最終更新:

1079
Comment

【5058626】2019年大学受験(超困難)

投稿者: 真面目に心配   (ID:LDu6ZxkeujQ) 投稿日時:18年 07月 17日 19:02

2018年入試で大量の浪人生が出ており、今年は大手予備校が受け入れ制限をかける事態になっています。
2019年はこの浪人生が現役生を押しのけます。

2018年は大学抑制の影響を受けた年であったが、主に東大ボーダー層という優秀層が一番影響を受けた年でもあった。
2019年は次のランクであるマーチは勿論、日東駒専にも大波が押し寄せることが予想されている。

最難関女子高でも苦戦を強いられた結果から、今年女子は推薦に群がる状況が加速しています。
女子は地方大に行かない傾向が強く、また、文系の生徒が多く、浪人を嫌うことから、影響をもろに受けて結果としてレベルを下げる受験をすると見込まれる。

近畿圏も立命館など大きな抑制を受けた大学があり、難化が進んだのがデータからも顕著であり、ランクを下げる受験に進むことはほぼ間違いなし。

西日本の大学は「西日本豪雨」の影響もあり、通常受験とは言い難い。

大学入試改革が2020年から始まるため、2019年は浪人したくないと考える受験生が増えそう。

首都圏大抑制を政府は3月に閣議で決定した。


、、、
確実に言えるのは、多くの学生はランクを下げた受験をせざるを得ないということです。

これで良いのか?

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

「大学受験情報に戻る」

現在のページ: 124 / 135

  1. 【5110381】 投稿者: バラード  (ID:mxjwa7z9Dkw) 投稿日時:18年 09月 10日 12:29

    ご解説のこと、よく見ることが多いですが、具体的にどこが(大学学部とか)どう厳しくなって、浪人が今までよりどこねらいで増える、あるいは早慶付属は若干かかれていますが、付属はなぜ増えるのか、どこ狙いの層かは ??? です。

    といいますのは、首都圏で東一工はじめ難関、医ねらいの層は変わらない?
    早稲田がかりにトータル500人減らしたら、このボーダーで従来なら合格していた人は、どこ行くか慶かマーチか国立か、浪人か。
    以下マーチ以降も同じなのですが、どこかで、何%くらいの人が妥協して一ランク下げての進学か、浪人か、、

    これが東一工など難関国立の定員減ですと上位層は大きく影響あるかと思いますが。
    ボリューム的に日東駒専はじめ真ん中辺の私立大学は受験者、進学者も多いので影響あるのでしょうけど、。
    真ん中あたりの受験者が一ランク下げて妥協せずに浪人、、?
    というのなら話はわかりますが、、どうなのでしょうね。

  2. 【5110921】 投稿者: 通りすがり  (ID:kEySeJ/c.is) 投稿日時:18年 09月 10日 23:08

    そもそもこのスレの真意がおかしい。

  3. 【5112763】 投稿者: いよいよ  (ID:/n6u7exqkOg) 投稿日時:18年 09月 12日 18:55

    「来年訪日したい」とローマ法王
     共同通信社 2018/09/12 17:54
     【ローマ共同】ローマ法王フランシスコは12日、日本関係者と面会
     し「来年、訪日したい。実現することを願いましょう」と述べた。
     法王はこれまでも訪日に意欲を示していたが、時期について言及
     したのは初めて。バチカンのメディアが報じた。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    宗教も大転換期ですね。一神教支配から八百万の神へ

    もちろん、教育も新時代へ向けて変わらずを得ないですね。

  4. 【5112816】 投稿者: ↑面白い  (ID:Lv/1.IDgnIo) 投稿日時:18年 09月 12日 19:42

    笑えます

  5. 【5112851】 投稿者: いよいよ  (ID:/n6u7exqkOg) 投稿日時:18年 09月 12日 20:28

    世の中の仕組みを理解していないか、八百万の神へ変化して
    いくのを恐れている人は、まあ、そういう反応なんですね。

  6. 【5113388】 投稿者: 2019年度以降の  (ID:cKf21uwMY32) 投稿日時:18年 09月 13日 11:10

    大学入試の展望とは?

    http://news.nicovideo.jp/watch/nw3732444


    2018年度の大学入試では、私立大学の倍率上昇、文系志向の高まりなどが目立ちましたが、来年度以降どうなっていくのでしょうか。また、改革が進む「過渡期」の大学入試は、どのような心構えで臨めばよいのでしょうか。大手予備校・河合塾教育情報部の富沢弘和さんに、2019年度以降の大学入試について展望を伺いました。

  7. 【5116509】 投稿者: 2019年度入試動向  (ID:1BdAbFZONqo) 投稿日時:18年 09月 16日 12:27

    https://edu.career-tasu.jp/p/contents/exam/interview/index.html

    【2019年度入試、受験生の動向】

    文科系は経済・経営・商学が人気の一方、法学系は伸び悩む
    理科系は工学系が好調。首都圏の医・歯・薬系は敬遠される傾向
    国公立大学文科系は科目負担が志望に反映
    英語の外部試験導入が進み、医学科は面接重視に
    入学定員の厳格化により首都圏・関西圏の私立大学は難化
    現役合格への意識が薄れ、私立大学文科系は浪人生が増加
    一般方式で例年より1校多く出願するのがベスト


    【専門職大学が来春スタート】

    介護・福祉系で認可申請が先行。IT系は2020年度から本格化しそう
    入試では、学力より受験生の主体性が問われそう
    専門職大学への評価は手探り。4年後の就職実績に注目

  8. 【5116516】 投稿者: 2019年度入試動向  (ID:1BdAbFZONqo) 投稿日時:18年 09月 16日 12:48

    私立文系の浪人生は2割増?


    >今の受験生は、自分が目指していたランクの入試に失敗したら、その下のレベルの大学で妥協するとは言い切れません。最終的に合格できた大学にもよりますが、浪人を選択する人が増えています。全体の浪人数は増えていませんが、私立大学文科系に限れば、2割ほど増えていると思います。「何が何でも現役で大学へ」というのは、少し薄れてきました。経済状況というより、保護者の方の意識の変化でしょう。

あわせてチェックしたい関連掲示板