中学受験の失敗談!先輩ママから学ぶ合格対策

inter-edu’s eye
中学受験を控えた受験生のお母さまは、わが子の合格を信じ、日々熱心にお子さまのサポートをしていると思います。しかし! 合格を掴む受験生の裏には、不本意な結果に終わってしまう受験生がいるのも事実です。ましてや、第一志望の学校に入学できるのは、3割程度といわれる中学受験。「まさかの不合格」の事態に備えておくのも、親の大切な仕事です。
インターエデュの掲示板には、先輩ママからの貴重な体験談や意見が溢れています。その中から、受験本番に挑むお子さまのためになる、母親の心得をみていきましょう。

※掲示板からの引用文は、一部の編集をのぞき、原文を尊重して、そのまま掲載しています。

第一志望以外を軽くみていると「まさか」の時が悲劇に

中学受験の失敗は「親の戦略ミス」

中学受験の失敗は「親の戦略ミス」

第一志望校に合格できれば理想的です。しかし、現実はほとんどのお子さまが希望にそぐわない結果になります。では、「まさかの不合格」の時にお子さまを傷つけないためには、どのように受験校を決めればよいのか、一緒に見ていきましょう。

まずは、どうして「まさかの不合格」の事態が起こるのでしょうか。掲示板でその原因の筆頭に挙げられるのが、「親の戦略ミス」です。先輩ママからは、次のような意見が寄せられています。

ある塾の進路指導の先生がいってましたが、全落ちするケースはトップクラス在籍に多いそうですよ。親のプライドがゆるさないから全落ちになるんだそうです。(【3661543】おそらく全落ちを嘆くスレ。より)

中受では次の4つの要素が絡み合い、ギャップが大きい場合に何らかの歪が生じる。

子供の出来 × 親の希望 × 子供の希望 × 志望校

中受では親の係わりが大きいので、家族で良く擦り合わせてギャップを小さくすることが無理のない受験ということなのだろう。
そこを誘導するのは当然親の役目であり、その親が気ばかり先走り公平な視点で子供の進路を導かない場合に問題が生じる可能性が高くなる。(【3661543】おそらく全落ちを嘆くスレ。より)

親の見栄で難関校ばかりを受験して失敗

親の見栄で難関校ばかりを受験して失敗

少しでも期待があれば、「もっとよい学校を」と高望みをしてしまうのが親の性かもしれません。しかし、無謀な高望みや親の見栄で偏差値の高い学校を選ぶのは禁物。冷静にわが子の実力を見極め、適切な判断をしないと、親子ともども、後悔する結果になることも……。

全敗は、難易度変えて併願校選ばず、似たようなレベルの学校受け続けると可能性はあります。(【1604526】全勝と全敗より)

知人で1日は超チャレンジ校、2日抑えにならない抑え校、3日これまたチャレンジ校と受けて全敗し、涙を流してた方がいますが、はっきり言ってリサーチ不足、戦略不足で、自分の子供を客観視できてない証拠でしょうね。(【843906】聞かせて、不合格体験記。より)

失敗を予想しながら志望校を変えなかった私達、親の志望校を子供の志望だと思い込ませた事は息子の心にも私達の心にも消化しきれない気持ちを残しました。(【3271499】気持ちの切り替え方より)

やはり偏差値を超えるところを第一志望にしたのですが背伸びさせ過ぎました。もう少し余裕のあるところもいくつか押さえておくべきでした。まさかの第二、第三志望にも落ち公立行きとなりました。(【3666447】中学受験・失敗の本質より)受験直後に失敗だったと後悔する家庭は強気でイケイケの受験スケジュールを組んでいることが多いと思います。(【3666447】中学受験・失敗の本質より)

親の理想に子供が追いつかなかったことが理由だと思います。夫婦とも進学校から旧帝なので、「ここ以下の学校に行かせるぐらいなら高校受験で再度鍛え直す」という考えで一致していました。自分たちの子供なら、このぐらいは合格すべき、という思い込みの怖さ。(【3666447】中学受験・失敗の本質より)

模試の成績に合わせて、また、塾の言うことに耳を傾けて、冷静に判断できさえすれば、“成功”になったのです。お子様の努力は報われたのです。冷静な判断ができなければ、子供がどんな努力をしても、その上の学校を受験してしまえば、それは“失敗”になります。(【3666447】中学受験・失敗の本質より)

