最終更新:

11534
Comment

【4293289】眞子様の彼氏 出自は?

投稿者: 半蔵門   (ID:r0n/dY7VKxo) 投稿日時:2016年 10月 20日 17:01

彼氏の育ちが気になります。
やはり学習院育ちのお坊ちゃまなのでしょうか。

一体どこで知り合われたのでしょうか。
皇族と接点があること自体凄いことです。

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

  1. 【4887548】 投稿者: ため息  (ID:pHzs7l.rmiA) 投稿日時:2018年 02月 16日 08:32

    おおかたの週刊誌では、「事実上の破棄」という意見が大勢のようです。

    肝心なのは、ご本人の眞子様が、まだ結婚の意思を捨てきれていないとはいえ、今回の借金問題に大変なショックを受けているということ。(今まで何も話してくれなかったK氏への不信感の芽生えと、皇室に迷惑をかけてしまったことへの後悔の念)
    たぶんK氏は、出会った時から眞子様が自分にぞっこんなのを過信して、全ては眞子様の愛情で乗り越えられると計算していたのでしょうが、甘すぎましたね。

    それにしても、皇室・宮内庁が皇族の結婚という大事に際して、一番最初の段階で民間の興信所でもできるような調査をなぜしなかったのかということが悔やまれてなりません。徹底的に身辺調査していればわかったはず。ガードが緩すぎます。

  2. 【4887561】 投稿者: 母親は  (ID:ZUyIvQWhlo.) 投稿日時:2018年 02月 16日 08:38

    >皇室はサポートする側でなくサポートされる側なのに、わからないのかな。

    婿入り(皇室の一員)すると思っていたんじゃないの?あちらの方だから王室と間違えていたのでは?まさか、女性は結婚すると皇室離脱しないといけないこと知らないんじゃないの?今でも。

  3. 【4887565】 投稿者: 国籍ロンダリング  (ID:ZjlItzl02GE) 投稿日時:2018年 02月 16日 08:40

    日本国籍を有する人と婚姻届を出し、
    その相手との子として出生届を出す
    (血がつながっているかどうかは本人のみぞ知る)

  4. 【4887698】 投稿者: 眞子さまの意思  (ID:hnZrJ3Iw.ZY) 投稿日時:2018年 02月 16日 10:06

    箝口令をしけば週刊誌を黙らせることくらいはできるかも知れないけれど、
    それをせずに今に至るというのとは、皇室の方もこの縁談は最初から破談にしたかったのではないかと。
    眞子さまのKへの執着が強かったので頭から却下できなかったと思う。
    秋篠宮さまご夫婦もお付きの人も本人の意思を尊重してお育てして来たでしょうからね。
    「わたしは好きな人とも結婚できないの?」と言って泣かれてたらダメといえないですよね。
    でも一般人でも結婚は遠慮したいお相手だった。
    無職でも皇室のサポートでどうにかなると思っていたんでしょうけど、それが本人の意思だったとしたらおかしい考え方ですよね。

  5. 【4887730】 投稿者: 泣かないで眞子さま、これで良かったよ  (ID:ZUyIvQWhlo.) 投稿日時:2018年 02月 16日 10:26

    週刊誌の見出しにありました。

    おカネがないのは構わない。
    分不相応な生活が問題なのです。

    皇室も庶民も同じなんですね。
    秋篠宮様よろしくお願いします。

  6. 【4887747】 投稿者: どなたかが前に  (ID:KeYm5z5YbVE) 投稿日時:2018年 02月 16日 10:33

    貧乏や不幸は許せても、不誠実は許さない
    と、前にどなたかがおっしゃっていましたが、その通りです。

  7. 【4887748】 投稿者: 多分、眞子さまも…  (ID:RGs8Mf/bTHI) 投稿日時:2018年 02月 16日 10:33

    二年の期限で借金を支払う、定職に着く云々じゃなくて「他人にお金を媚びる」「自立出来きていない」等、そもそも 金銭感覚=家庭環境が違うという事が、周囲の心配から眞子さまも目を覚ましたのじゃないかな?と思います。借金ある無しに関わらず。

    苦労して母子で生活してきた…と言っても、他人なのに援助して頂き、無事 卒業も出来たのですよ。「返済」を言われたら、常識ある人なら必死に少しづつでも返すものでしょう。それが、人としての教養、品格です。それを「贈与」と主張する所に
    小室親子に違和感を抱き、延期を決断されたのでは?
    秋篠宮ご夫婦は、子供たちの育ちを尊重された方です。公開された眞子さまの延期理由も、ご自身でお立場を考慮し、良く考えて書かれたものだと思います。未熟だったと反省し、一方 小室親子に品格と教養を問うものだったと感じています。
    試練ですが、今を乗り越えて 素敵な女性になっていただきたいと思います。

  8. 【4887793】 投稿者: 信憑性  (ID:MlKgm4UeZQQ) 投稿日時:2018年 02月 16日 11:09

    小室母息子の呆れた行状が週刊誌を賑わせているが、一般人では知り得ない
    彼らの行動が、一様に宮内庁関係者談となっているのは、信憑性があると
    考えていいのか。
    破談の方向に持って行きたいので、世論の同意を得たいという目的?
    もし何の情報も漏れることなく、いきなり破談となったら、Kへの同情、
    皇室への批判と繋がりそうなので。

あわせてチェックしたい関連掲示板