最終更新:

3934
Comment

【5042232】神奈川県の公立が壊滅状態なのは

投稿者: 財務省理財局   (ID:FKqmRdvQ6.E) 投稿日時:2018年 06月 30日 13:10

東京都は多少盛り返しているのに対し、神奈川県はいまだ革命ならず。
湘南高校は?厚木高校は?

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

  1. 【6679139】 投稿者: 壊滅??  (ID:mbQBPKZ0e9k) 投稿日時:2022年 02月 19日 01:55

    ■一都三県シェア■東大+0.5京大 現浪合格シェア推移 33年間 ‰
    ○ :大きい11年間
    ▲ :小さい11年間
    無印:その他11年間
    一都三県の合計合格数に占める、各区分の割合を算出。

    ■都県別シェア (一都三県に占める割合 ‰)
    ■年 : 神奈計‰ 東京計‰ 千葉計‰ 埼玉計‰ :計一都三県 
    1989: ○207‰ ▲642‰ ○085‰  065‰  :計1868人○
    1990: ○219‰ ▲616‰ ○098‰ ○068‰  :計1878人○
    1991: ○219‰ ▲634‰ ○087‰  060‰  :計1839人○
    1992: ○227‰ ▲636‰ ○086‰ ▲051‰  :計1950人○
    1993: ○201‰ ▲658‰  081‰  061‰  :計1810人 
    1994: ○200‰ ▲658‰  083‰  060‰  :計1813人 
    1995: ○206‰ ▲657‰  075‰  062‰  :計1820人○
    1996: ○200‰  683‰  071‰ ▲046‰  :計1701人 
    1997:  186‰ ○698‰ ▲067‰ ▲048‰  :計1762人 
    1998: ○220‰  671‰ ▲062‰ ▲048‰  :計1626人 
    1999:  192‰ ○706‰ ▲056‰ ▲046‰  :計1631人 

    2000: ▲170‰ ○711‰ ▲059‰  060‰  :計1536人▲
    2001:  182‰ ○720‰ ▲060‰ ▲038‰  :計1555人▲
    2002: ▲176‰ ○698‰  072‰ ▲054‰  :計1547人▲
    2003: ▲180‰ ○703‰ ▲069‰ ▲047‰  :計1617人▲
    2004: ▲163‰ ○734‰ ▲056‰ ▲048‰  :計1452人▲
    2005: ▲174‰ ○710‰ ▲068‰ ▲049‰  :計1568人▲
    2006:  182‰ ○699‰ ▲069‰ ▲050‰  :計1478人▲
    2007: ▲180‰ ○708‰ ▲060‰ ▲053‰  :計1534人▲
    2008: ▲175‰  682‰  077‰  066‰  :計1427人▲
    2009:  188‰  672‰ ▲063‰ ○078‰  :計1427人▲
    2010:  184‰  676‰  076‰  064‰  :計1561人▲

    2011: ▲178‰  687‰ ▲061‰ ○074‰  :計1595人▲
    2012: ▲179‰  670‰  079‰ ○072‰  :計1713人 
    2013: ▲165‰  678‰ ○085‰ ○072‰  :計1751人 
    2014:  194‰  664‰  075‰ ○067‰  :計1777人 
    2015: ▲174‰  687‰  080‰  059‰  :計1864人○
    2016: ▲172‰  667‰ ○091‰ ○070‰  :計1879人○
    2017:  187‰ ▲659‰ ○092‰  062‰  :計1830人○
    2018: ○199‰ ▲661‰  081‰  059‰  :計1886人○
    2019:  189‰ ▲652‰ ○089‰ ○070‰  :計1894人○
    2020:  186‰ ▲653‰ ○095‰ ○066‰  :計1774人 
    2021:  197‰ ▲636‰ ○094‰ ○072‰  :計1785人 

    ・2000-2011は東京シェアが増加。三県のシェアが減少
    ・この時期、一都三県計は「底」=全国に占めるシェアが低下




    ■一都三県シェア■東大+0.5京大 現浪合格シェア推移 33年間 ‰

    ■高入or中高一貫別の集計 (一都三県に占める割合‰)
    ■年 : 都県公高+学桐 = 都県高入計 :都県一貫‰:一都三県人数
    1989: ○342+105○ = 計447‰○: ▲553‰ :計1868人○
    1990: ○339+113○ = 計452‰○: ▲548‰ :計1878人○
    1991: ○312+109○ = 計421‰○: ▲579‰ :計1839人○
    1992: ○263+114○ = 計377‰○: ▲623‰ :計1950人○
    1993: ○269+112○ = 計381‰○: ▲619‰ :計1810人 
    1994: ○247+100  = 計346‰○: ▲654‰ :計1813人 
    1995: ○221+124○ = 計345‰○: ▲655‰ :計1820人○
    1996: ○194+106○ = 計300‰○: ▲700‰ :計1701人 
    1997:  184+123○ = 計306‰○: ▲694‰ :計1762人 
    1998:  170+114○ = 計284‰○: ▲716‰ :計1626人 
    1999: ▲165+102○ = 計266‰ : ▲734‰ :計1631人 

