最終更新:

79
Comment

【6046444】■日本国憲法9条2項は改正すべきと考えます。■

投稿者: アエーマ★   (ID:RCAdI9qnUTg) 投稿日時:2020年 10月 08日 11:34

現行憲法9条2項は改正すべきと考えます。
色々な意見がありますが、残念ながら現行憲法下では自衛隊は違憲だと思います。
9条1項は侵略戦争を禁ずるのみの規定ですが、2項で一切の軍事力保持を禁止した結果、明らかに軍事力に該当する自衛隊は違憲だからです。
政府等は13条等を根拠に一定範囲の自衛権行使を容認する考えですが、明らかに解釈として無理があると考えます。
そこで、憲法9条2項を削除・改正し、自衛隊を合憲化すべきです。

安全保障環境が厳しくなる中、今一度、よく考える必要があると思います。

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

「ニュースに戻る」

現在のページ: 10 / 10

  1. 【6066036】 投稿者: 坂之上  (ID:Y/mVZTYihzQ) 投稿日時:2020年 10月 25日 13:45

    1項で、永久に放棄すると規定しているのは侵略的な戦争、武力の行使、武力による威嚇です。
    自衛権行使についてはなんら規定していません。
    9条1項は改正しなくとも、2項を改正すれば軍隊保持は可能です。

    日本は9条2行使を削除、改正し、軍隊保持を合憲化すべきです。
    十分な軍事力を背景に、侵略国家と対峙していきましょう。

  2. 【6067441】 投稿者: 有識者  (ID:Q8rc.gB32ZM) 投稿日時:2020年 10月 26日 17:58

    >1項で、永久に放棄すると規定しているのは侵略的な戦争、武力の行使、武力による威嚇です。

    >十分な軍事力を背景に、侵略国家と対峙していきましょう。


    十分な軍事力で侵略国家と対峙するのは武力による威嚇ではありませんか?
    矛盾していますね。

  3. 【6067494】 投稿者: 坂之上  (ID:aFAGOpdB9Jc) 投稿日時:2020年 10月 26日 18:53

    自衛のため、十分な軍事力を保持して侵略国家と対峙するのは「国際紛争解決のため」の武力による威嚇ではありませんので矛盾していません。
    「国際紛争解決の手段として」は、国権の発動たる戦争、武力による威嚇または武力の行使、全てにかかっていますよね。

    繰り返しになりますが、9条1項が禁ずる軍事行動はあくまで「国際紛争解決の手段としての」、すなわち侵略目的のものに限ります。

    9条2項を改正し、自衛隊を合憲化しましょう。

  4. 【6068383】 投稿者: 快挙  (ID:jgqEmuZebfA) 投稿日時:2020年 10月 27日 15:38

    >自衛のため、十分な軍事力を保持して侵略国家と対峙するのは

    そもそも侵略国家などないでしょ。

  5. 【6068419】 投稿者: ミノル君  (ID:cFl1OQ0/36I) 投稿日時:2020年 10月 27日 16:21

    日本の当面の軍事的脅威として、中国、北朝鮮があげられるでしょう。

    9条改正には賛成です!

  6. 【6068515】 投稿者: 有識者  (ID:xaM9jt7zZe2) 投稿日時:2020年 10月 27日 18:00

    立憲や共産が9条改正に反対しています。
    皆さん、野党を応援しましょう。

  7. 【6068774】 投稿者: ミノル君  (ID:cFl1OQ0/36I) 投稿日時:2020年 10月 27日 21:42

    9条は改正して自衛隊の違憲な状態を解消すべきです!
    平和を維持するためには抑止力が必要です!

    9条2項改正に賛成です!

  8. 【6072883】 投稿者: 川北  (ID:/mPdSAGgctQ) 投稿日時:2020年 10月 31日 19:54

    賛成です。
    9条2項は改正し、軍隊についての規定を設けるべきです。

あわせてチェックしたい関連掲示板