最終更新:

1053
Comment

【6539503】【注目】岸田政権の政策実現 通信簿

投稿者: 日本国民   (ID:arfrWbWjGJk) 投稿日時:2021年 11月 03日 11:32

日本国民として、岸田政権の政策実現に期待し、その進捗と課題を注視していきます。

< 岸田内閣 基本方針 >

一人一人の国民の声に寄り添い、その多様な声を真摯に受け止め、かたちにする、信頼と共感を得られる政治が必要である。
そのために、政権運営の基本として、国民との丁寧な対話を大切にし、以下の三つを約束する。

第一に、国民の声を丁寧に聞き、政策に反映させていくこと。
第二に、個性と多様性を尊重する社会を目指すこと。
第三に、みんなで助け合う社会を目指すこと。

これらの約束を果たすとともに、政策面では、国民の生活を守り、国民の所得を増やす、以下の5つの政策に取り組む。

1. 新型コロナウイルス対策
「納得感のある説明」と「常に最悪を想定すること」を原則として対応する。
まず、病床、医療提供体制の確保や、自宅療養者の対策強化など、安心確保のための取組の全体像を早急に国民に示し、国民と共有し、その共通の認識の下に、新型コロナ対応を行う。
同時に、これまでの対応を徹底的に分析し、何が健康危機管理のボトルネックになっていたのかを検証し、我が国の健康危機管理を抜本的に強化していく。
これらに加え、国民の協力を得られるよう、経済支援を行う。

2. 新しい資本主義の実現
富める者と富まざる者、持てる者と持たざる者の分断を防ぎ、成長のみ、規制改革・構造改革のみではない経済を目指すための「成長と分配の好循環」と、デジタル化など新型コロナによってもたらされた社会変革の芽を大きく育て、「コロナ後の新しい社会の開拓」をコンセプトとした、新しい資本主義を実現していく。

そのための第一歩として、成長戦略については、(1)科学技術立国、(2)デジタル田園都市国家構想、(3)経済安全保障、(4)人生100年時代の不安解消に向けた社会保障改革に取り組む。
また、分配戦略については、(1)働く人への分配機能の強化、(2)中間層の拡大、(3)公的価格のあり方の抜本的見直し、(4)財政の単年度主義の弊害是正に取り組む。
併せて、交通・物流インフラなど地方を支える基盤づくりに積極的な投資を行うとともに、農業、観光、中小企業など地方を支える産業の支援に万全を期す。

3. 国民を守り抜く、外交・安全保障
日米同盟を基軸に、世界の我が国への「信頼」と以下に掲げる「三つの覚悟」の下、毅然とした外交・安全保障を展開し、「自由で開かれたインド太平洋」を強力に推進する。
(1)自由、民主主義、人権、法の支配といった普遍的価値を守り抜く覚悟
(2)我が国の領土、領海、領空及び国民の生命と財産を断固として守り抜く覚悟
(3)核軍縮・不拡散や気候変動問題など地球規模の課題に向き合い、人類に貢献し、国際社会を主導する覚悟

中国に対しては、対話を続けつつ、主張すべきは主張し、責任ある行動を強く求める。北朝鮮の拉致、核、ミサイル問題を包括的に解決し、国交正常化を目指すとともに、北方領土問題を解決し、日露平和条約の締結を目指す。

4. 危機管理の徹底
万一、大規模な自然災害やテロなど、国家的な危機が生じた場合、国民の生命と財産を守ることを第一に、政府一体となって、機動的かつ柔軟に全力で対処する。
そのために、「常に最悪を想定し」平素から準備に万全を期す。

5. 東日本大震災からの復興、国土強靱化
東北の復興なくして日本の再生なしとの強い思いの下、被災者に寄り添い、被災者支援、農業・生業の再生、福島の復興・再生に全力を尽くす。また、災害に強い地域づくり・国土強靱化を一層推進する。

  