    2000: ▲160+098  = 計257‰ :  743‰ :計1536人▲
    2001: ▲155+083  = 計237‰ :  763‰ :計1555人▲
    2002: ▲165+095  = 計259‰ : ▲741‰ :計1547人▲
    2003: ▲164+078  = 計241‰ :  759‰ :計1617人▲
    2004: ▲151+096  = 計247‰ :  753‰ :計1452人▲
    2005: ▲148+085  = 計233‰ :  767‰ :計1568人▲
    2006: ▲155+073  = 計229‰▲:  771‰ :計1478人▲
    2007:  165+068  = 計233‰ :  767‰ :計1534人▲
    2008:  170+066  = 計236‰ :  764‰ :計1427人▲
    2009:  172+064  = 計236‰ :  764‰ :計1427人▲
    2010:  170+041▲ = 計211‰▲: ○789‰ :計1561人▲

    2011: ▲158+047▲ = 計205‰▲: ○795‰ :計1595人▲
    2012:  180+037▲ = 計218‰▲: ○782‰ :計1713人 
    2013: ○186+044▲ = 計229‰▲:  771‰ :計1751人 
    2014:  176+037▲ = 計212‰▲: ○788‰ :計1777人 
    2015: ▲158+037▲ = 計195‰▲: ○805‰ :計1864人○
    2016: ▲165+035▲ = 計200‰▲: ○800‰ :計1879人○
    2017:  167+030▲ = 計197‰▲: ○803‰ :計1830人○
    2018: ▲157+030▲ = 計187‰▲: ○813‰ :計1886人○
    2019:  177+026▲ = 計203‰▲: ○797‰ :計1894人○
    2020:  176+019▲ = 計195‰▲: ○805‰ :計1774人 
    2021: ○214+020▲ = 計234‰ :  766‰ :計1785人 

    ・2011-21高入のシェア減少の大部分は、学芸+桐蔭の減少
    ・公立高校シェアは、「底1999-2006」から下げ止まった。(上昇傾向??)
    ・首都圏「山」1889-1995と、都県公立計の「山」1989-1996は重なる傾向?
    ・首都圏「底」2000-2011と、都県公立計の「底」1999-2006は重なる傾向?
    ★生徒数の大半を占める公立が「壊滅」の傾向を示すと、地域全体が減少傾向となる?
    ・2010以降は、高学力生徒の大多数が中高一貫校へ進学する体制下で、公立高校も増加し、首都圏が増加「山」となった。地域全体が増加傾向?




    ■一都三県シェア■東大+0.5京大 現浪合格シェア推移 33年間 ‰

    ■県別 高入高校:中高一貫  ‰
    ■年 :神高入+神一貫 東高入+東一貫  千公高+千一貫  埼公高+埼一貫
    1989: ○139+068▲  ○171+471▲  ○076+009▲  ○060+005▲
    1990: ○143+075▲  ○163+453▲  ○083+015▲  ○063+005▲
    1991: ○139+080▲  ○151+482▲  ○075+011▲  ○055+005▲
    1992: ○129+098▲  ○135+501▲  ○067+019▲   046+005▲
    1993: ○112+089▲  ○147+511▲  ○067+014▲  ○055+006▲
    1994: ○110+090▲   115+543▲  ○070+013▲  ○052+008▲
    1995: ○107+099▲  ○123+534▲  ○062+013▲  ○053+009▲
    1996: ○105+095▲  ▲105+578   ○058+014▲  ▲033+013 
    1997: ○101+086▲  ○118+580   ○047+020▲   040+008▲
    1998: ○111+109   ▲095+575    039+023    039+009▲
    1999:  079+113    114+591○   038+019▲  ▲035+011▲

    2000:  066+104▲   109+602○   035+024   ○048+013 
    2001:  073+109   ▲100+619○   038+022▲  ▲026+012▲
    2002:  069+108▲   109+590○  ○044+027   ▲038+016 
    2003:  064+116   ▲104+600○   039+030   ▲035+013 
    2004:  060+103▲  ○116+618○   036+020▲  ▲035+012▲
    2005:  058+116    108+602○   031+036   ▲037+012 
    2006:  052+130    113+586○   031+038   ▲031+018 
    2007:  054+126    112+595○  ▲028+031    038+014 
    2008: ▲041+133   ○115+567    033+045    047+019 
    2009:  046+141○  ▲106+566    029+033   ○054+024○
    2010: ▲038+146○  ▲102+574   ▲027+049○   044+020 