倍率がそのように高倍率である以上、みなさんいっておられますが、親が結果にこだわるのは危険です。本当の失敗は、受検参加に関して大人の願望を押し付け、本人の自尊心が傷つけられて、これからの中学校生活のやる気を失うことです。 それだけ気をつければ、どういう結果でも、受検はプラスの方向に作用します。(【3549728】結果が残念だった時の受け止め方より)

持ち偏差値マイナス10~15の学校も受ける

持ち偏差値マイナス10~15の学校も受ける

では、受験する学校は、どのように選べばよいのでしょうか?
ポイントは、お子さまが確実に合格できる偏差値帯(持ち偏差値のマイナス10~15)の学校を組み込んでおく事。「合格した」という事実が、お子さまの力になるのです。

1日2日が上手くいかないと、マイナスのスパイラルへと落ちていく感覚です。実力不足と言われてしまうかもしれませんが。。。最悪の事態を想定していなかった親の戦略ミスです。本当につらい1週間でした。全く予想外の学校へ進学です。(【843906】聞かせて、不合格体験記。より)

まさかのためにかなり落とした学校を受験するのは鉄則です。(【2810082】『全落ち』の恐怖と不安!より)

入学後のことは今は考えなくていいと思いますよ。
1月受験では極力「合格」がいただける私立をお試し校の1つに取り入れるようにすること。 2月受験は本命が二日続くなら午後受験で確実に1校は合格をもらっておくこと。 本人の疲れとかは無視してとにかく「合格」校をつくること。
本命校の1日目で不合格ならその場できっぱりとあきらめるぐらいの覚悟がないと全部落ちます。どの偏差値レベルの学校だって1日目が勝負だし、本人の緊張もMAXなのですから。(【2810082】『全落ち』の恐怖と不安!より)

マイナス15くらいの学校を受けておいたほうがいいと言う意見は、そこに進学するためではありません。もちろん校風など気にいったなら進学していいのですが、前にも書いたように、全落ちのトラウマを残さないためです。12歳の子が人生初の挫折を味わうんです。強い子に育ってほしいと思うとしても、完膚なきまでに叩きのめす必要はありません。
「○○校には受かったけど、やっぱりちょっと通うには遠すぎるかな?」とか物は言いようで、精神的な最後の逃げ道は残しておいた方がいいからです。
適正校に落ちた後、間にあう安全校を探して出願した人も知ってます。 校風も過去問もろくに調べないままの受験は、非常に危険です。前日まで願書受けつけする学校も多いですから、一応準備はしておくものです。(【2810082】『全落ち』の恐怖と不安!より)

普通は自己偏差値マイナス10~15の学校も受けると思うのですが・・・。それに志望校がダメでも行く気がない学校だとしても、1つだけ合格をもらって下さいと言われませんでしたか?(【3666447】中学受験・失敗の本質より)

受験する学校は“行きたい理由”を必ず作る

しかし、合格体験をさせる学校を、無下に扱ってはいけません。お子さまが受験する学校は、どのような学校でも、通う可能性のある学校です。学校選びをする際の、親がとるべき行動をみてみましょう。

親は「滑り止め」とか「押さえ校」「お試し校」などと口がさけても子供に言ってはいけません。 実際にそこへ進学する時の子供の気持ちを考えたら言えないと思います。
そして、どんな「滑り止め」でも行く可能性がある大切な学校です。きちんと、子供には良い面を説明し、「お前が受ける学校は、全て良い学校だから、安心して受けなさい。どこかに合格すれば、それで大丈夫」と送り出すことが大切です。(【3271499】気持ちの切り替え方より)

私が耳にする話では、第一志望校ではなかった、抑え校に進学した子供は不登校や保健室登校になりやすいようです。「抑え校」「第二志望校」なんていう言葉ではなく、例えば3校受験するなら「第一志望校が3校ある」というのが理想的なんだと思う。(【3661543】おそらく全落ちを嘆くスレ。より)

おさえの学校はどこも「この学校は〇〇があるから行きたい」「この学校では〇〇の部活に入りたい」など、どの学校にも夢や期待を持たせた状態で選びました。(【3271499】気持ちの切り替え方より)

もし、しっかりと学校選びをしていないと、「もしも」の時に、動揺してしまうのです。

冠模試は常にトップ10。塾の特待生でした。親も子も、安心していましたが、まさかの不合格。この結果を、どう受け止めたらよいのか。第2志望に入金はしていたものの、第一志望校に受かると信じ、学校見学もしていませんでした。。。前を向いて、子供の前で泣かないようにしないと。(【843906】聞かせて、不合格体験記。より)

中学受験の最大の敗因は、「親の戦略ミス」にあります。お子さまが「全落ち」にならないためにも、これから受験組のお母さまは、先輩ママの失敗から学び、お子さまの合格を掴み取りましょう!

