サピックス6年生、夏期講習で大変だったことは?【さくら子 vol.7】

こんにちは!サピックスに通塾中の小6娘の母さくら子です。

あれよ、あれよという間に夏期講習が終わってしまいました。
夏は過去問実践に向けての総仕上げだ!と意気込んでいましたが、総仕上げどころか、日々の授業の復習を回すだけで精一杯…。
気がつけば「天王山の夏」が終わっていましたよ…。
早すぎます…。

今日は夏期講習を終えた娘の変化について書きたいと思います!

夏期講習で大変だったこと

授業点でのコース昇降

サピックスでは7月の組分けテストで夏期講習のコースが決まりますが、これはあくまでも講習スタート時のコース。

夏期講習は校舎にもよりますが、おおかた2日おきに「授業点」という小テストや授業中の演習結果を点数化したものを元に、コース昇降があります。
恐ろしいことにブロックをまたぐ昇降も…。
みなエンジン全開になっているので、必死にやったところで簡単に上がれる状況ではないのです。
娘は組分けでやらかしたので、スタート地点がいつもと違います。

毎日コースアップが目標!
なので、塾行く前も塾に行ってからも必死。
塾から帰宅後も今度は復習に必死。
とにかくいつも必死な状態(笑)。
緊張感が数日続くわけですから、本人はかなり大変だったと思います。

有名中学入試問題集

夏期講習で大変だったこと

授業の復習と合わせてやらなければならないのが『有名中学入試問題集』です。

サピックス基準での有名中学の前年の過去問を集めたもので、通称「有名中」とか「電話帳」とか呼ばれます。
校舎にもよりますが、提出必須の科目があったり取り組むリストがあったりと、絶対避けては通れない過去問集です。
わが家はとにかく授業の復習が優先だったので、お盆の休み期間まではなかなか時間が取れず…。
そして結局はお盆の休み期間に挽回しました。
算数以外の教科を1日2校解いていました。
これがとても大変そうでした。
加えて大変なのが、ミスの直し。
これにもまた時間がかかります。

なので、娘は凡ミスだけはしないように、必死に取り組んでいました。

学習スケジュール

「子どものやることが多い=親の学習準備もたいへん」ということになります。
仕事は普通にありますし、ほかの兄弟もいるし、ということで、とにかく余裕のない毎日だったので、家庭学習のスケジュールを立てる時間がなかなか取れず本当に困りました。

なんせ夏期講習は4日、5日連続。
日々スケジュールを組むのは無理がありました。
またコピー作業などの教材準備も怒涛のようにあります。

なので、一通り予想される宿題はまとめてあらかじめスケジュールに入れておくのですが、大きな穴が見つかったり復習がうまく進まなかったりするとリスケする必要があります。
これが地味に厄介でした…。
進み具合を確認しながら、最後は半ば強引に、エイ!ヤー!と有名中を入れ込む…。
どうしても準備が追いつかないときは…仕事を半休にしたりしてスケジュールを立てたこともありました(笑)。