中学受験の面接対策!よく聞かれる質問や当日の服装、面接がある学校の2022年最新入試情報

2021年の中学入試では、新型コロナの影響を受け、これまで面接を実施してきた女子校の多くが面接を中止しました。2022年は当初面接を行う学校がほとんどでしたが、感染拡大を受け面接中止となる学校も出始めました。面接のある学校の入試情報と、面接対策として、面接の種類や質問内容、服装についてまとめました。

2022年一般入試で面接のある学校

 

学校名 2022年一般入試での面接実施の予定 面接の内容 2021年一般入試での面接実施状況
桜蔭中学校 面接中止 口頭ではなく記述による方法に変更 面接中止(口頭ではなく、記述による方法に変更)
学習院女子中学校 面接中止 面接中止
頌栄女子学院中学校 面接中止 面接中止
女子学院中学校 面接中止 面接中止
白百合学園中学校 面接中止 面接中止
清泉女学院中学校 面接なし 面接中止
玉川聖学院中等部 面接あり 受験生のみ、5人1組約15分のグループ面接。入試当日、筆記試験後に実施。 面接あり
東洋英和女学院中学部 面接中止 面接中止
日本女子大学附属中学校 面接あり 受験生のみ、1人約4分、原則として筆記試験終了後。ただし、第1回目・第2回目の同時出願の場合は、希望により1月23日(日)に事前面接を受けることができる。 面接あり
フェリス女学院中学校 面接なし 試験後、約10分の筆記による人物考査。 面接中止
雙葉中学校 面接中止 面接中止
横浜共立学園中学校 面接中止 面接中止
横浜雙葉中学校 面接中止 面接中止
立教女学院中学校 面接中止 面接中止

各学校の公式サイトよりインターエデュ調べ

新型コロナウイルス感染拡大のため、面接を中止する学校が相次ぐ

※2022年1月5日に横浜雙葉中学校は面接中止を発表しました。
※2022年1月13日時点で、女子学院中学校、雙葉中学校、横浜共立学園中学校、立教女学院中学校、東洋英和女学院中学部が面接中止を発表しています。桜蔭中学校では面接を、口頭ではなく記述による方法に変更となりました。
※2022年1月14日に学習院女子中学校は面接中止を発表しました。
※2022年1月14日に白百合学園中学校は面接中止を発表しました。
※2022年1月17日に頌栄女子学院中学校は面接中止を発表しました。

新型コロナの感染予防対策の状況によっては、今後も変更があるかもしれません。志望校の学校公式サイトの募集要項は、こまめにチェックしましょう。