓄積している専門の予備校を頼ることもオススメです。
また、夏休みには多くの大学でオープンキャンパスなどのイベントが行われます。情報収集の場として非常に有益なだけでなく、受験勉強のモチベーション向上にもつながりますので、足を運んでみるとよいでしょう。
情報戦を制して、お子さまが最高のキャンパスライフを送れるよう、サポートしていきましょう。