“三田国際学園中学校・高等学校” の掲示板

この掲示板に新規スレッドを作成する

最終更新:
スレッドの並び順: スレッド作成日 書き込み日時
スレッドのタイトル 書き込み数 スレッド作成者 最終書き込み
2017年、受験させていただく予定です 24 受験生 16/12/03 17:59
(願書)
三田国際 英語で受験された方々 4 保護者 16/11/29 09:30
(がんばって)
ご意見をお聞かせください 5 保護者 16/11/18 09:29
(関係者)
偏差値どれくらい必要ですか? 17 あしゅら 16/10/30 12:55
(ゆめゆめ侮るべからず)
2教科?4教科? 11 小6母カエデ 16/10/22 21:30
(一期生)
中学インタ-アドバンスの英語力凄くないですか? 12 2期生保護者 16/10/14 00:33
(私見)
短期留学について 14 たんたん 16/07/19 18:51
(たんたん)
倍率について 0 二期生 16/05/29 22:33
(二期生)
試験休みに関して 3 さつき 16/05/16 23:18
(ロング)
体験入部の様子いかがですか 1 ダンス部はどうだろ? 16/05/13 18:23
(お子様から直接の方が)
オリエンテーション合宿 10 ヤマダ電機 16/04/22 15:52
(チェルシー)
本科の事も教えてください! 32 二期生ママ 16/04/18 17:11
(教科書)
インターナショナルクラスが難化してませんか? 80 用賀駅の本屋がつ... 16/04/12 12:06
(2016合格した娘の親 )
三田国際学園 Advancedクラスの方 25 curious 16/04/11 20:18
(4月より入学)
2016結果偏差値大躍進! 14 三田国際 16/04/11 19:40
(うーん)
【クラス分けについて】三田国際学園 1期生の方に質問です 7 だいだい 16/03/28 20:56
(私も気になる)
入学後の塾について 3 4月から早起き 16/03/27 02:45
(2016合格した娘の親)
広尾学園学園との違い 5 来年受験 16/03/22 00:53
(2016合格しました...)
インタークラスの届いた教科書について(英語) 4 さくらんぼ 16/02/21 21:57
(さくらんぼ)
三田1期生の皆様の率直なご意見をおうかがいしたいです。 64 16年受験組です。 16/02/20 00:24
(平均的な親の考え)
三田国際 受験後 21 るり 16/02/15 17:02
(コジマ)
本科在籍の方にお尋ねします 4 来年から本科にお... 16/02/11 20:41
(来年から本科にお...)
イマージョン教育 1 ころん 16/01/26 22:15
(マリオネット)
三田国際インターと等々力特進 1 たま 15/12/11 20:59
(スレ違い)
こんなのありかい? 1 不思議 15/09/03 15:14
(学校関係者になった?)
三田国際学園 78 シンデレラ階段 15/02/09 13:20
(1月の説明会)
戸板中学生の親となって 22 ひろりん 14/10/21 21:40
(不思議)
部活について 1 保護者 13/08/21 16:14
(在校生保護者)
戸板が鴎友のように伸びるには? 5 早苗 13/05/18 17:40
(昔人)
雰囲気 3 用賀 13/04/10 09:16
(思ったよりいいです)

「東京都 23区に戻る」

現在のページ: 1 / 1

“三田国際学園中学校・高等学校”の学校情報

学校名
共学三田国際学園中学校・高等学校
住所
〒158-0097 東京都世田谷区用賀2-16-1
交通
東急田園都市線「用賀」徒歩5分。
電話番号
03-3707-5676
学校長
大橋 清貫
沿革
明治35年戸板洋裁縫学校として創立。学制改革で戸板中学校・戸板女子高等学校となる。平成27年校名を変更し、共学化の予定。
教育方針
「知好楽」の校訓のもと、自ら目標を定め、新たな可能性をつくり出すことのできる女性の育成を目標としています。
施設・設備
全館にエアコンが完備されています。全教室から中庭が一望できます。
学期
登校時間
昼食
制服
プール
宗教
少人数授業
第二外国語
海外研修
特待生

学校概要校名を変更し、男女共学に

平成27年より、校名を「三田国際学園」に変更し、男女共学校となります。校名の示すとおり、「グローバル教育」を目標に掲げて教育改革に取り組んでいく予定です。自らの考えを持ってより良い未来を選択し、社会で活躍できる人材を育成することを目指します。

学習内容コミュニケーションとしての英語力養成

「考える力」「解決する力」「伝える力」の3つの力を育んでいくことを教育の根幹に据え、問いかけ続け、思考し続ける相互通行型授業や、グループ学習、プレゼンテーションを取り入れた授業を行い、社会で必要とされる基礎的な3つの力を育成する方針です。
中学では、基礎力を身につけることに力を入れています。コミュニケーションとしての英語力、問題解決力、IT環境を使いこなす力、解決した情報を発信するプレゼンテーション力の充実を目指しています。
コミュニケーションとしての英語力養成のため、聞く力・話す力を重視し、ネイティブによる授業が行われます。中3で英検準2級、高3で英検準1級の取得が目標です。
毎週1回、サイエンスラボでの実験実習や、サイエンスツアー・研究所訪問など多彩なフィールドワークを行って、理系志望の生徒の好奇心を育んでいく方針です。
高校では、スーパーイングリッシュ・スーパーサイエンス・本科の3コースが設けられています。

特色全員参加のオーストラリア研修

中1のオリエンテーション合宿では集団生活のルールを学びます。体育祭では、中高6学年縦割りチームで競い、上級生と下級生が協力して優勝を目指します。中3では、3月のオーストラリア研修に全員が参加します。

※本データは2014年11月時点の情報を元に編集しており、変更が判明した場合には部分更新を行っています。
詳しくは学校ホームページ等をご確認ください。
上記データに間違いがある場合は、こちらのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

あわせてチェックしたい関連掲示板