    2011: ▲034+145○  ▲104+584○  ▲026+034    041+033○
    2012: ▲036+142○  ▲100+571    032+047   ○050+022 
    2013: ▲035+130   ○118+561   ▲029+056○   047+025○
    2014: ▲045+149○   110+554▲  ▲015+061○   043+024○
    2015: ▲040+134    107+580   ▲016+065○  ▲033+026○
    2016: ▲042+130    114+553▲  ▲010+080○  ▲034+037○
    2017: ▲043+144○  ▲105+554▲  ▲015+077○  ▲034+028○
    2018: ▲040+160○  ▲104+557   ▲015+065○  ▲028+031○
    2019: ▲040+149○  ▲106+546▲  ▲015+074○   042+028○
    2020: ▲045+140○  ▲092+561   ▲017+078○   040+026○
    2021:  053+144○   110+526▲  ▲019+075○  ○051+022 

    ※一都三県計は、どの年度も1000‰となる
    ・埼玉中高一貫のシェアが他県に比べ突出して小さい(早慶附属高校の影響?)。
    ・早慶附属高校に高学力生徒が集中すると、東大+0.5京大指標では極めて不利
    ・早慶附属(神奈0+2校 東京3+2校※ 千葉0+0校 埼玉1+1校)※慶応高は東京もカウント




    ■一都三県シェア■東大+0.5京大 現浪合格シェア推移 33年間 ‰

    ■各都県の公立高校の集計(一都三県に占める割合‰)
    ■年 : 神奈公 東京公:  千葉公  埼玉公 :都県公立高‰:都県人数
    1989: ○098  ○108:  ○076  ○060 :計342‰○ :計1868人○
    1990: ○085  ○108:  ○083  ○063 :計339‰○ :計1878人○
    1991: ○084  ○098:  ○075  ○055 :計312‰○ :計1839人○
    1992: ○066  ○084:  ○067   046 :計263‰○ :計1950人○
    1993: ○062  ○085:  ○067  ○055 :計269‰○ :計1810人 
    1994: ○057   068:  ○070  ○052 :計247‰○ :計1813人 
    1995: ○045   061:  ○062  ○053 :計221‰○ :計1820人○
    1996: ○053  ▲051:  ○058  ▲033 :計194‰○ :計1701人 
    1997:  043  ▲053:  ○047   040 :計184‰  :計1762人 
    1998: ○048  ▲045:   039   039 :計170‰  :計1626人 
    1999:  043  ▲049:   038  ▲035 :計165‰▲ :計1631人 

    2000: ▲026  ▲051:   035  ○048 :計160‰▲ :計1536人▲
    2001:  040  ▲050:   038  ▲026 :計155‰▲ :計1555人▲
    2002: ▲034  ▲048:  ○044  ▲038 :計165‰▲ :計1547人▲
    2003: ▲034  ▲057:   039  ▲035 :計164‰▲ :計1617人▲
    2004: ▲031  ▲049:   036  ▲035 :計151‰▲ :計1452人▲
    2005: ▲028  ▲052:   031  ▲037 :計148‰▲ :計1568人▲
    2006: ▲034  ▲058:   031  ▲031 :計155‰▲ :計1478人▲
    2007: ▲035   064:  ▲028   038 :計165‰  :計1534人▲
    2008: ▲031   060:   033   047 :計170‰  :計1427人▲
    2009:  037  ▲051:   029  ○054 :計172‰  :計1427人▲
    2010: ▲032   066:  ▲027   044 :計170‰  :計1561人▲

    2011: ▲026   064:  ▲026   041 :計158‰▲ :計1595人▲
    2012: ▲032   066:   032  ○050 :計180‰  :計1713人 
    2013: ▲033  ○077:  ▲029   047 :計186‰○ :計1751人 
    2014:  041  ○077:  ▲015   043 :計176‰  :計1777人 
    2015:  035   074:  ▲016  ▲033 :計158‰▲ :計1864人○
    2016:  040  ○082:  ▲010  ▲034 :計165‰▲ :計1879人○
    2017:  042   076:  ▲015  ▲034 :計167‰  :計1830人○
    2018:  037   076:  ▲015  ▲028 :計157‰▲ :計1886人○
    2019:  039  ○081:  ▲015   042 :計177‰  :計1894人○
    2020:  045   074:  ▲017   040 :計176‰  :計1774人 
    2021: ○052  ○092:  ▲019  ○051 :計214‰○ :計1785人 

    ■2011-21
    ・神奈公立高校シェアは「底」の1.5倍に回復。
    ・東京公立高校シェアは「底」の2倍に回復。
    ・千葉公立高校シェアは減少傾向 「底」
    ・埼玉公立高校シェアは減少「底」になり、2021は1.5倍弱に回復?
    ・一都三県公立高校シェアは、下げ止まったものの、200‰程度で推移しており、「公立高校復活!」と言えるほどではない?

