子どもの気持ちがよく分かるお父さん、お母さんが増加 | 塾サーチ

塾サーチ|エデュママの塾選びを応援します!

官民の調査報告から知っ得情報をピックアップ データで知る「塾・受験・教育現場」

変化が激しい教育界。受験、塾、教育全般から知っ得調査データをお知らせ。

第44回子どもの気持ちがよく分かるお父さん、お母さんが増加2015年03月19日 公開

内閣府の「平成25年度 小学生・中学生の意識に関する調査」から、現代の親子関係を示すデータをご紹介します。

この調査は、小学生・中学生の家庭生活や学校生活、友人関係、価値観などに関する意識を調査したもの。調査に参加したのは、満9歳~満14歳までの小中学生2000人です。

まずは、お父さん、お母さんが頼りになる存在かどうか。

pic-chousa-01

pic-chousa-01

「お父さんは頼りになる」「お母さんは頼りになる」という設問に対し、「あてはまる」(「あてはまる」「まあまああてはまる」の合計)と回答した子どもが9割以上です。注目すべきは平成18年度との数値の違いです。お父さんで約5ポイント、お母さんでは6ポイントも上昇しているのです。

次は子どもの気持ちの理解度のグラフです。

pic-chousa-01

pic-chousa-01

お父さんに関しては8割以上の子が、お母さんについては9割以上が「自分の気持ちをわかってくれる」と回答。驚くべきは平成18年度との比較で、お母さんでは約8ポイント以上、お父さんに関しては67.1%から82.1%へと、15ポイントも増えました。たった7年という期間を考えると、激増と言ってもよさそうです。

調査報告には「お父さんは口うるさい」「お母さんは口うるさい」という設問もありましたが、子どもの気持ちをよく理解する父母がふえたせいでしょうか。これに「あてはまる」と回答した子どもは、お父さんで約35%から約30%に、お母さんで約50%から約40%に減少していました。

子どもから頼りにされ、子どもの気持ちがよく分かるお父さん、お母さんが激増。口うるさい人も減ってきた。先日、ある人から「今の子どもは何でもお母さんに話す」という話を聞いて新鮮な驚きがあったのですが、今回のデータを見ると、それが一般的な親子の姿なのでしょうね。

近所の塾を探す

»

おおたとしまさの相談室Q&A 連載中!おおたとしまさの相談室Q&A 連載中!
心落ち着けて、子どもをしっかり支えるためにあなたも相談してみませんか?
相談はコチラから

データで知る 「塾・受験・教育現場」 アーカイブ

資料請求リスト(無料)

    新着口コミ・評判

    • 新着口コミ・評判を取得中です‥

    一覧はコチラ

    これからの通塾をお考えのお母さま必見 塾選び応援特集 おおたとしまさの「心すっきり相談室」 塾選び、受験の悩み、ご相談受け付け中! 相談受付中! 官民の調査報告から知っ得情報をピックアップ データで知る「塾・受験・教育現場」 個別指導塾特集 家庭教師特集

    スマートフォン版

    塾サーチはスマートフォンからもご利用できます。
    左のQRコードを読み取るか、下記URLへアクセス♪
    https://www.inter-edu.com/juku/