最終更新:

9
Comment

【3023357】オープンキャンパスです!

投稿者: りべらる   (ID:EzRtcubn.Y2) 投稿日時:2013年 06月 30日 19:51

 今年もオープンキャンパスの季節がやってきました!
 第一回めは7月7日(日)、あとは8月31日(土)、9月22日(日)、10月6日(日)、10月27日(日)、11月10日(日)、11月23日(土)、12月15日(日)、合計8回あります。
 みなさんぜひお越しください。

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

「堺リベラル中学校に戻る」

現在のページ: 1 / 2

  1. 【3023428】 投稿者: 桃栗三年、柿八年。  (ID:5eWgBT2J55Y) 投稿日時:2013年 06月 30日 21:16

    もうそんな時期ですか。

    ああ、もう行かれへん…


    だって娘が在校生ですし(笑)


    親も楽しかったですよ。 いろいろ考えさせられました。

    「あれがあったからこそ」です、今。

  2. 【3023430】 投稿者: 孫中山  (ID:cjJE3F35KkI) 投稿日時:2013年 06月 30日 21:22

    そんなハイカラな名前の中学校が
    大阪にあるのですね! かっこいい、
    さすがは堺! (ミュシャ美術館もある)(司馬さんの出身地でもある)
    Way to go! がんばってリベラル堺

  3. 【3030934】 投稿者: 桃栗三年、柿八年。  (ID:9lJY/NnZBI2) 投稿日時:2013年 07月 06日 20:11

    (スレタイとは関係のない話で申し訳ありませんが…)


    「孫中山」さま。


    「おおっ~」と思いました。
    孫文先生のお名前は、お国ではそちらのほうが有名でいらっしゃいますね。

    日本人の私たちにも、氏は縁(ゆかり)がおありでした。


    娘がこちらにお世話になっておりますが、
    リベラル中学では、その名のとおり「リベラル」に、
    そして日本という枠にとらわれない国際感覚を身につけてほしいと願っております。


    楽しそうに通う姿、親として本当に「ありがとう」の気持ちです。

  4. 【3051976】 投稿者: バカな親ですが。  (ID:fqBRvnbEEiQ) 投稿日時:2013年 07月 24日 21:34

    本日、娘が臨海学校がら帰ってきました。

    皆さんと仲良くやっていけたかなぁって心配でしたが、
    ほんとに楽しかったみたいで、笑顔に安堵しました。

    つくづくリベラルに入学できてよかったなぁって思いますし、
    学校、そして先生方、クラスメイトの皆さんに感謝しています。

  5. 【3803367】 投稿者: 名乗るほどもないので。  (ID:58QJBblA5IU) 投稿日時:2015年 07月 25日 19:26

    早いもので、もう三年生の夏季休暇になりました。
    いよいよ受験に向けて「夏を制する者は受験を制する」といったところですが、
    まぁなんともマイペースな我が子をみると、「だいじょうぶかいな」(笑)と。

    勉強が本当はあまり好きでないのは親として感じるところですが、
    それでも塾にも行かずに今のような、まぁまぁなんとか恥ずかしくない成績を収めてくれているのは、「この学校を選んでよかったなぁ」としみじみ思う次第です。
    べつに今に至ってヨイショしても始まらないので、これは本音なのです。

    とくに何かと聞こえてくるのは、今年のクラスは結構みんな頑張っているようで、
    進学先が期待できる…なんて声も。
    とはいうものの、捕らぬタヌキの何とやら。
    やるのは本人ですし、油断なんか毛頭できません。

    外部模試(五ッ木)で良い結果を出す子がそこそこ出て、
    少ないクラス人数なのに、なかなか抜きん出ることもできず、団子状態。
    70を超えても学校別で学校内1番になれないのは
    よい意味で切磋琢磨、ライバルに恵まれているようです。これもよかった。

    もうひと伸び!って期待しても、
    なかなか親が期待するようにはいかないのですが、
    まぁ元気で楽しく学校に通ってこれたので、それが一番の収穫です。
    クラスのお子たちや、先生がたに感謝しております。