  2. 【6679142】 投稿者: 壊滅??  (ID:mbQBPKZ0e9k) 投稿日時:2022年 02月 19日 02:13

    一都三県は人口が異なるので、人口比で補正したシェアを算出した
    合格数÷各都県人口 のシェア
    (各都県の人口1000万人など同じだとした数値)

    ○ :大きい11年間
    ▲ :小さい11年間
    無印:その他11年間

    1992:1989-92の4年間平均
    2021:2018-21の4年間平均

    ■一都三県 人口補正シェア ■東大+0.5京大 合格数現浪計4年移動平均推移 33年間

    ■都県別シェア (一都三県に占める人口補正割合 ‰)
    ■年: 神奈計‰  東京計‰  千葉計‰  埼玉計‰ :計一都三県 
    1992: ○271‰   531‰  ○158‰  ○094‰ :計1883人○
    1993: ○267‰   535‰  ○155‰  ○091‰ :計1869人○
    1994: ○259‰   545‰  ○147‰   087‰ :計1853人○
    1995: ○254‰   553‰  ○141‰   087‰ :計1848人○
    1996: ○244‰   564‰   134‰   085‰ :計1786人 
    1997: ○239‰  ○571‰   127‰   080‰ :計1774人 
    1998: ○244‰  ○570‰   118‰  ▲075‰ :計1727人 
    1999: ○238‰  ○578‰  ▲109‰  ▲068‰ :計1680人 
    2000: ○228‰  ○581‰  ▲104‰  ▲073‰ :計1639人 
    2001:  225‰  ○582‰  ▲100‰  ▲069‰ :計1587人 

    2002:  210‰  ○583‰  ▲103‰  ▲071‰ :計1567人▲
    2003:  205‰  ○577‰  ▲108‰  ▲071‰ :計1564人▲
    2004:  202‰  ○576‰  ▲106‰  ▲066‰ :計1542人▲
    2005: ▲198‰  ○569‰  ▲110‰  ▲070‰ :計1546人▲
    2006: ▲199‰   565‰  ▲108‰  ▲069‰ :計1528人▲
    2007: ▲197‰   561‰  ▲104‰  ▲070‰ :計1508人▲
    2008: ▲199‰   545‰   111‰  ▲076‰ :計1501人▲
    2009:  202‰   532‰  ▲109‰   086‰ :計1466人▲
    2010:  201‰   525‰   111‰   091‰ :計1487人▲
    2011: ▲200‰  ▲516‰  ▲111‰  ○098‰ :計1502人▲

    2012:  201‰  ▲512‰   113‰  ○100‰ :計1574人▲
    2013: ▲194‰  ▲512‰   122‰  ○098‰ :計1655人 
    2014: ▲197‰  ▲507‰   121‰  ○098‰ :計1709人 
    2015: ▲195‰  ▲504‰   129‰  ○093‰ :計1776人 
    2016: ▲193‰  ▲499‰   133‰  ○092‰ :計1818人 
    2017: ▲198‰  ▲491‰  ○136‰   089‰ :計1837人○
    2018: ▲200‰  ▲486‰  ○137‰   086‰ :計1865人○
    2019:  203‰  ▲476‰  ○141‰   089‰ :計1872人○
    2020:  207‰  ▲471‰  ○142‰   088‰ :計1846人○
    2021:  209‰  ▲463‰  ○143‰  ○091‰ :計1834人○

    ・人口補正 神奈2:東京5:千葉1.5:埼玉1(2012-21概数)

    ■人口補正無 2012-2021平均 ‰
    平均1: 神200‰ 東492‰ 千132‰ 埼92‰ 




    ■一都三県 人口補正シェア ■東大+0.5京大 合格数現浪計4年移動平均推移 33年間

    ■県別 高入高校:中高一貫  (一都三県に占める人口補正割合 ‰)
    ■年: 神高入+神一貫  東高入+東一貫  千公高+千一貫  埼公高+埼一貫
    1992: ○171+100▲  ○130+401▲  ○134+024▲  ○086+008▲
    1993: ○161+105▲  ○125+409▲  ○129+026▲  ○083+008▲
    1994: ○150+109▲  ○116+430▲  ○122+025▲  ○078+009▲
    1995: ○140+114▲  ○110+442   ○115+026▲  ○077+010▲
    1996: ○132+113▲  ○104+459   ○111+023▲  ○072+013▲
    1997: ○128+111▲  ○098+473   ○102+026▲  ○066+014▲
    1998: ○127+116▲  ○093+477○  ○089+029▲   061+014▲
    1999: ○118+119▲  ○091+487○  ○078+032▲   053+015▲
    2000: ○107+121▲  ○091+490○  ○068+036▲   058+015▲
    2001:  097+128    087+495○   063+037▲  ▲053+016▲

