子どもにタブレットを使わせる前に、保護者がやっておくべき準備とは?

inter-edu’s eye
持ち運びがしやすく画面の大きいタブレットは、使いやすさや価格面においても、子どものオンライン授業・学習に適した端末です。しかし、便利なだけではなく、タブレットをお子さまに使わせることには危険やリスクもともないます。
そこで、お子さまにタブレットを使わせる前に、保護者がやっておくべき準備についてお伝えします。

タブレットを使う長さと時間帯をお子さまと確認しましょう

タブレットを使う子ども

パソコンやスマートフォン、タブレットの液晶画面を長時間見続けることで、目が疲れ、視力低下につながることは知られています。あらかじめ1日のタブレット使用時間の上限や1時間ごとに5分程度、目を休ませるなどの休憩時間のルールをお子さまと話し合って決めておきましょう。

タブレットやパソコンの液晶画面から放射される「ブルーライト」は、紫外線に近い強い光です、そのため、夜遅い時間や寝る前に液晶画面を見ると、睡眠障害を引き起こすとも言われています。お子さまにタブレットを使わせる時間帯にも気をつける必要があります。

それでも、お子さまの目への影響が気になるようでしたら、「ブルーライトカットメガネ」をかけさせるのもオススメ。さらに、タブレットの画面に「ブル―カットフィルム」を貼れば安心です。

タブレットの機能制限でお子さまを守る

タブレットを、オンライン授業などに使用する以外に、インターネットに接続して調べ学習をするという場面も多いでしょう。わざわざ図書館や書店に行かなくとも、たくさんの情報が入手できてとても便利です。しかしその半面、インターネットは、有害サイトやアダルトサイトなどのアクセスも容易にできてしまいます。また、検索結果のページに表示されたゲームなどのアプリを、お子さまがつい興味本位でダウンロードしてしまうということも…。保護者が気づかない間にゲームをやり続けて、アプリ内課金で高額請求されるということにもなりかねません。

お子さまにタブレットを使用させる前には必ず、
・アプリのインストールや使用に制限をかける
・有害サイトにアクセスできないようにしておく
の2つの設定をしましょう。

ペアレンタルコントロールの活用を

子どものパソコンやスマートフォン、タブレットの利用状況を保護者が監視したり、使用を制限したりすることを「ペアレンタルコントロール」といいます。

お子さまにスマートフォンを持たせるご家庭が増えるにつれ、それぞれの端末で設定できるペアレンタルコントロールの機能も充実してきました。

では、具体的なペアレンタルコントロールの設定をOS(オペレーションシステム。コンピュータを動かすためのソフトウェア)ごとに見ていきましょう。

iOSのペアレンタルコントロール機能、「スクリーンタイム」

スクリーンタイム

iPadでは、iOS12以降のバージョンなら、「スクリーンタイム」という設定機能があらかじめ備えられています。

スクリーンタイムとは、アプリやメール、ゲーム、SNSなどを何回、何時間使っているのかがわかるというもの。つまり、お子さまがタブレットをどんなふうに使っているかを把握できる機能です。

このスクリーンタイムを保護者の端末で「オン」にすると、
・アプリを使わない時間の設定
・SNSやゲームなどのアプリ使用時間の設定
・特別に使うことができるアプリの許可
・コンテンツとプライバシーの制限の設定
ができます。

それぞれに個別の設定が可能です。たとえば、「コンテンツとプライバシーの制限の設定」では、不適切なコンテンツ(Webサイト、音楽、映画、テレビなど)にアクセスしないように、年齢制限の設定をしたり、見てほしくないWebサイトを登録できます。

このスクリーンタイムをうまく活用することで、お子さまをインターネット上のさまざまな危険から守ることができます。

Android搭載タブレットのペアレンタルコントロール機能

Android搭載タブレットでのペアレンタルコントロールの設定は2つあります。

iPadと同じように端末にあらかじめ備わっているペアレンタルコントロールの機能を使って設定する方法と、ペアレンタル用のアプリを使う方法です。

後者のアプリには、無料のものから有料のものまで多種多様なものがリリースされています。自分に合ったものを選ぶことができるメリットもありますが、どれを選べばよいかわからない場合のオススメは、iPadのスクリーンタイムとほぼ同様の設定が行え、利用者数も多い「Googleファミリーリンク」でしょう。

タブレットの使用を、ネットリテラシーを育てる機会に

タブレットを使う親子

ここまで、タブレットをお子さまに安心して使わせるための方法をお伝えしてきました。しかし、大切なのは、お子さま自身の「ネットリテラシー」を育てることです。

端末の使用に制限を設けることで、ある程度子どもを守ることはできます。しかし、インターネット上にはその設定自体を解除する方法も紹介されています。設定は家のドアにカギをかけるようなもので、子ども自身がカギを開けてしまうこともできるのです。また、お子さまがドアの外に出るときがいずれやってきます。そのときにお子さま自身が何を選ぶか、何を思いどこに歩いていくかは、親にもコントロールしきれるものではありません。

やみくもに「制限」や「禁止」をすることは簡単ですが、それだけでなく、あふれる情報とどう向き合っていくか、自分を大切にするとはどのようなことかなど、お子さまの成長に応じて伝えていく必要があるでしょう。

たとえば、インターネット上にある情報には不確かなものもあるということや、匿名でのSNSでは、誹謗中傷など言葉の暴力があること、知らない人と接触することで犯罪に巻き込まれることがある可能性もあることなど、お子さまの成長に合わせて具体的に伝えていきましょう。

インターネットのリスクも理解した上で、その便利さを享受するという姿勢を身につけておけば、それは、ペアレンタルコントロールもよりもはるかに有効な身を守る手段となります。

お子さまにタブレットを持たせるという機会に、保護者としてお子さまに何を伝え、与えていくべきか、今一度考えてみてはいかがでしょうか。


生活お役立ち情報 これまでの記事

エデュナビ新着記事