最終更新:

113
Comment

【5973221】応援! 藤井聡太棋士

投稿者: 矢倉   (ID:M4A2Q4MOYfE) 投稿日時:2020年 08月 06日 20:26

プロ将棋界で快進撃を続ける藤井聡太棋士(棋聖)
私もファンでAbemaで藤井棋士の棋戦の生中継を観戦したり、棋譜をレビューしています。(解説付きです!)
兎に角、最近では、藤井棋士の永瀬2冠との挑戦者決定戦(2戦)、棋聖戦での渡辺前棋聖との決勝棋戦や進行形の木村王位との決勝棋戦は、中身も濃く圧巻!
終始深く正確な読みで、序盤から少しづつリードの形を作り強みの圧倒的な終盤力で年配の強敵に勝利し続け、相手を唸らせています。

Edu的にも、得意を伸ばすアプローチと姿勢は子供たちの見本になります。

暫く、藤井総太ウォッチを続けたいと思います。

   

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

「ニュースに戻る」

現在のページ: 13 / 15

  1. 【7020298】 投稿者: 日本国民  (ID:Am5g6Q9Mg/k) 投稿日時:2022年 11月 30日 20:51

    竜王戦第7局は、12/2(金),3(土)と明後日から始まり、藤井竜王の初防衛なるか、あるいは広瀬8段が3勝3敗に戻し最終局に結びつけるか、要注目です。

    また、今、棋王戦(渡辺棋王)への挑戦者を決める決勝トーナメントが佳境を迎えています。藤井5冠は佐藤天彦9段に決勝決勝トーナメント1回戦で敗れましたが、変則トーナメントにより敗者復活戦に廻り、昨日、伊藤匠五段に勝利し、次に羽生九段と当たります。仮に勝利すれば佐藤天彦九段との決勝で二番勝負を2勝すれば棋王への挑戦者となります。あと3連勝すれば挑戦者。普通ですと可能性は低いところですが、藤井5冠の場合は十分出来る力を有しているので、こちらも要注目です。

    それから、王将戦(藤井王将)への挑戦者が、羽生九段に決まりました。
    大タイトル獲得数99で長きに渡り王者として君臨してきた羽生九段が、今年は体調を戻して成績も復調し、若き王者の藤井五冠に大台の100タイトルをかけて挑戦します。羽生九段も「番タイトル戦で藤井5冠と戦ってみたかった」という希望が叶い、全力で戦うと静かに熱い抱負を語っています。1月は要注目です!

       

  2. 【7020324】 投稿者: 日本国民  (ID:wORGs7L/Ne6) 投稿日時:2022年 11月 30日 21:12

    (正)竜王戦第六局は、

  3. 【7023437】 投稿者: 日本国民  (ID:n2fIcqx82ys) 投稿日時:2022年 12月 03日 18:49

    将棋の第35期竜王戦七番勝負第6局2日目は12/3日、鹿児島県指宿市「指宿白水館」で指し継がれ、先手の藤井竜王挑戦者の広瀬八段を破り、4勝2敗とし、初防衛に成功した。
    駒がぶつかり合った2日目に飛車を捨てた後に攻めをつなぎ、一手間違えば優勢が入れ替わるぎりぎりの局面を正確に差し回して勝ち切った。藤井竜王の構想力と読みの正確さ・早さの力を示した堂々たる1局でした。
    竜王、初防衛おめでとう!