    2002:  084+127▲   089+494○   065+038▲  ▲052+019▲
    2003:  079+127    086+491○   065+043   ▲052+019 
    2004:  077+125▲   086+489○   065+041   ▲048+019 
    2005:  072+127    087+482○   062+047   ▲051+019 
    2006:  067+132    087+478○   057+051   ▲049+020 
    2007:  063+134    088+472    052+052   ▲050+020 
    2008:  058+141    087+458    050+061    054+022 
    2009:  054+148    086+446    049+059    060+026 
    2010:  050+152    083+441    047+064   ○064+027 
    2011: ▲044+156○  ▲081+436   ▲046+065   ○064+034 

    2012: ▲042+158○  ▲078+435   ▲046+066   ○065+034○
    2013: ▲039+155○  ▲080+432   ▲046+075○   063+035○
    2014: ▲041+156○  ▲081+426▲  ▲041+080○   063+036○
    2015: ▲043+152○  ▲081+423▲  ▲037+092○   059+033 
    2016: ▲044+149   ▲083+416▲  ▲028+105○   054+038○
    2017: ▲046+152   ▲080+411▲  ▲022+114○  ▲049+039○
    2018: ▲045+155○  ▲078+408▲  ▲023+115○  ▲044+042○
    2019: ▲044+159○  ▲078+399▲  ▲022+118○  ▲047+042○
    2020: ▲045+162○  ▲073+398▲  ▲025+117○  ▲049+039○
    2021: ▲048+161○  ▲074+390▲  ▲027+116○   054+037○





    ■一都三県シェア ■東大+0.5京大 合格数現浪計4年移動平均推移 33年間
    (一都三県合計のため、人口補正は行っていない)
    ■年 : 都県公高+学桐 = 都県高入計: 都県一貫‰:一都三県人数
    1992: ○314+110○ = 計424‰○: ▲576‰ :計1883人○
    1993: ○296+112○ = 計407‰○: ▲593‰ :計1869人○
    1994: ○273+108○ = 計381‰○: ▲619‰ :計1853人○
    1995: ○250+112○ = 計362‰○: ▲638‰ :計1848人○
    1996: ○233+111○ = 計344‰○: ▲656‰ :計1786人 
    1997: ○212+113○ = 計325‰○: ▲675‰ :計1774人 
    1998: ○193+116○ = 計310‰○: ▲690‰ :計1727人 
    1999: ○178+110○ = 計290‰○: ▲710‰ :計1680人 
    2000:  170+107○ = 計279‰○: ▲721‰ :計1639人 
    2001: ▲162+097  = 計262‰ : ▲738‰ :計1587人 

    2002: ▲161+091  = 計255‰ : ▲745‰ :計1567人▲
    2003: ▲161+084  = 計249‰ :  751‰ :計1564人▲
    2004: ▲159+083  = 計246‰ :  754‰ :計1542人▲
    2005: ▲157+083  = 計245‰ :  755‰ :計1546人▲
    2006: ▲155+078  = 計238‰ :  762‰ :計1528人▲
    2007: ▲155+075  = 計236‰ :  764‰ :計1508人▲
    2008: ▲159+067  = 計233‰ :  767‰ :計1501人▲
    2009: ▲165+062  = 計233‰ :  767‰ :計1466人▲
    2010:  169+054  = 計228‰ :  772‰ :計1487人▲
    2011:  167+049▲ = 計221‰▲:  779‰ :計1502人▲

    2012:  170+042▲ = 計217‰▲:  783‰ :計1574人▲
    2013:  174+038▲ = 計216‰▲: ○784‰ :計1655人 
    2014:  175+037▲ = 計216‰▲: ○784‰ :計1709人 
    2015:  175+034▲ = 計213‰▲: ○787‰ :計1776人 
    2016:  171+034▲ = 計209‰▲: ○791‰ :計1818人 
    2017: ▲166+030▲ = 計201‰▲: ○799‰ :計1837人○
    2018: ▲162+029▲ = 計195‰▲: ○805‰ :計1865人○
    2019:  166+026▲ = 計197‰▲: ○803‰ :計1872人○
    2020:  169+023▲ = 計195‰▲: ○805‰ :計1846人○
    2021: ○180+020▲ = 計204‰▲: ○796‰ :計1834人○

    ・5年程の期間ならば、都県公立高校計と学芸桐蔭は概ねゼロサムと見なすことができる
    ・しかし、10年単位では、高入内でのゼロサムは成立せず、中高一貫校とのシェアが変動。
    ■高入割合 / 公立高校割合
    1990年代 400‰~260‰(急減 流出) / 300‰→160‰(急減 流出)
    2000年代 260‰~220‰(減少 流出) / 160‰前後(変化少ない)
    2010年代 220‰~190‰(下げ止まり?)/ 160‰→180‰(増加?)

