“横浜市立桜丘高等学校” の偏差値

偏差値データ提供:株式会社市進

男子 80偏差値

53(53-53)

女子 80偏差値

53(53-53)

入試別の偏差値詳細

入試 男女 80偏差値 60偏差値 40偏差値
- 普通科 53 50 -
53 50 -

80・60・40偏差値とは?

80、60、40という数字はそれぞれ、合格可能性(%)を示しており、例えば同じ偏差値の人が100人受験した場合に80人合格するのが「80偏差値」、60人合格するのが「60偏差値」です。この値は模試によっても異なり、本データは株式会社市進が実施した模擬試験においての合格可能性を掲載しています。

学校情報

学校名
共学 横浜市立桜丘高等学校
住所
〒240-0011 神奈川県横浜市保土ケ谷区桜ヶ丘2-15-1
交通
相鉄線「星川」徒歩15分、またはバス。
電話番号
045-331-5021
沿革
昭和2年程谷町立実科高等女学校として創立。同23年現校名に改称。
教育方針
授業力の向上と進学指導を重視し、生徒の思考力を伸ばす指導に努めています。進路支援にも力を入れ、職業理解ガイダンス、高大連携などを実施しています。

この学校の偏差値に関連する掲示板

この学校の偏差値に関連する書き込みはありません。

同じ神奈川エリアで近い難易度の入試をおこなう高校

横浜市立桜丘高等学校 男子 偏差値基準(男子・共学校対象)

  • 56(56 - 56)

    神奈川

    希望ヶ丘高等学校

    自主性を尊重する校風が受け継がれています。受験を意識した密度の高い授業が行われており、探究心を持って学習に向かう姿勢が大切にされています。

  • 56(42 - 56)

    神奈川

    横浜隼人高等学校

    「必要で信頼される人となる」を校訓とし、「どう考えるか」を重視する教育により学力向上を目指しています。

  • 55(55 - 55)

    神奈川

    小田原高等学校

    高い知性と教養を身につけた人材の育成を目指しています。一部の科目では学期ごとに単位を認定するセメスター制を採用しています。

  • 55(55 - 55)

    神奈川

    横須賀高等学校

    自学自習・自主自律をモットーに、独自のプログラム「探求」科を設定し、基礎学力の向上や思考力・分析力・表現力の養成に力を入れています。

  • 55(53 - 55)

    神奈川

    神奈川総合高等学校

    生徒一人ひとりの能力を伸ばすとともに、国際センスを身につける取り組みにも積極的です。何事にも進んでチャレンジする姿勢が大切にされています。

  • 54(54 - 54)

    神奈川

    相模原高等学校

    「文武両道・切磋琢磨」がモットーです。「個性の伸長 責任と協調 心身の健康」を柱とした教育が行われています。

  • 54(54 - 54)

    神奈川

    平塚江南高等学校

    「生徒一人ひとりの興味・関心・意欲を大切にし、その能力・才能の伸長に努める」などが教育目標です。授業以外にも、講習や勉強会など多様な学びの機会を設けています。

  • 54(54 - 54)

    神奈川

    大和高等学校

    生徒一人ひとりの人間的な成長と心のふれあいを重視した教育が行われています。情報を取り出す力や解釈する力として読解力の養成に力が入れられています。

  • 54(54 - 54)

    神奈川

    横浜平沼高等学校

    「真理と学問を愛し、個性の伸長に努める」などを教育方針としています。自主性を重んじ、学習にも行事にも積極的に取り組む姿勢を大切にしています。

  • 54(54 - 54)

    神奈川

    鎌倉高等学校

    ほぼ全員が進学を希望しており、密度の濃い授業が行われます。郷土の歴史や文化を学ぶ「かまくら学」を推進するとともに、国際理解教育にも力を入れています。

横浜市立桜丘高等学校 女子 偏差値基準(女子・共学校対象)

  • 56(56 - 56)

    神奈川

    希望ヶ丘高等学校

    自主性を尊重する校風が受け継がれています。受験を意識した密度の高い授業が行われており、探究心を持って学習に向かう姿勢が大切にされています。

  • 56(42 - 56)

    神奈川

    横浜隼人高等学校

    「必要で信頼される人となる」を校訓とし、「どう考えるか」を重視する教育により学力向上を目指しています。

  • 55(55 - 55)

    神奈川

    小田原高等学校

    高い知性と教養を身につけた人材の育成を目指しています。一部の科目では学期ごとに単位を認定するセメスター制を採用しています。

  • 55(55 - 55)

    神奈川

    横須賀高等学校

    自学自習・自主自律をモットーに、独自のプログラム「探求」科を設定し、基礎学力の向上や思考力・分析力・表現力の養成に力を入れています。

  • 55(53 - 55)

    神奈川

    神奈川総合高等学校

    生徒一人ひとりの能力を伸ばすとともに、国際センスを身につける取り組みにも積極的です。何事にも進んでチャレンジする姿勢が大切にされています。

  • 55(55 - 55)

    神奈川

    日本女子大学 附属高等学校

    「信念徹底・自発創生・共同奉仕」を3本の柱とし、知育・徳育・体育のバランスのとれた人間の育成に努めます。

  • 54(54 - 54)

    神奈川

    相模原高等学校

    「文武両道・切磋琢磨」がモットーです。「個性の伸長 責任と協調 心身の健康」を柱とした教育が行われています。

  • 54(54 - 54)

    神奈川

    平塚江南高等学校

    「生徒一人ひとりの興味・関心・意欲を大切にし、その能力・才能の伸長に努める」などが教育目標です。授業以外にも、講習や勉強会など多様な学びの機会を設けています。

  • 54(54 - 54)

    神奈川

    大和高等学校

    生徒一人ひとりの人間的な成長と心のふれあいを重視した教育が行われています。情報を取り出す力や解釈する力として読解力の養成に力が入れられています。

  • 54(54 - 54)

    神奈川

    横浜平沼高等学校

    「真理と学問を愛し、個性の伸長に努める」などを教育方針としています。自主性を重んじ、学習にも行事にも積極的に取り組む姿勢を大切にしています。