最終更新:

3691
Comment

【7183209】中央大学法学部は都心移転によりどこまで復活するか?

投稿者: 英吉利法律学校   (ID:8XHqioRyTos) 投稿日時:2023年 04月 19日 10:36

みなさんの予想はどうですか?

私は、
出身学部別での司法試験合格者数は1位。
予備試験合格者数では2位。
国家公務員総合職の合格者数では早慶を抜いて1位。
民間は今より良くなる。
偏差値は普通に早慶上位レベルまで上がる。

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

  1. 【7417306】 投稿者: 名無し太郎  (ID:/91OwthMBag) 投稿日時:2024年 02月 28日 15:00

    2023年度(令和5年度)予備試験の合格者発表で、東大が初の百人越えの103人となった
    さすがは東大だが、昨年度、二年続いていた81人から21人減の60人に減少した分を呼び戻したとも言えるかもしれない。
    来年も果たして百人台を維持出来るのか、最近の平均値の80人に戻るのか注目したい。

    2位以下は慶応46人(+32) 京都26(+8)  中央25人(+11) 早稲田22人(0) 一橋10(−2) 大坂9(+2) 明治7(+4) 東北4人(−1) 九州4人(+2) 同志社3人(+2)
    千葉3人(+2) 北海道2人 上智2人 立教2人 名古屋2人 日本2人 東京医科歯科2人
    以下1人が10校

    慶応が昨年の11人から4倍増の46人になった。
    中央は11人増で伸びの無かった早稲田を上回った。
    明治も健闘して八位に付けた。
    茗荷谷の新しい人材を得ての中央法学部の今後の慶応追伸に期待したい。

  2. 【7417311】 投稿者: 一橋京大東大  (ID:GmeWhO4bxV6) 投稿日時:2024年 02月 28日 15:29

    今後は、大学4年から法科大学院で在学既修合格狙うのと、予備試験ルートとどっち選ぶのかね。

    一橋・京大・東大だと、予備試験ルートの司法試験合格率と大差ないんだよね。


    ◯2023年 司法試験 法科大学院別合格率【在学既修 3名以上】

    ** 予備試験 92.6%(327/353)
    03 一橋大学 90.0%(*54/*60)
    04 京都大学 82.7%(*86/104)
    05 東京大学 76.9%(*83/108)
    --
    06 大阪公立 75.0%(**3/**4)
    07 慶應義塾 72.3%(*86/119)
    08 岡山大学 71.4%(**5/**7)
    09 名古屋大 70.4%(*19/*27)
    ********
    <ロー在学中資格既修者の平均 63.3%(*578/*913)>
    ********
    10 中央大学 62.0%(*44/*71)
    11 神戸大学 61.9%(*26/*42)
    12 北海道大 60.0%(*12/*20)
    13 早稲田大 58.0%(*76/131)
    14 創価大学 57.1%(**4/**7)
    15 大阪大学 53.2%(*25/*47)
    16 同志社大 52.6%(*10/*19)
    17 上智大学 50.0%(**4/**8)
    18 東北大学 45.5%(*10/*22)
    20 九州大学 35.3%(**6/*17)
    25 明治大学 26.3%(**5/*19)
    26 日本大学 22.2%(**4/*18)
    27 都立大学 16.7%(**3/*18)

  3. 【7417446】 投稿者: 名無し太郎  (ID:/91OwthMBag) 投稿日時:2024年 02月 28日 20:21

    先に述べたように、今は法曹コースで4年を待たずに3年生から飛び級で法科大学院に進学し、そのニ年目に司法試験受験ができるようになった。
    最短5年で合格できる。
    予備試験は相変わらず狭き門で、2023年度も受験者数1万3372人で最終合格者479人、合格率3.58%、2百人に7人しか受からない。

    他方、中低のローを含めた法科大学院全体の累計合格率は56%。二人に一人は司法試験に合格している。
    東大、京都、一橋、慶応、中央、早稲田、神戸、大阪の主要8ローの累計合格率は75%。これは合格率がより低い未修を含めての数字である。
    既修に限れば、当然9割以上の合格率であろう。。
    法曹コース3年飛び級の学生は更に優秀と見られる。
    在学中に合格する超優秀な学生は別として、確実性から難関の予備試験一本より、法曹コース5年を選んだほうが安心であろう。

    中央法学部の3年次飛び級ロー進学者は一昨年47人、去年44人と他校より飛び抜けている。
    4年生になると早いさよならで、それだけの人数がいなくなるのだから、皆はどう思うのか。