    ・この期間にどのような、社会変動があったのかは不明だが、公私間の東大京大合格シェアは変動している。




    ■一都三県 人口補正シェア ■東大+0.5京大 合格数現浪計4年移動平均推移 33年間

    ■各都県の公立高校の集計(一都三県に占める人口補正割合 ‰)
    ■年 : 神奈川 東京公:  千葉公  埼玉公:都県公立高‰:都県人数
    1992: ○103  ○083:  ○134  ○086: 計314‰○ :計1883人○
    1993: ○092  ○079:  ○129  ○083: 計296‰○ :計1869人○
    1994: ○083  ○071:  ○122  ○078: 計273‰○ :計1853人○
    1995: ○070  ○063:  ○115  ○077: 計250‰○ :計1848人○
    1996: ○066  ○056:  ○111  ○072: 計233‰○ :計1786人 
    1997: ○060   049:  ○102  ○066: 計212‰○ :計1774人 
    1998: ○057  ▲044:  ○089   061: 計193‰○ :計1727人 
    1999: ○056  ▲041:  ○078   053: 計178‰○ :計1680人 
    2000: ○048  ▲041:  ○068   058: 計170‰  :計1639人 
    2001:  046  ▲041:   063  ▲053: 計162‰▲ :計1587人 
     
    2002:  042  ▲041:   065  ▲052: 計161‰▲ :計1567人▲
    2003: ▲039  ▲042:   065  ▲052: 計161‰▲ :計1564人▲
    2004:  040  ▲041:   065  ▲048: 計159‰▲ :計1542人▲
    2005: ▲036  ▲041:   062  ▲051: 計157‰▲ :計1546人▲
    2006: ▲036  ▲043:   057  ▲049: 計155‰▲ :計1528人▲
    2007: ▲036  ▲044:   052  ▲050: 計155‰▲ :計1508人▲
    2008: ▲036   045:   050   054: 計159‰▲ :計1501人▲
    2009: ▲038  ▲045:   049   060: 計165‰▲ :計1466人▲
    2010: ▲037   046:   047  ○064: 計169‰  :計1487人▲
    2011: ▲035   046:  ▲046  ○064: 計167‰  :計1502人▲

    2012: ▲035   047:  ▲046  ○065: 計170‰  :計1574人▲
    2013: ▲034   052:  ▲046   063: 計174‰  :計1655人 
    2014: ▲037   054:  ▲041   063: 計175‰  :計1709人 
    2015:  039   055:  ▲037   059: 計175‰  :計1776人 
    2016:  041  ○057:  ▲028   054: 計171‰  :計1818人 
    2017:  043  ○057:  ▲022  ▲049: 計166‰▲ :計1837人○
    2018:  042   056:  ▲023  ▲044: 計162‰▲ :計1865人○
    2019:  043  ○057:  ▲022  ▲047: 計166‰  :計1872人○
    2020:  044   055:  ▲025  ▲049: 計169‰  :計1846人○
    2021:  047  ○057:  ▲027   054: 計180‰○ :計1834人○
     
    人口補正シェアの都県公立高校比較
    ・1989-1999 千葉>埼玉≒神奈>東京  千葉・埼玉は公立王国(一都三県内の)
    ・2000-2010 埼玉≒千葉>東京>神奈  千葉・埼玉は公立王国(一都三県内の)
    ・2010-2020 埼玉>東京>神奈>千葉  千葉は公立王国ではなくなった
    ※千葉は、TOP校の千葉などを中高一貫校とした。その結果、公立高校のシェアは低下。
    (高入枠はあるが千葉中などは、本統計で公立中高一貫としている。)

    ※各都県の人口、最終学歴データと、
    東大京大合格数が比例の関係にあると仮定するなら、
    各三県在住者からの東大京大合格者は以下のように仮定できます。
    また、各都県間の流出、流入も以下のように仮定できます。
    (高校に関して一都三県で閉じた1つの通学圏との仮定も行う)

    ■1989-2021 東大+0.5京大合格数平均■都県流出・流入推測
    項目    :  神奈計   東京計   千葉計  埼玉計  :計一都三県 
    実各都県合格:  319人   1143人   127人   100人(33年間平均1688人)
    在住者合格数:  458人    679人   265人   285人(推計在住者合格数)
    流出流入数 : ▲139人    464人  ▲139人  ▲186人(推計の流出、流入数)