  6. 【4046173】 投稿者: 親父。  (ID:Tz2YmuS6X16) 投稿日時:2016年 03月 21日 16:32

    早いものでもう卒業。
    学校に行くのを嫌がったことは、ただの一日もなかった。
    心身共に大きく成長したが、この学校のおかげだと本気で思っている。
    いまだにネットでは小馬鹿にした書き込みがあるが、
    我が子をはじめ、多くのお子たちが、胸を張れる進学校合格を勝ち取った。
    校長先生との出逢いが、我が子の人生を大きく変えたように思う。

    勉強だけではない。
    この学校には、女性が生きるためのきっかけ作りが学んでゆける。
    やはり、行かせてよかった。 今はその感想しか思えない。

    思えば、こちらの校長先生との出逢いは、娘が小学校5年生の頃だった。
    私も半信半疑でオープンキャンパスに行った。
    そこで校長先生の印象的な言葉があった。
    イジメについての話----
    勿論、イジメはダメ。
    ふつうはそこで話は終わる。
    しかし、
    教育者(教員)だけの世界にいたわけではない(会社に勤務経験がある)校長先生の考えは、ひと味違っていた。
    《現実問題として、社会には大なり小なりイジメのようなものは必ずある》
    ここから「何をすべきか?」を先生はお訴えになっていた。
    それは、その人自身が「問題解決力」を身につけること…だった。
    目からウロコだった。

    悪いことは悪い。
    が、そこで止まっていては受け身ででしかない。
    「道徳」だけではダメなのだ。

    私も社会の一員として感じることだが、
    社会は「助けて」くれない。
    だからこそ、自分が身につけることの大切な部分のある、という考えには強くうなづいた。

    かといって、ただ単純に「鍛える」とかではない。
    精神論でどうのこうのという「乗り越え」でもない。
    そこで、この学校では
    自分が殻にとじこっもっているのではなく、
    「自身を表現できること」をテーマに掲げている。
    いろんな課題、いろんな行事を材料に、《表現》をおこなってゆく。

    ところで、いんな学校でもオープンキャンパスがあって、生徒が「駆りだされて」いる。
    おそらく「セリフ」のようなお出迎えがあると思う。
    しかし、この学校のソレに参加したことのある方ならお感じになっていると思うが、 なんとも他校のソレと随分と違うように思う。
    今ではわが子も変わった。
    リベラルのおかげだ。

  7. 【4046199】 投稿者: 親父。  (ID:Tz2YmuS6X16) 投稿日時:2016年 03月 21日 16:56

    学校関係者ではないので、差し出がましいのだが…。

    現在、「追加募集」がある。
    もし、迷っておられる方がいたなら、
    僭越ながら、お背中を押して差し上げたい。



    行こうかどうかの「不安要因」とは何だろう?
    その点を少しでも緩和して頂くため、少々語りたい。

    ①もし、「お遊びの学校」と思っているなら
    HPの進学先や、模試の実績をご覧頂きたい。
    はっきり言って、入学時に同等偏差値の他校に比べ、格段に素晴らしい結果を生み出している。
    特筆すべきは、これは何もモーレツ(ちと古い)な詰め込みをしてるわけではない。すべてヤル気を出した自主性と空気。みんなノビノビと向上している。
    今年度卒業生の親である私が証言する。

    ②遠くからも通っている生徒が多い。距離的なことは心配無用。事実、私の娘も一時間以上をかけて通った。
    無駄な時間ではない。長い目でみれば、これさえ財産となった。
     
    ③学費は良心的。はっきり言って他校のように爪が長くない。
    授業料以外にかかるその他の経費も良心的。特待生制度も充実。

    ④校舎は、正直なところ外観は古い。しかし教室内部など綺麗で清潔で、しかも充実している。式典で利用するホールは素晴らしい。

    ⑤ランチはGOOD。給食は栄養バランスがあり、親として安心。しかもさほど高くない。

    ⑥何より、生徒や保護者の「満足度」はハンパない。

    ⑦追加募集に応募もさることながら、もし来年度にお考えの方がいるなら、
    絶対にオープンキャンパスに行くべき。これは絶対におススメしたい。

    (※気まぐれで、追記。)

あわせてチェックしたい関連掲示板