たとえ今は不合格でも将来の可能性は無限大!

不安は子どもに伝わるので動揺しないこと

どんなに優れた戦略を立てたとしても、「まさかの不合格」が起こってしまうのが、受験の世界です。ある先輩ママは、このような言葉を残してくれています。

受験は全体に対する自分の立位置ですので今までのデータだけではどうにもならない時もあります。(【2408819】まさかの不合格に親子共に動揺より)

想定外のことが起こり、親が動揺すると、その不安は子どもにも伝わります。

母親本人は普段通りのつもりでいたのですが、子供には「合格もらうまでずっと、ママの顔ひきつっていたで~」と言われました。(【2408819】まさかの不合格に親子共に動揺より)

“最悪の事態”のシミュレーションは入念に

子どもは、親をしっかり見ています。だからこそ、親は毅然とした態度で、子どもを応援するべきなのです。そのために必要なのは、最悪の事態のシミュレーション。先輩ママたちは、どうしていたのでしょうか。

なんでもよいので、息子さんが後半伸びた点をあげて「君は後半に強いタイプ。2日目以降に実力が出せる。」と言ってあげてはどうでしょう?「夏より冬の方が成績がよい」「計算ミスが減った」「国語の読解で点がとれるようになった」など、ちょっとしたことでよいので具体例をあげるのがポイントです。息子さんが体力のあるタイプなら、「みんな後半は疲れてくるけど、君は体力があるから2日目以降が有利だね。」と言ってみるとか。
うちの子はこれで5日まで頑張って第一志望に合格しました。焦り様もお辛いと思いますが、女優になったつもりで、上のようなことをまずは自分が信じ込んで頑張ってください。(【2408819】まさかの不合格に親子共に動揺より)

長年同じようなスレを見ますが、そもそも合格しても嬉しくない・入学するつもりもない、そんな学校をなぜ受験するのでしょう? だから、受験をする親子は前もって色んなパターンのシナリオを描いておいて、どのような結果になってもうろたえないようにしなければなりません。
例えば、
(1)合格したら入学する気のある中学受験しかしない。ゆえに、全落ちしたら公立中学に行く覚悟を持つ。全落ちしても塾に文句は言わない、とコミットする。
(2)抑え校を受験するが、抑え校しか合格しなかった場合は公立中学に行く覚悟を持つ。これは事前に親子でコミットしておく必要あり。コミットしていないからその場になって家族会議で悩んだり、喧嘩になったりする。
(3)抑え校を受験し、抑え校しか合格しなかった場合は抑え校に行く覚悟を持つ。これは親自身が自分にコミットしておく。コミットしていないからその場になってパニックになったり、何の解決にもならないのにネットに書き込んだりする。
などなど、自分でシナリオを考えて行動を選択する。これからの受験親子は参考にして下さい。(【3645668】落ち続けてます…より)

合格のとき、不合格のとき、試験前、試験後、セリフを決めて、何度もシュミレーションしました。 最後の最後、繰り上げもあるから全力でね!と臨んだ第2志望に本当に繰り上げをいただきました。(【3645668】落ち続けてます…より)

親は、ダメだった場合のシミュレーションを念入りにしておくことが一番の仕事だと心得てください。結果が出た後の三年間をどのように過ごさせるか、高校、大学などその先にも思いを至らせておくことです。縁起でもないと思われるかもしれませんが、今それを考えておくことで結果が残念だった場合の心の痛みを少しでも早く昇華させ次へつなげることができると思います。(【3645668】落ち続けてます…より)

