最終更新:

2751
Comment

【4419073】首都圏からわざわざ下位旧帝に行く理由は?

投稿者: 関敬六   (ID:OouQNyCVoLk) 投稿日時:2017年 01月 28日 14:24

少数派とはいえ首都圏から医学部でもないのにわざわざ九大、北大へ行く方もいらっしゃいます。
なぜなんでしょうか?
・東京一工は無理。かといって首都圏駅弁ではあまりにも勿体ない。
・早慶にも届かなかった。
・地方都市の生活がしたかった。
他に理由はあるでしょうか?

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

  1. 【5418545】 投稿者: エラー  (ID:JcQVFhO591w) 投稿日時:2019年 05月 01日 01:29

    北大、九大が、一生懸命に首都圏に猛アピールしているのを見ると、それだけ危機的なのだろうと思うだけ。
    態々、家を出てまで行く価値はある大学ではないし、国立熱望だとしても国立も他にあるからな。

  2. 【5418549】 投稿者: Qちゃん  (ID:SsEj0WZfQT6) 投稿日時:2019年 05月 01日 01:35

    九州大学は、老朽化対策と移転が完了するまでの期間は環境としても最悪。
    それが終わる頃には大学としての評価がダダ下がり。
    今行くメリットが感じられないばかりか、デメリットしかない。
    分散した使い勝手の悪い校舎について、地元の人の方がよく分かっているでしょうに。

  3. 【5418561】 投稿者: 旧帝をみくびるな  (ID:6MrBaIuKpnQ) 投稿日時:2019年 05月 01日 02:02

    指定国立大学かどうかだけでは大学の実力は判断できませんよ。北大も九大も各地域ブロックの優秀な生徒が進学するのだから。早慶を除けば、私大など話になりません。企業の人事担当者もそのくらいはわかっています。

  4. 【5418573】 投稿者: ビーバー隊  (ID:4widgrvEW5M) 投稿日時:2019年 05月 01日 02:39

    大学の実力が差が出てくるという話ですね。
    企業も当然分かっているでしょう。

  5. 【5418889】 投稿者: ヤバイ香り  (ID:g4Mjf/3wqLI) 投稿日時:2019年 05月 01日 12:32

    下位旧帝大というのは、北大と九州大でしょうね。
    国からのお金が出なくなっているのは今も。
    だから国際力が上がらず、地の利もあるにも関わらず指定国立からも外れてしまった。
    負の連鎖だね。

  6. 【5418906】 投稿者: 資金難  (ID:CEH4TnpUUzs) 投稿日時:2019年 05月 01日 12:44

    九大の博物館、自力移設断念 副学長「資金難」
    2019年02月09日 06時05分

    九州大は8日、箱崎キャンパス(福岡市東区)から伊都キャンパス(同市西区)に移転構想がある「総合研究博物館」について、資金難のため自力による新設、移転は困難との判断を示した。箱崎であった記者会見で、移転担当理事の安浦寛人副学長が明らかにした。

  7. 【5418910】 投稿者: 税金の意識  (ID:CEH4TnpUUzs) 投稿日時:2019年 05月 01日 12:49

    身の丈に合わない巨大な物を作りたがるのが地方の悪い所だな。
    学生の数が少なくなる事が分かっていながら、巨大な物を作り持て余す。
    税金の無駄。

  8. 【5418937】 投稿者: 続き  (ID:7lEoSEbx8QU) 投稿日時:2019年 05月 01日 13:10

    九大の博物館、自力移設断念 副学長「資金難」
    2019年02月09日 06時05分

    研究室などが収集していた標本や資料を管理するため、2000年に総合研究博物館が発足。収蔵数は145万点に上り、その大半が箱崎の旧工学部本館で保管されている。

     伊都への具体的な移転計画を定めた01年のマスタープランには総合博物館の新設が含まれていた。しかし04年の国立大学法人化に伴い、博物館に関わる費用が国の補助の対象外に。箱崎跡地の売却益が計画時よりも見込めなくなったこと、移転費用がかさんだこともあり、跡地全てを売却できても建設費の数十億円を確保できないという。

     安浦副学長は記者会見で「博物館の重要性は十分に認識している。完全に断念したわけではない」と強調した上で「新たな時代の博物館の在り方を再検討し、産業界や市民の支援、寄付を求めることも含めて慎重に検討する」と述べた。

     箱崎の施設は20年度末までに取り壊される。旧工学部本館など一部の建物は、保存、活用が売却の条件となっており、買い手が見つかるまで、標本や資料は現在のまま保管。売却後はほかのキャンパスなどに移すという。





    > 04年の国立大学法人化に伴い、博物館に関わる費用が国の補助の対象外に

    この背景を読むと、九大をだけ責めても仕方ないね。
    学術的に貴重な資料などの保管、その存在をどう負担すればいいのかという問題に思える。
    キャンパス保管なら、一般開放はないだろう。
    果たしてそれが良いことなのか?

あわせてチェックしたい関連掲示板

このスレッドには書き込めません