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

「ニュースに戻る」

現在のページ: 131 / 132

  1. 【7386261】 投稿者: 日本国民  (ID:.OWnyNq9p5U) 投稿日時:2024年 01月 21日 21:27

    (1/21日刊スポーツ) 20日午前9時からの2日制で始まった対局は、21日午後4時前に113手で藤井王将(八冠)が快勝し、連勝した。

    敗れた菅井にとっては、つらく長い2日目だった。心なしか背中が丸く、首をうなだれるシーンも目立つ。指し手も弱々しかった。「(初日の)封じ手の少し前に敗着を指してしまった」と悔やんだ。「後手8四角先手7四歩に、自分でも何で後手4五桂(46手目)と指したのか、びっくりしました」。終局後、淡々とした様子で振り返った。

    ➔ 初日、穴熊で自陣を固めた藤井王将は、先に攻めを仕掛ける手に100分を投じて熟考し、AIが示していた最善手を選んだ。その手に対して菅井八段は先に攻めを仕掛けられたことで普通の手で応じては形勢が悪くなるの判断したか、無理筋での攻めの手で応じ、結果、形勢を損ねることになった。

    全体的に、藤井王将(八冠)は、振り飛車対策を自分のものにしたという印象でした。挑戦者の菅井八段が勝利するのは至難の業ですが、何か作戦を講じて第三局に臨むことになるでしょう。

  2. 【7386288】 投稿者: 日本国民  (ID:.OWnyNq9p5U) 投稿日時:2024年 01月 21日 21:45

    ↑投稿先ミス、失礼しました。
    まぁ、何と言いますか、政治刷新本部で、自民党が本気で政治活動と金の関係の改善に本気で取り組むのか、どういう方針を打出すかに関心を持っているいるわけですが、派閥解消する派閥x派閥を維持する方針の派閥をどう一つにまとめるというのか? 岸田派を離脱したはずの岸田首相が、岸田派を解散することを決めるのはおかしいという意見も有り、本気度が問われている。

  3. 【7396890】 投稿者: 日本国民  (ID:m1oXIFTzNyc) 投稿日時:2024年 02月 02日 23:54

    (2/1 プレジデント) 国民から総スカンでも「岸田一強体制」となる摩訶不思議…派閥解消でカオス化し安倍派は瓦解し、茂木派は溶解

    岸田派(旧宏池会)が解散したのを皮切りに他派閥もそれに追随した自民党。かつて宏池会所属の参議院議員だった大正大学准教授の大沼みずほさんは「次回の自民総裁選に男性議員が立候補しまくるのは必至。初の女性総理をつくるキングメーカーに名乗りをあげる動きもあるが、結局、岸田文雄総理続投となる公算が大きい」という

    派閥解消で失うもの
    (1)政治資金、(2)総裁選に必要なお金、(3)議員間の濃密な人間関係、(4)女性総理候補

    派閥解消後の自民党
    自由民主党の議員は370人を超える。その中には、右から左までいろいろな思想の議員がいる。だからこそ、多様性にあふれその切磋琢磨(せっさたくま)からいい意見が生まれ、いい政策につながる。派閥という枠組みがなくなっても議員はグループを作り、意見交換をしたり、政策を立案する勉強会をしたりして人間関係を築いていくだろう。・・・
    このままでは、総裁選はカオス化し、最後は無意味な合従連衡が繰り返される可能性もでてくる。・・・

    ➔ どうやら、国民の岸田首相支持は大して高まらずとも、次の自民党総裁選で候補者が立候補しても支持は高まらず、岸田首相続投の可能性が高まって来た。そういう意味で、岸田首相の評点をアップデートします。
    (旧;2023年末) 岸田政権の表明を切り口に今年の評点を行います。
    概ね55点/100点満点中といったところです。最低合格点は60点です。現状では政権・政党支持率が低迷し、11月の再選は苦しいという点で、合格点に至りません。
    (新;2024年2/1) 派閥解散という奇手による情勢変化による評点アップデート;
    概ね65点/100点満点中といったところです。最低合格点は60点です。現状、政権・政党支持率が低迷しつつも、自民党総裁選挙にて再選の可能性が出て来て、対抗する野党の支持は低迷したままですので、11月の総選挙で与党の地位を守り首相続投の目が出て来たので、合格点に至りました。