    ・この33年間、埼玉は常に、在住者の東大京大合格過半数が県外へ流出
    ・浦和高校が全国有数の公立高校東大合格数のため、県外流出者問題が目立たなかった?
    (浦和高校は男子校であり、他県TOP高校より東大合格数では条件が有利)
    ・これらを無視し浦和をチェリー・ピッキングすることにより、「公立王国」と評されてきた?
    ・2020年前後の公立高校の実態は、神奈川と同程度である。(千葉を上回る)


    ■「神奈川公立高校が壊滅」ならば
    「東京公立高校は 壊滅一歩手前」?
    「埼玉公立高校は 壊滅一歩手前」
    「千葉公立高校は さらにひどい壊滅状態」




    ■一都三県 人口補正シェア ■東大+0.5京大 合格数現浪計4年移動平均推移 33年間
    ■各都県中高一貫校集計(一都三県に占める人口補正割合 ‰)
    ■年:神中一貫 東中一貫  千中一貫 埼中一貫:都県中高一貫‰
    1992: ▲100  ▲401  ▲024  ▲008 : ▲576‰
    1993: ▲105  ▲409  ▲026  ▲008 : ▲593‰
    1994: ▲109  ▲430  ▲025  ▲009 : ▲619‰
    1995: ▲114   442  ▲026  ▲010 : ▲638‰
    1996: ▲113   459  ▲023  ▲013 : ▲656‰
    1997: ▲111   473  ▲026  ▲014 : ▲675‰
    1998: ▲116  ○477  ▲029  ▲014 : ▲690‰
    1999: ▲119  ○487  ▲032  ▲015 : ▲710‰
    2000: ▲121  ○490  ▲036  ▲015 : ▲721‰
    2001:  128  ○495  ▲037  ▲016 : ▲738‰

    2002: ▲127  ○494  ▲038  ▲019 : ▲745‰
    2003:  127  ○491   043   019 :  751‰
    2004: ▲125  ○489   041   019 :  754‰
    2005:  127  ○482   047   019 :  755‰
    2006:  132  ○478   051   020 :  762‰
    2007:  134   472   052   020 :  764‰
    2008:  141   458   061   022 :  767‰
    2009:  148   446   059   026 :  767‰
    2010:  152   441   064   027 :  772‰
    2011: ○156   436   065   034 :  779‰

    2012: ○158   435   066  ○034 :  783‰
    2013: ○155   432  ○075  ○035 : ○784‰
    2014: ○156  ▲426  ○080  ○036 : ○784‰
    2015: ○152  ▲423  ○092   033 : ○787‰
    2016:  149  ▲416  ○105  ○038 : ○791‰
    2017:  152  ▲411  ○114  ○039 : ○799‰
    2018: ○155  ▲408  ○115  ○042 : ○805‰
    2019: ○159  ▲399  ○118  ○042 : ○803‰
    2020: ○162  ▲398  ○117  ○039 : ○805‰
    2021: ○161  ▲390  ○116  ○037 : ○796‰

    ・2000以降、東京中高一貫校の人口補正シェアは減少を続けている。
    ・千葉をはじめ、三県中高一貫校や、公立高校に流出?

  3. 【6679144】 投稿者: 壊滅??  (ID:mbQBPKZ0e9k) 投稿日時:2022年 02月 19日 02:18

    ■一都三県 人口補正シェア ■東大+0.5京大 合格数現浪計4年移動平均推移 33年間
    ■神奈川シェア (一都三県に占める人口補正割合 ‰)
    ■年 :湘翠 神進重 神エン 神他公高 学桐: 神公一貫 神御三 神他一貫:神奈計
    1992: ○041 ○025 ○055 ○008: ○110: ※000 ▲114 ▲010 :計271‰○
    1993: ○037 ○024 ○045 ○006: ○112: ※000 ▲116 ▲014 :計267‰○
    1994: ○033 ○022 ○041 ○005: ○108: ※000  120 ▲014 :計259‰○
    1995: ○030 ○017 ○035 ○004: ○112: ※000  122 ▲018 :計254‰○
    1996:  027 ○016 ○033 ○003: ○111: ※000 ▲118 ▲019 :計244‰○
    1997:  024 ○014 ○032 ○003: ○113: ※000 ▲116 ▲019 :計239‰○
    1998:  022 ○013 ○030 ○003: ○116: ※000  120 ▲020 :計244‰○
    1999:  021 ○013 ○030 ○003: ○110: ※000  120 ▲022 :計238‰○
    2000: ▲017  011 ○026 ○002: ○107: ※000 ▲118 ▲026 :計228‰○
    2001:  018 ○011  023  002:  097: ※000  122  029 :計225‰ 