  4. 【7417609】 投稿者: 名無し太郎  (ID:iqhE3O/xNPA) 投稿日時:2024年 02月 29日 06:00

    昨年12月に発表された、この四月からの2024年度の東大ロー入試の合格者数は昨年度より四人多い244人。
    東大法科大学院の定員は、既修165人、未修65人の230人だ。
    法曹コース一貫型50人定員に56人(昨年度比+13)開放型60人の定員に69人(+28)の合格者が出た。定員110人に125人の合格者数である。
    正に東大ローの法曹コースの大集客の体だ。
    実は昨年度も東大ローは定員割れしている。
    流石に天下の最高峰、定員の一割増にも届かない合格者数が基礎にあるが、合格しても入学しない学生がいるためだ。
    その大半は、予備試験に合格したため進学する必要がなくなったためであろう。
    昨年度の5割増41人人増しで法曹コースの定員を15人超えた合格者だが、入学者数は定員内に収まるかもしれない。
    それにしても既修定員165人から法曹コース両型の
    110人を引けば、一般既修枠は55人いかないことになる。
    総定員に対する法曹コース定員を5割以下にするという規則でもあるのか。
    仮に東大ローが法曹コース定員を特に開放型を増やして既修定員一杯にしたら、他大学の法曹コース学生はことごとく吸い取られてしまいかねない。
    ただでさえ、開放型が昨年度比28人増の69人と知らされて、特に頭が痛いのは流出に悩む中央法学部だろう。
    昨年度の法曹コースのロー進学者64人の内、中央ロー一貫型進学者は16人、その3倍の48人が東大ローなどに行った。
    何年も続いたその後八年祟る大失策の後遺症からやっと抜けかけた中央ロー、昨年は回復の兆しを見せたところだが、今年の司法試験で更に進展を示して、中央法学部生に遺留の働き掛けをするしかあるまい。

  5. 【7418225】 投稿者: 名無し太郎  (ID:PUi8n7laoys) 投稿日時:2024年 03月 01日 09:03

    令和4年度法曹コース修了者数 その進路(昨年2023年4月)
    中央大学66人(3年次44 4年次22)
     進学者64人 一貫型16 開放型へ48人
    早稲田大学41人(10 31)
     進学者35人 一貫型23人 開放型へ12人
    慶応大学23人(23 0) 
     進学者23人 一貫型21人 開放型へ2人

    法政大学14人(7 7)
     進学者9人 一貫型6人 開放型へ3人
    明治大学10人(4 6) 
     進学者8人 一貫型6人 開放型へ2人

    昨日書いたが気になるのは中央法学部の法曹コースの進路だ。一貫型16人に対して3倍の48人という飛び抜けた開放型への数字だ。
    何処へ行ったのか。まずは慶応ローかと思いきや、慶応ロー開放型への進学者は総数で11人しかいない。
    その内訳は中央の他3校だ。そうすると最大でも8人になる。ざっとまだ約40人は残っている。
    やはり中心は東大ローであろう。
    開放型の合格者41人中37人が入学した。
    一橋ローは何故か開放型を設置していないため0だ。一橋大学は法曹コース修了者18人で一貫型へ14人。
    残るは早稲田ローだ。開放型で21人の進学者があった。 しかし、その大半は他大学生であろう。
    元々、慶応ローにはかなり流れて来たが、早稲田ローへは少なかった。
    更に中央法科大学院は手厚い奨学金を導入していて、学費相当全額130万円給付を当該年度、最大20人に、半額65万円給付を当該年度、最大150人に給付するようになっている。
    やはり目指すは東大ローなのだろう。因みに東大ロー、一橋ローの授業料は80万4千円である。
    慶応ローは在籍料30万円、授業料112万円、施設設備費19万円の計161万円で東大ローの2倍だ。

  6. 【7418422】 投稿者: 名無し太郎  (ID:uAMQB03QYHo) 投稿日時:2024年 03月 01日 14:43

    ヤフーニュース[AО推薦で入った奴はバカ]一般受験以外は認めない人の言い分。プレジデントオンライン。
    佐々木麟太郎選手がスタンフォード大学に四年間約5千万円の学費全額免除でスポーツ推薦で入学するという驚きのニュースへの波紋。
    TBS役員の安住アナのラジオでの発言が紹介されている。[指定校推薦で進学された皆さんと、AО入試で進学された皆さんに対しての気持ちは少しわだかまりがある]
    [指定校やAОの皆さんがそれぞれの努力をしたということは私も知っていますけれど、私自身の心の中では自分と一緒ではないというふうな気持ち]

    [今ここで、一般受験で苦しんでいる諸君がいるならば、社会に出た時にちゃんと一般受験の門をくぐって来た先輩たちが、そういう指定推薦組には若干の意地悪をしているから大いに今日頑張って]と述べたという。

    帯広柏葉高校から一浪(代ゼミ札幌高)後に明治大学文学部に合格した安住アナ。
    余程、苦しい思いをして今も引きずっているのか。

    記事は、しかし、そうした思考は時代遅れと言えるだろうとし、20年以上前の認識だとしている。
    今や、私立大学の入試の一般選抜は半々の5割だと。

  7. 【7418461】 投稿者: そもそも  (ID:7DdtgWw88Jg) 投稿日時:2024年 03月 01日 15:54

    シブンなんて自慢できるような、人様に見せられるような大した一般入試なんてやってないんだし、別にAOだろうが推薦だろうがけん玉だろうが裏口だろうが、どうでもいいと思うんだけど

    ばかばかしい

  8. 【7418477】 投稿者: でも  (ID:Avl6lFtld6c) 投稿日時:2024年 03月 01日 16:14

    受験科目数や学費しか自慢がない国立文系と比較したら中央法はマシなんじゃない。

    北大法とか中央法に蹴られているみたいだし。

    国立法学部でジブンに司法試験とかで負けている大学は存在価値ないよね。

    なんたってシブン未満なんだから。

あわせてチェックしたい関連掲示板

学校を探す

条件を絞り込んで探す

種別

学校名で探す