  4. 【7398763】 投稿者: 日本国民  (ID:TZqydYfCTOg) 投稿日時:2024年 02月 05日 12:49

    【2/5速報】岸田内閣の支持率23.7% 過去最低更新 JNN世論調査

    岸田内閣の支持率が政権発足後、過去最低だった先月の調査から、さらに3.4ポイント下落し、23.7%だったことが最新のJNNの世論調査でわかりました。
    不支持率も先月の調査から3.8ポイント上昇し、74.2%で過去最高となりました。

    ➔ 自民党内では派閥解消し、派閥と次期自民総裁選の有力候補者の力を削ぐことで岸田首相の続投の可能性は高まりましたが、世間では、政治刷新会議での方針や、自民党当事者が責任を取らない、組織的問題の追及をしない、裏金の使い道を示さないなどの甘々の対応を見せる点で、自民への国民の不満は高まっています。保守の強い群馬・前橋市の市長選で野党候補が自民支持の現職支持を破ったのも、その表れと言えます。
    11月の総選挙を見据え、9月の自民総裁選も予測がつかない混とんとした状況が続きます。

  5. 【7403056】 投稿者: Xのトレンド  (ID:3eIssWkx3H2) 投稿日時:2024年 02月 10日 07:36

    今朝からトレンド入り
    政治 ·トレンド
    #岸田総理は世界のリーダー最下位
    37.7K件の投稿

  6. 【7404127】 投稿者: 日本国民  (ID:we.nZRbM30s) 投稿日時:2024年 02月 11日 11:44

    ↑ これ、リーグ戦でしたら最下位は降格ですね。
    9月の自民党総裁選で再選の可能性は低いともいわれているのも、現在の世間の評価(11月の総選挙で与党代表としての顔に成り得るか)を反映しています。

    かといっても、では今の野党で与党に変わり政権を担いその代表(首相)となる目ぼしい政治家がいるかと言えば、その兆候はない。また今の自民で岸田首相の後を継ぎ、次期自民総裁として総選挙に臨み与党を維持する顔も未だ見えない。先の予測が難しい状況が続きます。

  7. 【7410310】 投稿者: 日本国民  (ID:nMDEr5cpS2Q) 投稿日時:2024年 02月 18日 19:02

    (2/16毎日新聞) 岸田内閣支持率、最低14% 不支持率82% 毎日新聞世論調査
    岸田内閣の支持率が20%を切るのは、昨年12月以来2度目。不支持率は前回調査(72%)より10ポイント増の82%だった。不支持率が80%を超えるのは、毎日新聞が世論調査で内閣支持率を初めて質問した1947年7月以来、初めて。

    (2/15時事通信) 内閣支持16.9%、最低更新 不支持初の6割台―時事世論調査
    支持率は、2012年12月の自民党の政権復帰後で最低。「危険水域」とされる2割台以下は7カ月連続で、直近3カ月は1割台に落ち込む。一方、不支持率が6割台に達するのは安倍内閣の20年5月以来。自民党派閥の裏金事件などが影響したとみられる。

    ➔ 自民党は、政治改革の中間取りまとめを決定。派閥について、政治資金パーティー開催や人事関与を禁じたが、政策集団としての存続は認めた。また、政治家のルーズな政治資金報告そして非課税優遇は維持する。一方、国民に対しては1円単位の煩雑な納税報告を求め、税金は増やす一方であることが、国民感情を逆撫でして、支持の評価を落としている。一番の問題は、政治家が範を示さず、国民の納税義務のマインド(=社会基盤)に揺らぎを生じさせていることだ。岸田首相は、自分の再選を優先して対応を選んでいる印象を与えているが、国益を優先し政治不信を払しょくし国民の信頼を得る対応を取ることを望む。

  8. 【7415036】 投稿者: 日本国民  (ID:tA.qgoCU8sE) 投稿日時:2024年 02月 24日 23:50

    広島G7サミットの次のG7首脳会議は、2024年6月13─15日にiイタリアにて開催。

    国会は裏金問題で揺れていますが、岸田首相は外交で挽回するつもりでしょうか? ロシアのウクライナ侵攻もウクライナ劣勢のようですし、米国は大統領選でトランプ再選の可能性や、老齢のバイデン大統領で戦えるかという懸念もあり、、何をテーマにどう西側先進国の結束を示せるのか、重い会議になりそうです。

あわせてチェックしたい関連掲示板

学校を探す

条件を絞り込んで探す

種別

学校名で探す