最終更新:

7685
Comment

【6388832】ワクチン打ちたくない

投稿者: 困る母   (ID:gPzm4wi.29E) 投稿日時:2021年 06月 26日 19:48

テレワーク中の子供と主人の三人暮らしです。もし接種券が届いても
打ちたくない、と思っています。
主人は反対に打つ気満々です。テレワークで外出もありません。
今までの生活をこのまま続けられる環境です。

夫婦で意見が違っていて困っています。
皆さんのご家庭ではどのような感じですか?

もし良かったら教えてください
お願いいたします

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

  1. 【6438149】 投稿者: そうなんですか?  (ID:F7cF.q3z.Lk) 投稿日時:2021年 08月 08日 14:28

    >現状、ワクチンを打たない人がウィルスの強毒化を促している。

    どういうメカニズムでそうなるのか、素人でもわかるように教えていただけないでしょうか?

  2. 【6438152】 投稿者: ということは  (ID:TWgJU5C.Wt2) 投稿日時:2021年 08月 08日 14:28

    他の区は50%は接種しているということでしょうか。

    少なくとも東京圏はオリンピックもあるので
    もっと集中して希望者には接種できるシステムも必要だったのかなと。

  3. 【6438188】 投稿者: なんかなぁ  (ID:CFPeVxO31u2) 投稿日時:2021年 08月 08日 15:12

    >スペイン風邪……ワクチンが無い時代の話。

    ジェンナーがワクチンを作ったのが1796年。
    スペイン風邪は1918年から1920年。

  4. 【6438213】 投稿者: なんかなあ  (ID:fnlNbdxgJwg) 投稿日時:2021年 08月 08日 15:34

    スペイン風邪でどれだけワクチン打ったのかご存知なの?

  5. 【6438236】 投稿者: 難しい  (ID:jK1LHzTPDEQ) 投稿日時:2021年 08月 08日 15:56

    スペイン風邪では全世界で2000万~4000万人の死者が出たといわれているけれど、当時はインフルエンザウイルスを分離する技術は確立していなかったのでワクチン作成どころか正体もわからなかったと思います。

  6. 【6438246】 投稿者: 難しい  (ID:tDZU2e8Np7o) 投稿日時:2021年 08月 08日 16:03

    さらに言えば、当時は細菌学が発達した時期であったのでスペイン風邪で死亡した人から混合感染した細菌が数種分離され、そのうちのメジャーなものがインフルエンザ菌という名前をつけられました。
    当時は電子顕微鏡もなく、鶏卵や培養細胞でウィルスを増やす技術もなかったのではないかな。

  7. 【6438263】 投稿者: スペイン風邪  (ID:LSQ6fI5zeGk) 投稿日時:2021年 08月 08日 16:20

    ウィルスは細胞分裂によって増える。つまりワクチンによる抗体がなく保菌期間が長くなるほど変異体も増える。1人の体内の中でもウィルスは変異を起こし、その中で感染力の強い(強毒化した)ウィルスが拡大することで死者が増える。つまりワクチンを打たない人は強毒化したウィルスの宿主になって周りの人を殺しかねない。

    政府や専門家はワクチン打たない人は「人殺しだ」なんて言えないからね。もどかしいところだろうね。

  8. 【6438282】 投稿者: スペイン風邪  (ID:LSQ6fI5zeGk) 投稿日時:2021年 08月 08日 16:33

    感染症対策で最も大事なことは「死者を出さない」こと。
    専門家の話はそこから逆算されて出てくるので、
    一般の人が感染者が増えた→大変ではなく、
    死に至る重症患者が増えた→大変、
    と考えてるところに認識の差が生じてる。

    政府専門家にとっては感染者数が増えても、重症化せず死者も増えないなら
    どうでもいい話なわけで。

    だから、日本ではPCR検査なんかより、重症者の救命に特化した対策が
    取られた。そして日本のそれは成功した。
    先進国の死者数を見れば明らかなんだけどマスコミは決してそう言わない。

あわせてチェックしたい関連掲示板

学校を探す

条件を絞り込んで探す

種別

学校名で探す