最終更新:

7339
Comment

【6388832】ワクチン打ちたくない

投稿者: 困る母   (ID:gPzm4wi.29E) 投稿日時:2021年 06月 26日 19:48

テレワーク中の子供と主人の三人暮らしです。もし接種券が届いても
打ちたくない、と思っています。
主人は反対に打つ気満々です。テレワークで外出もありません。
今までの生活をこのまま続けられる環境です。

夫婦で意見が違っていて困っています。
皆さんのご家庭ではどのような感じですか?

もし良かったら教えてください
お願いいたします

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

  1. 【6488168】 投稿者: イベルメクチン  (ID:/55GffaN/1k) 投稿日時:2021年 09月 19日 13:06

    イベルメクチンは、ワクチン接種者にも有効な薬です。

  2. 【6488201】 投稿者: イベルメクチンガー?  (ID:4pqL6UDWGK6) 投稿日時:2021年 09月 19日 13:30

    あなたの貼り付けエネルギーは凄いです。
    量もさることながら、
    内容も出所不確かなものを断定してるところも。

    >薬の飲み合わせなんて、どんな薬も同じ。

    これが一番ビックリ。

    素人の主婦(の転売屋)なのでしょうね。

  3. 【6488317】 投稿者: カイカイ疥癬  (ID:IBujOhdM4v2) 投稿日時:2021年 09月 19日 14:51

    イベルメクチンは糞線虫症・疥癬治療には有能な薬ですよね。

    でも、イベルメクチンガ―さん達のように頻繁に飲んでいたら疥癬耐性の体質ができあがって、いざ疥癬にかかったとき薬が効かなくなる危険性があります。疥癬って眠れないほど激痒で頭がおかしくなるみたい。

    お時間があったら疥癬の写真をみてね。ちらっと見ただけで体中に鳥肌が立ちました。

  4. 【6488341】 投稿者: 馬鹿な  (ID:7vaB2/4I4N6) 投稿日時:2021年 09月 19日 15:14

    主婦の転売屋なわけない。よく考えたらいかがかと。

  5. 【6488356】 投稿者: そうね  (ID:Cz5odcqxbmw) 投稿日時:2021年 09月 19日 15:27

    持病持ちか虚弱で不安があるビビり。

    どちらにしてもちょっとめいわくね。。

  6. 【6488378】 投稿者: イベルメクチンの害  (ID:MYtZHc0A6IY) 投稿日時:2021年 09月 19日 15:41

    BBC 駆虫薬「イベルメクチン」、米でコロナ治療目的の使用に警鐘
    2021年9月5日 更新 2021年9月7日
    「あなたは馬ではない。牛でもない」とFDAはツイート。イベルメクチンの大量使用は「危険で、深刻な害をもたらす恐れがある」と警告した。家畜用のイベルメクチンを自己判断で使用し、入院を含む治療が必要になった人たちがいるとしている。
    FDAは、イベルメクチンの過剰摂取で嘔吐や下痢、低血圧、アレルギー反応、めまい、かゆみなどの症状が出る恐れがあり、場合によっては昏睡や死もあり得ると警告している。
    米全国中毒データシステム(NPDS)によると、イベルメクチンが原因の中毒症状事例は全米で8月に459件だった。7月の133件から急増している。また2020年8月は58件、2019年8月は42件だった。
    全米疾病対策センター(CDC)は8月末、7月から人間のイベルメクチン使用に関連して全米各地の中毒センターへの相談が急増し、7月の相談件数が従来の5倍以上に増えたと、注意を呼びかけた。
    「有害反応の頻度が増加し、病院を訪れたり、救急治療を必要とする件数も増えている」とCDCは指摘していた。
    一方、新型ウイルスワクチンの効果に否定的なアメリカの著名ポッドキャスト司会者のジョー・ローガン氏は今月1日、ウイルス検査で陽性と判定され、イベルメクチンを服用していると明らかにした。
    オクラホマ州では
    オクラホマ州のジェイソン・マケリア医師は、同州の複数の病院で、イベルメクチンを過剰摂取した人たちが救急手当を必要として、医療機関に負担をかけていると警鐘を鳴らしている。
    「この薬に処方箋(しょほうせん)が必要なのには理由がある。(服用を誤ると)危険な場合があるからだ」と、マケリア医師はBBCに述べた。
    医師は、「数人」がイベルメクチンを過剰摂取したことで、COVID-19患者の急増ですでに疲弊している病院スタッフの負担を増やしていると述べた。
    同氏は先週、地元放送局KFORに対し、イベルメクチンを服用した人が嘔吐や筋肉痛、人によっては視力低下などの症状で病院を訪れていると述べ、「不適切な量を服用して、COVID-19よりも深刻な状態になった人もいた」と語っていた。

  7. 【6488381】 投稿者: 痒いの痒いの  (ID:TC7j.57rjlo) 投稿日時:2021年 09月 19日 15:43

    疥癬は、メスの成虫が卵を産むために、人の手首や手のひら、指の間や指の側面、肘、脇の下、足首や足の裏、男性の外陰部などに疥癬トンネルと言われる横穴を掘って、そこに卵を産みつける。この疥癬トンネルと赤いブツブツが通常疥癬の特徴的な症状である。赤いブツブツはお腹や胸、脚や腕にできることが多く、強いかゆみを感じる。

  8. 【6488386】 投稿者: つづき  (ID:MYtZHc0A6IY) 投稿日時:2021年 09月 19日 15:47

    BBC記事の続きです。素人の馬鹿げた信じ込みは怪我のもとです

    >マケリア医師の発言以降、同医師が勤務する医療グループが医療スタッフを提供する地域の病院のひとつが、イベルメクチン使用に関する合併症の患者を治療したことはないとコメント。オクラホマ州サリソーのノースイースタン・ヘルス・システム・セコヤは声明で、「当院は救急治療を必要とする患者を、追い返す羽目になったことはない」と述べた。
    マケリア医師はKFORに、イベルメクチンの過剰摂取患者が病院に押し寄せていることで、「発砲被害者が必要な治療を受けられる施設になかなかたどりつけずにいる」と述べた。BBCはこの発言内容を独自に確認できていない。
    アメリカではオクラホマなど複数の州で、従来株より感染力の強いデルタ株の感染が拡大している。
    オクラホマ州のスティルウォーター医療センターに勤務するマシュー・ペイン医師は、イベルメクチンを服用した患者を診ることはよくあると、1日付の米紙ワシントン・ポストに話していた。
    「具合が悪くなって病院に来る羽目になった人たちは、驚いてショックを受けている。『どうしてこんなに具合が悪いのか分からない。イベルメクチンを飲んでいたのに』とその人たちは言うので、私は『あれを飲んでも良くならないんですよ』と説明する」のだと、ペイン医師は話していた。
    オクラホマ州の過去1週間の新規感染者数は、1万8438人に上った。
    (英語記事 Don't take horse dewormer for Covid, doctor pleads)

学校を探す

条件を絞り込んで探す

種別

学校名で探す