    藤井竜王の将棋は、いつも解説のプロ棋士たちも含め、AIで局面予想を見ながら棋戦を見る多くの観戦者を、驚きの着手と読みの深さで驚かせる。

    EDUの読者は、この藤井竜王の高い能力は、自分の集中できる対象を見つけて、幼少時から長い時間をかけて能力を自律的に育て上げるという基本形によるものであることを知り、その基本形を教育に活かすことも出来るでしょう。

  4. 【7023966】 投稿者: 日本国民  (ID:06fnIlWVfw.) 投稿日時:2022年 12月 04日 10:02

    W杯、日本チームがスペイン戦に勝利した三苫選手の決勝アシスト。
    正に世界の注目と感動を得たビッグプレーでした。
    三苫選手の判断力、卓越したダッシュのスピード、最後まで諦めない強い気持ち、そして確かな技術があの一瞬のプレーに凝縮し、ボールをゴールライン接線の限界線から切り返し、リカバリーのため走り込んでいた田中選手のゴールにつながった。

    藤井将棋そしてW杯を見て、観戦者を感動させるプレー(将棋では着手)を為す共通の背景があることを強く感じる。
    そして、それは教育でも大人の学び・成長にも共通することだ。頑強なバックグラウンドを育て上げる。明確な目標を持ち、強い気持ちでポジティブに課題に向き合う。いい結果を導く原動力である。

          

  5. 【7029904】 投稿者: 日本国民  (ID:liAwH35zExE) 投稿日時:2022年 12月 09日 00:35

    今、棋王戦(渡辺棋王)への挑戦者を決める決勝トーナメントが佳境を迎えています。藤井5冠は佐藤天彦9段に決勝決勝トーナメント1回戦で敗れましたが、変則トーナメントにより敗者復活戦に廻り、伊藤匠五段に勝利し、12/8に羽生九段と対戦しました。これで佐藤天彦九段との挑戦者決定2番勝負で2勝すれば棋王への挑戦者となります。ここまで来ました! 次に勝てば棋王挑戦者の可能性がグッと高まります。
    将棋の世界で、三苫の1mmにも匹敵する勝利への執念と粘りを見せています。
    要注目です!

  6. 【7043214】 投稿者: 日本国民  (ID:tF479etFNyo) 投稿日時:2022年 12月 20日 12:28

    12/19(月)に棋王戦の挑戦者を決めるトーナメント戦決勝は、藤井竜王vs佐藤天彦九段にて二番勝負の第1局が行われ、藤井竜王が勝利しました。
    藤井の王が攻めに対して上段に逃げていくという一見危険な手順でしたが、先々迄読み切ってそれが一番安全な手順と見切ったからこその、堂々たる勝利でした。
    これで、12/27(火)の第2局の勝者が棋王戦の挑戦者として渡辺棋王に臨むことになります。

    やはり、藤井竜王は強い!
    決勝トーナメント1回戦で佐藤九段に負けましたが、変則トーナメントによる敗者復活戦で勝ち上がり、挑戦者となるには二番勝負で二勝が必要だったところ、そこでも先勝しいよいよ挑戦権獲得まで後一勝というところまで来ました。

    また、このお二人は名人戦A級順位戦第6戦でも12月に太局が組まれており、重要な3連戦となります。藤井竜王はA級順位戦でも今のところ4勝1敗と1位をキープし、名人戦挑戦者となる可能性を持っています。
    藤井竜王と佐藤九段との年内の残り2局は目を離せません。要注目です!

      

  7. 【7047450】 投稿者: 日本国民  (ID:MpzOa1aexIE) 投稿日時:2022年 12月 24日 00:32

    (12/23 24時) 順位戦A級6回戦 藤井竜王vs佐藤天彦九段戦は、先手藤井竜王が110手で勝利した。6回戦を終え5勝1敗、暫定1位で名人挑戦権を得るのに有意な位置をキープして来年の7回戦以降を迎える。

    そして、棋王戦の挑戦権をかけた最終決戦が両者により12/27(火)に行われます。要注目です!

  8. 【7048045】 投稿者: 後手  (ID:3nILI9/2JlU) 投稿日時:2022年 12月 24日 16:22

    天彦9段先手、藤井竜王後手の順位戦でしたね。
    天彦9段の先手で、矢倉へ誘う出だしでした。


    昨日の順位戦の勝利で最短記録樹立で300勝の藤井竜王。

    藤井竜王重ねておめでとうございます。

あわせてチェックしたい関連掲示板

学校を探す

条件を絞り込んで探す

種別

学校名で探す