我が家も昨年、本命が埼玉の初日でしたが、子供が「ダメかも…」と不安な顔で戻ってきましたが、「お疲れ様~!緊張するもんね!でも大丈夫だよ、また明日もあるから次に繋げよう!」と笑顔で伝えました。
その時の子供のほっとした笑顔は今でも目に浮かびます。我が子なら絶対受かると信じて疑いませんでしたが、同時に落ちた時のイメージも冷静に考えていました。親がそんなに動じてはいけません。(【3645668】落ち続けてます…より)

心の不安を取り除く方法を見つけてみよう

心の不安を取り除く方法を見つけてみよう

そうはいっても、やはり親も人間。どんなに心の準備をしていても、動揺してしまう時は動揺してしまいます。そうした時は、どのようにすればよいのでしょう。とてもよい先輩ママのアドバイスがありました。

お母さま自身の不安を少しだけ軽減する方法として、お参りをお勧めします。
幾つも受けられる首都圏の私学受験母も秋ころからご自身の心を鎮めるために、お参りや、お茶断ちやコーヒー断ち、心を込めた針仕事などなさっています。お子さんの合格を願う気持ちより、自分の心の平安を保つ効果が大きいです。→しいてはお子さんにやさしくできます。
私は、犬の散歩の時、コースを変えて近所の小さなお社にお参りしていました。5円でも供えると気持ちが落ち着きます。お勧めです。(【3549728】結果が残念だった時の受け止め方より)

気持ちを落ち着ける“おまじない”のような行動は、受験をするお子さまにも効果がある場合もあるようです。

例えば、うちの息子の場合、一番最初にチャレンジ校というスケジュールのため、不合格だった場合のケアも含めて、メンタルな部分を重視せざるを得ませんでした。そこで、息子が、一家で初めて中学受験に挑むことになったという立場、というのを使いました。
まず、試験の前日に実家の仏壇の掃除をさせて水替えと花を供え、手を合わせて、中学受験に挑戦する旨を仏前のご先祖に報告させました。考えてみれば、受験というのは、家の繁栄と発展に大きくかかわることです。いくら信心がない人でも、先祖は、子孫が学問を身につけ、立身出世しようとするなら、よろこんで後押しをしてくれると思いませんか? ましてや、曾祖父母の時代には、戦争やら震災やらで勉強に専念することが出来なかったわけで、息子も平和な時代に生まれ、中学受験をさせてもらえることの意味と重みを感じたみたいで、不思議と心が落ち着いたと言います。(【3645668】落ち続けてます…より)

親に出来るのは、子供が落ちた事を自分の責任と思って罪悪感を持たないよう、出来るだけリラックスさせてあげることくらいでしょう。あるご家庭は、スキーに行って滑りまくり、これだけ滑って厄を落としたから大丈夫!と送り出したそうです。縁起を担ぐご家庭には不向きですが、気分転換が図れるし、万が一落ち続けた場合には、連れて行った親に責任を転嫁する事が出るメリットはありそうです。(【3645668】落ち続けてます…より)

「まさか」の時のお子さまとの接し方

しかし、それでも全敗してしまう場合もあります。万が一、お子さまが中学受験に失敗してしまった時、わが子とどう接すればよいのでしょうか。

落ち込んでいらっしゃるお母様方。どうしてそんなに落ち込んでいるのか、よく考えてみませんか? 頑張った子供が可哀想で・・・ならば、自分が落ち込んでいる暇などないはずです。子どもに「あなたはがんばった、それだけで価値がある」と伝えて、わが子の頑張りを肯定することに懸命になるはずだからです。
厳しい言い方ですが、お子さんよりも落ち込んでしまう親御さんは「自分は頑張ったのに、子どもの不合格で、報われない・・・」といういわば自己愛的な気持ちをまず感じてしまっているのだと思えてなりません。
中学受験の主人公はお子様です。お子様のために受験なさったはずです。悲しいのは分かります。でも一番守らなければならないのはお子様の気持ちです。「親を失望させてしまった」と二重に傷つく子どもの気持ちを考えてください。大人ならば。自分に厳しくなってください。(【3645668】落ち続けてます…より)

親が方向性を見失うとお子さんも辛いです。どーーーんと構えていながら、お子さんを盛り上げてください。 一生懸命頑張ってきたのですから!(【2810082】『全落ち』の恐怖と不安!より)

