学校の予習・復習をする小学生が年々増えている! | 塾サーチ

塾サーチ|エデュママの塾選びを応援します!

官民の調査報告から知っ得情報をピックアップ データで知る「塾・受験・教育現場」

変化が激しい教育界。受験、塾、教育全般から知っ得調査データをお知らせ。

第17回学校の予習・復習をする小学生が年々増えている!2014年09月04日 公開

昨年度(平成25年度)の「全国学力テスト」では、学習塾に通う小学生の割合が2ポイント近く増えていたので、今年度(平成26年度)の調査はどうかと思ってデータを見たところ、前年とほとんど変わりませんでした。

他に、最近の生徒の学習習慣を表す調査結果はないかとデータをひとつひとつ見ていたら、ありました。家で学校の勉強の予習と復習をする生徒の割合です。この数字が、調査開始以来、目立って増えているのです。

小学生、中学生ともに増えているのですが、より顕著な小学生(6年生)のデータをご紹介しましょう。

pic-chousa-01

pic-chousa-01

まず予習。平成19年度は、予習を「している」「どちらかといえば、している」を合わせて33.1%でしたが、その後急増し、平成22年度には40%を超えています。平成22~24年度はほぼ同じですが、その後はまた増え始め、平成26年度調査では43.3%に達し、調査開始時点から10ポイント以上増えました。

復習もだいたい似たようなパターンで増えていますが、その増え方が、より顕著です。復習を「している」「どちらかといえば、している」と回答した生徒の割合は、平成19年度には40.3%でしたが、平成26年度調査では14ポイント近くも増え、なんと54.1%。

この質問は、あくまでも「家で」予習・復習をするかというもの。家で宿題をするほかに、4割以上の生徒が予習をし、5割以上が復習をしているのです。学習塾に通っている場合は、さらに勉強時間が延びるでしょう。

計画的に、きちんと学習をする子が増えたのかもしれませんが、平成23年4月から「新教育課程」が完全施行されたことで、小学生の学習内容の範囲が広がり、学ぶ内容が難しくなっていることも、大きく関わっていそうです。中学受験をしなくても、今の小学6年生は、なかなか大変です。

近所の塾を探す

»

おおたとしまさの相談室Q&A 連載中!おおたとしまさの相談室Q&A 連載中!
心落ち着けて、子どもをしっかり支えるためにあなたも相談してみませんか?
相談はコチラから

データで知る 「塾・受験・教育現場」 アーカイブ

資料請求リスト(無料)

    新着口コミ・評判

    • 新着口コミ・評判を取得中です‥

    一覧はコチラ

    これからの通塾をお考えのお母さま必見 塾選び応援特集 おおたとしまさの「心すっきり相談室」 塾選び、受験の悩み、ご相談受け付け中! 相談受付中! 官民の調査報告から知っ得情報をピックアップ データで知る「塾・受験・教育現場」 個別指導塾特集 家庭教師特集

    スマートフォン版

    塾サーチはスマートフォンからもご利用できます。
    左のQRコードを読み取るか、下記URLへアクセス♪
    https://www.inter-edu.com/juku/