最終更新:

1323
Comment

【5362772】六甲R4の下落について

投稿者: 悩み母   (ID:jj0jp0sKd12) 投稿日時:2019年 03月 16日 23:26

上の子の受験の時、六甲は60あったと思います。上は娘だったので詳しく覚えていないのですが…
それが去年、今年と55まで下がってしまっています。
やはり今の高校生と中学生では、進学実績が変わってしまいそうでしょうか。
伝統や教育には変化はないと思います(たい)ので、5下がったくらいで進学実績は変わらないでしょうか。
今の中1の保護者の皆さん、いかがですか?

上がり調子の新興校である須磨学園、高槻か、伝統校ですが少し落ち気味の六甲、どこが合うのか非常に迷います。
新6年、N55〜61をウロウロしている男子です。
個人的には甘えたの息子にはびしっと正してくれそうな六甲が合うのではと思うのですが、進学実績が落ちてしまいそうであれば周囲に流されやすい子なので気になります。
宜しくお願い致します。

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

「関西地方中学受験に戻る」

現在のページ: 166 / 166

  1. 【6054987】 投稿者: そうですね  (ID:I7e1sf0DSjU) 投稿日時:2020年 10月 15日 06:50

    信じるか信じないかは自由です。
    ただ、6年間周りで起こったことを書いただけですので。
    50期代前半とだけ。

  2. 【6054989】 投稿者: 50期て  (ID:bdQdjyhA02c) 投稿日時:2020年 10月 15日 06:55

    30年前ですやん

  3. 【6055802】 投稿者: 同感です。  (ID:OVprOeOG8.Q) 投稿日時:2020年 10月 15日 20:06

    どこが嘘で、実際はどうなのかを具体的に言って頂かないと対応の仕様がないんですが…

  4. 【6055894】 投稿者: 謎  (ID:vpsvtAX1.b2) 投稿日時:2020年 10月 15日 21:40

    私学で20人程度の途中退学者がいたら、どうだっていうのでしょうか。
    私学中高ならどこも大差ない人数が減ります。
    大半というか大部分の生徒は高校卒業します。
    思春期の男子ですよ?
    無理にお尻叩かれて親御さんのリードで入学したら、自分の理想と違ったと不登校になる生徒さんもいるでしょう。
    長時間・長距離通学は時々訪れる親御さんは大丈夫だと思っていたとしても、毎日通う生徒さん自身は負担で苦痛になることもあるでしょう。
    人生で初めての別学かもしれません。
    嫌になる子どもさんもいるかもしれません。
    通わせる親御さんにすれば、せっかく合格できた学校なんだから6年間通うのが当然だくらいに考えているかもしれませんが、実際に学校へ所属しているのは受験を決めた時たかだか人生経験12年の子どもです。
    別にやりたいことが出て来るやもしれません。
    様々な要因で学校から気持ちの離れた思春期の子どもが、勉学に勤しめなくなるのは案外普通のこと。
    素行不良までならなくても、親御さんとの軋轢は多少なりとも起きる年齢でもあります。
    この掲示板を訪れる方々の多くにも、中高時代はありましたよね?
    同じ学校で過ごしても、様々な進路・人生を送るものなのは、どなたでも理解できることではありませんか?
    極一部の学校を途中で離れた生徒さんの、中身も知らずただ人数だけを追って、それで何が判断できるのでしょう。
    私学の途中退学は、そのお子さんのより良き未来を鑑みた愛情ある選択肢の一つです。
    もちろん退学に至る以前に、学校は生活指導も学習指導もしているものです。
    生徒が一人減ればそれだけ学校は収入も減るのだし、6年間お預かりするとの前提で入学許可をしているのですから、せっかく結んだ縁を何もせずに断ち切るなど学校の得にもなりません。
    合格に浮かれてその学校の他人様の進学実績眺めて夢現の親御さんだとしても、年に一度くらいは学校での面談もあるでしょうし、成績表もいただくでしょう。
    それでなくとも中学生なら親御さんと寝食を共にしていて、それでも肩叩きされるまでに至るのは、生徒さん自身でもなくご家庭のせいでもなく、全ては学校のせいでしょうか?
    六甲さんではない中高一貫校を途中退学したお子さんをお一人存じ上げています。
    そのお子さんは中堅校を高校受験され合格、心機一転高校生活を過ごされ高2頃から勉学への意欲も取り戻されて、元居た一貫校からと同等の難関大へ現役で進学されました。
    そのご家庭では途中退学について「うちの子の場合は良い気付きをいただく機会だったので、感謝こそすれ恨みなどない」といつもおっしゃってますよ。
    私学に進まれるなら、どこの学校であれ途中退学はある。
    そうならず6年間を全うするために、学校と家庭とで協力しながら子どもの成長を見守る。
    それが一般的な考え方ではないでしょうか?

あわせてチェックしたい関連掲示板

このスレッドには書き込めません