少し休ませたら、その先の進路についてはよく話し合って子どもと一緒に考えてあげてください。泣き崩れるほど悲しんで悔しがるお子さんなら、その気持ちを昇華させたいと思っているはず。「受験経験してよかった」と思えるような思い出にしてあげられるかどうかは、今の親の態度にかかっていますよ。
とことん『伴走』してやることはないと思うしそれはよくないと思います。でも子どもが自分で考えるきっかけを与えてやるのは親の大切な役目だと思いますよ。(【3661543】おそらく全落ちを嘆くスレ。より)

受験に失敗するとこの世の終わりを感じます。でも冷静に考えたら、「学力が足りない」とは言われたけど「子どもそのものを否定されたわけではありません」。(【843906】聞かせて、不合格体験記。より)

たとえ中学受験に失敗したとしても、お子さまの努力が否定されるわけではないのです。掲示板には、冷静なアドバイスもありました。

・勉強は本人の成長のためにするのであって、試験に受かるためにするのではない。たとえ試験に落ちても、勉強したこと自体は全く無駄にはならない。
・試験に受かっても落ちても、その人の頭の中身は何一つ変わらない。
・同学年の生徒の圧倒的多数は公立中に進むのであって、私立に行く方が特殊なことである。
…という当たり前のことが、中学受験狂想曲の渦中にいると全く見えなくなってしまうんだよねぇ。落ち着いて冷静に、客観的に状況を眺めれば、試験に落ちても別に何の問題もないということに気付けると思うのですが。(【3645668】落ち続けてます…より)

中学受験で失敗した人は大学受験で成功する

中学受験で失敗した人は大学受験で成功する

中学受験の経験は、お子さまのその後の人生の糧となることがほとんど。中学受験はあくまでも通過点にしかすぎません。その後、高校や大学で、見事リベンジを果たしているお子さまもたくさんいるのです。

数年前、知り合いのお子様の中学受験も最後まで連敗でした。最後に、しょうがなく、無名な中学校に進学しました。そこから、そのお子様は必死に勉強し、全国有名な模試でベスト5 50位の常連になり、今は来年の東大理IIIに向けて、奮闘中!(【2408819】まさかの不合格に親子共に動揺より)

有名な先生に教わってた子で、本人の学力不足で中受に間に合わず全落ちした子は、高校・大学受験でその失敗を生かして、中受した所よりハイレベルの学校に合格していましたよ。我が子の学校も、一度目不合格で二度目合格だった子のほうが、入学後の気の緩みもなく勉学に励み、好成績を維持しています。(【2408819】まさかの不合格に親子共に動揺より)

うちはその後本命校受験を諦め偏差値の低い学校を受験し、そこに進学しました。本人の方が切り替えが早く、進学した学校にすぐに馴染んで頑張りました。しかも、大学受験でも口にできないぐらいの難関大学・学部に夢のような合格をいただきました。(【2408819】まさかの不合格に親子共に動揺より)

うちは二人の子どもが失敗しています。
一人は一年後、自分を落とした学校の壁をエイッと蹴飛ばしに行き、その後ずっと上のレベルの高校に進学しました。もう一人は今年、中学で一度自分を拒否した学校に高校から再チャレンジです。今度はたぶん、余裕で大丈夫。(【843906】聞かせて、不合格体験記より)

うちも二人の子どもを最低限の塾利用で中受させました(御三家の次レベル)。結果は残念でした。でも公立に進学後はよく伸び、精いっぱい学校生活を満喫してそれぞれ自分の志望通りの高校に進学しています。今上の子は現役で国立大学生です。
大多数から見れば不器用に取り組んだ中学受験ですが、決して無駄ではなかったしいろいろ考える機会になった、と言っていますよ。(【3549728】結果が残念だった時の受け止め方より)

挫折や失敗を味わわずに大人になること、私は多くの学生を見ていて、根っこの弱さを感じています。就職活動や社会人になってからも、驚くほどメンタルが弱いこと、親御さんたちご存知かな?と思います。ぜひ、芯の太い、年輪をしっかり刻んだ大木になるチャンス。このバネを生かせたら、輝ける将来が必ずあることだと思います。(【3666447】中学受験・失敗の本質より)

落ち込むお母さまを支えるのはお父さま!?

落ち込むお母さまを支えるのはお父さま!?

