最終更新:

2537
Comment

【5042232】神奈川県の公立が壊滅状態なのは

投稿者: 財務省理財局   (ID:FKqmRdvQ6.E) 投稿日時:2018年 06月 30日 13:10

東京都は多少盛り返しているのに対し、神奈川県はいまだ革命ならず。
湘南高校は?厚木高校は?

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

  1. 【5445871】 投稿者: 東都大学野球  (ID:XfQdUNzPubA) 投稿日時:2019年 05月 22日 12:55

    世田谷のスポーツ推薦で東都大学野球の駒澤大のスポーツ推薦は殆どいません。
    他の水泳、空手も同様です。日大や芝浦工大に進学しているのも説明が
    つきません。

  2. 【5446098】 投稿者: でも  (ID:GoClaEEmTlk) 投稿日時:2019年 05月 22日 16:50

    十分恵まれていませんか?
    神奈川大も東海大も大学関係者に聞くには地方では上位県立に広報に行く有名大学です。神奈川県や都内では私立中高では門前払い、中堅県立や中学のない中堅私立高校に広報に行くそうです。要は全然レベルが違うんです。

    首都圏で私立中高から上位大学~難関大を目指すこと自体が特殊と言えば特殊。
    上手く棲み分けているということで終了にしませんか??いい加減

  3. 【5446590】 投稿者: そうですね  (ID:nUfj0y7Bd0E) 投稿日時:2019年 05月 23日 05:56

    伝家の宝刀、
    棲み分けマンが登場した事ですし
    ここらで終了です。

  4. 【5457823】 投稿者: 通りがかり  (ID:hJM.15olDAo) 投稿日時:2019年 06月 02日 02:09

    神奈川公立出身だけど自分の同級生で子供を母校に進学させたって聞かないですね。みんな中高一貫校。寂しいですが、、、

  5. 【5457888】 投稿者: 最上位って…  (ID:CxfGgYMB4q2) 投稿日時:2019年 06月 02日 06:52

    おっしゃっている高校がどこだか分かります。ドラマのロケでも使われましたね。
    子供が通ってますけれど、現在は中学の最上位層が通う高校では無いですよ。
    それでも進学実績はおっしゃっているほどは酷く無いですよ。
    中学でヤンキーの妨害とか生徒会を頑張ってとありますが、なんの話でしょう。そんな妨害とか全くありませんでしたし、現在内申点に生徒会活動って関係無い思います。

    最上位層が行く高校…古き良き時代の話でしょうね。

  6. 【5457956】 投稿者: 実感  (ID:ZaNCil9e67A) 投稿日時:2019年 06月 02日 08:36

    確かに最上位は湘南や慶應でしたね。一人も出ない中学もありますが受かれば塾の広告にデカデカと出るのでわかりますよ。まぁこの高校も地元では最上位と言ってもいいのでは?進学実績も酷くはないけど良くはないですね。女子に限れば中堅一貫女子校のがいいくらいです。私立の場合は金の力(私立医学部の学費出せる医者の娘が多いとかそういう意味)ってこともありますが…

    妨害が全くないってどこの公立中学が知りませんけどそこそこの大規模中学なら相変わらず荒れてますよ。その割合は中学ごとに違うがもしれませんが…〇〇町の僻地の小規模校とかだと人数的に荒れてるとかの状況になりようがなく皆仲良し!みたいな雰囲気もありますが成人式とか凄いのいますよね(笑)高校に行ってハジける人がいるんだろうなぁ。

  7. 【5458067】 投稿者: 同じです  (ID:yH.Y/ZZIVKA) 投稿日時:2019年 06月 02日 10:42

    ご指摘の通りです。私もYSのOBですが、自分の子供は躊躇なく県内の中高一貫校に進学させました。神奈川県の公立高校の良し悪しではなく、公立中学校に絶対に行かせたくなかったというのが唯一の理由でした。公立を回避した皆さんは殆ど同じじゃないですか?

  8. 【5458120】 投稿者: 草食化  (ID:VUvUQshcOSE) 投稿日時:2019年 06月 02日 11:27

    公立中が荒れていたのは、少し前までのこと。
    最近は、草食化、無気力化が激しいですよ。

    これは、神奈川に限ったことではないけれど、ツッパるほど尖がれる中学生は絶滅危惧種です。
    全国の公立高校入試で、内申点を選抜基準に取り入れているのは、「荒れる中学」をコントロールするためと言われていましたが、ここまで若者たちがスポイルされて、無気力なっている状況では、有名無実化しています。
    少子化で、学校さえ選ばなければ高校には全員行ける状況が続いていますし、そもそも教育意欲がない子は上位の高校に進みたいとさえ思っていないので、学校の成績を上げようとする意志もないでしょう。

    「荒れる中学」・・もうイメージやフィクションの世界にしかないのかもしれません。
    青少年の犯罪件数も右肩下がりです。
    もちろん、少子化だから件数が減るのは当然なのですが、犯罪件数だけでなく犯罪率もやはり右肩下がり。

    犯罪だけでなく、神奈川県だけを見ても、平成18年には年間9923人だった少年の検挙・補導件数も、平成29年には、2814人に減って、この12年間で実に76.8%の減少なのです。

    もちろん、犯罪・補導が減るのはいいことですが、表裏で考えなければならないのは、青少年の無気力化。
    中学受験がいいか、高校受験がいいか、という議論以前に、青少年の無気力化が日本の将来に大きな影を落としていることを考えなければいけないでしょう。
    中学受験をしても、高校受験をしても、中学生の草食化、無気力化は大きな違いはないでしょう。

    何となく、皆さんが古いイメージのままで議論しているように見えましたので、現状を書かせていただきました。

あわせてチェックしたい関連掲示板