頑張って勉強してきたお子さまの努力は、必ずこの先、報われるのです。だからこそ、お母さままで落ち込み過ぎないように。もし、お母さまも落ち込んでいたら、お父さまはこのように接するといいかもしれません。いざという時に頼りになるのは、お父さまなのかも!? 掲示板には、落ち込む奥さまを心配されたお父さまからも、相談が寄せられていました。お父さまの悩みに答えたママたちのお返事をみてみましょう。

わたしは、昨夜、夫にガッツリ言われました。
「子どもが新しい場所に進もうとしている。後ろ向きなことを言うな! 今日から我が家は進学先のポジティブキャンペーンだ!!!」
わたしは、こどもより立ち直るのに時間がかかりそうです。でも、いいんじゃないかな、、とも思っています(すみません、こども)。わたしも、もう少しひきずりますが、必ず、またこどもの応援者でがんばる予定です!(【3271499】気持ちの切り替え方より)

それまで、基本的に静観してくれていた主人が、『このままじゃ大変な事になるよ』と、わが子と私を連れて塾に行き、受験校プランの練り直しを相談してくれました。 それがわが子の母校となり、温かい教育に感動して、今では下の子もお世話になっています。あの時、主人が相談してくれなかったら、今どうなっていただろう・・と 6年以上たった今でも感謝しています。それに、主人はそれを鼻にかける事なく、ただただわが子の合格を喜び、また静観するスタンスに戻っていつも私達を見守ってくれている事にも感謝しています。(【3271499】気持ちの切り替え方より)

お父様にお願いがあります。どんな地域にお住まいかわかりませんが、卒業式は奥様と一緒に出席してあげてください。私が入試の失敗で一番傷ついたのは卒業式でした。
○○中学に合格したんでしょ?
○○中に誰々さんは進学するみたいね?
○○(我が子の名前)は結局どこに決まったの?
何その学校知らな~い。どこにあるの?
等々、心無い言葉を浴びせられて(何故かご主人が一緒だと言われない)驚くほどボロボロになったのは卒業式の日でした。
お優しいご主人。暫く奥様をたくさん甘やかしてあげてください。私は『お前の監督としての采配が悪かったからこんなことになった』と言われて、更に引きこもりになりました。(【3271499】気持ちの切り替え方より)

スレ主さんは、まず奥様の悲しみ・愚痴・今の気持ちをひたすら聞いてあげてください。
(注;絶対にお子さんがいない場所で。お子さんに聞かれるのは最悪です)
アドバイスは禁物。とにかく「そうだね」「わかる」と、ひたすら共感してあげて、ひたすら吐き出させてあげてください。アドバイスはそれからです。
最初からアドバイスしても、海で溺れた人に、ムリやり水を飲ませるようなものです。まずは飲み込んだ海水を吐き出させてから、美味しい水を飲ませてあげてください。(【3271499】気持ちの切り替え方より)

本当にあった受験の怖い「まさかの不合格」

本当にあった受験の怖い「まさかの不合格」

最後に、「まさかの不合格」に「まさか!」な理由があった事例が掲示板に投稿されていましたので、ここでも紹介させていただきます。こういうことも、実際に起こりうるのです。

上位クラスにいて出来る子と思っていた子、不正、カンニング常習犯でした。全滅だったと聞いた時、正直やっぱりなと思いました。しかも一人じゃなく複数人いたのですがほとんどアウトでした。そういう噂のある方達でした。試験本番、監督の先生の手に複数の受験番号が書かれていた学校もあったそうですよ。知らぬは親ばかり。こんな事も現実にあるのです。
なぜこの時期にこんな非情な事を言うのかと言うと、かつて上の子がそうだったからです。実力通りの結果が出ただけ。知っていたら対処出来たはず。いろんな角度から原因を考え、次に生かしてください。(【3661543】おそらく全落ちを嘆くスレ。より)

子供の通っていた塾の男子で「カンニングマン」と陰で言われている子がいました。千葉の学校も全滅で、現在1つも合格校はありません。塾内のテストでは、毎回カンニングをしていました。公開模試でもやっていたでしょう。たぶん、親御さんは「まさかの不合格」と思っているでしょうけど・・・(【2408819】まさかの不合格に親子共に動揺より)

先輩ママたちの中学受験失敗談、いかがでしたか? これから受験を迎えるみなさまは、ぜひ教訓を活かし、合格を勝ち取ってください。
どの受験生も志望校から合格をいただけることを願っています。