    2002: ▲016  009  021  002:  091: ※000 ▲116  032 :計210‰ 
    2003: ▲015 ▲008  020  002:  084: ※000 ▲116  030 :計205‰ 
    2004: ▲015 ▲008  021  002:  083: ※000 ▲116 ▲028 :計202‰ 
    2005: ▲014 ▲008  018  002:  083: ※000 ▲117 ▲028 :計198‰▲
    2006: ▲013 ▲008  018  002:  078: ※000  120  030 :計199‰▲
    2007: ▲013  010  016  002:  075: ※000 ▲118  033 :計197‰▲
    2008: ▲013  010  015  002:  067: ※000 ▲119 ○039 :計199‰▲
    2009: ▲016  010  015  001:  062: ※000  122 ○043 :計202‰ 
    2010: ▲017  009  014 ▲001:  054: ※000 ○126 ○043 :計201‰ 
    2011: ▲018 ▲008 ▲012  001: ▲049: ※000 ○129 ○044 :計200‰▲

    2012:  020 ▲008 ▲009 ▲001: ▲042: ※000 ○133 ○042 :計201‰ 
    2013:  021 ▲008 ▲008 ▲001: ▲038: ※000 ○128 ○043 :計194‰▲
    2014:  025  009 ▲006 ▲001: ▲037: ※000 ○129 ○043 :計197‰▲
    2015:  027  009 ▲006 ▲001: ▲034: ※001  124 ○042 :計195‰▲
    2016:  028  010 ▲006 ▲000: ▲034: ※003  122 ○038 :計193‰▲
    2017: ○031  009 ▲006 ▲001: ▲030: ※004  125  038 :計198‰▲
    2018: ○031 ▲009 ▲006 ▲000: ▲029: ○007 ○125  038 :計200‰▲
    2019: ○032 ▲009 ▲005 ▲000: ▲026: ○008 ○129  036 :計203‰ 
    2020: ○035 ▲008 ▲005 ▲001: ▲023: ○009 ○130  036 :計207‰ 
    2021: ○036 ▲009 ▲005 ▲000: ▲020: ○010 ○131  033 :計209‰ 
    ※学芸桐蔭は、東京+神奈川の人口計で補正(県計は桐蔭のみ合計)

    ■2011-21  
    ○湘南翠嵐シェアは増加傾向。○ 
    ・神奈川進学重点校シェアは下げ止まり。
    ▼神奈川エントリ校シェアは減少傾向▼
    ・神奈川他公立高校シェアは下げ止まり?
    ・学芸桐蔭シェアは減少傾向。▼
    ○神奈川公立中高一貫校シェアは増加傾向○
    ○神奈川御三家級シェアは増加傾向○
    ▼神奈川他中高一貫校シェアは上げ止まり。 減少傾向▼?
    ・神奈計シェアは2000-16を「底」に、増加傾向?(要因は湘南翠嵐、公立一貫、御三家級)




    ■一都三県 人口補正シェア ■東大+0.5京大 合格数現浪計4年移動平均推移 33年間
    ■東京シェア (一都三県に占める人口補正割合 ‰)
    ■年:日西国 東進重 東エン 東他公高:学桐 :東公一貫 東御三 東他一貫:東京計
    1992:  024 ○031 ○025 ○004: ○110: ※000 ▲308 ▲093 :計531‰ 
    1993:  024 ○030 ○022 ○003: ○112: ※000 ▲310  099 :計535‰ 
    1994:  022 ○026 ○020 ○003: ○108: ※000 ▲324  106 :計545‰ 
    1995: ▲021 ○023 ○018 ○002: ○112: ※000  329  114 :計553‰ 
    1996: ▲019 ○021 ○015 ○002: ○111: ※000  339 ○120 :計564‰ 
    1997: ▲016 ○018 ○014 ○002: ○113: ※000  352 ○121 :計571‰○
    1998: ▲015 ○017 ○011 ○002: ○116: ※000  356 ○120 :計570‰○
    1999: ▲013 ○015 ○011 ○002: ○110: ※000 ○367  119 :計578‰○
    2000: ▲015 ○015 ○011  001: ○107: ※000 ○369 ○120 :計581‰○
    2001: ▲015  015  010 ○001:  097: ※000 ○371 ○123 :計582‰○

    2002: ▲016  014  010  001:  091: ※000 ○368 ○125 :計583‰○
    2003: ▲019  013  010 ▲001:  084: ※000 ○367 ○124 :計577‰○
    2004: ▲018  012  010  001:  083: ※000 ○364 ○125 :計576‰○
    2005: ▲020 ▲011  010 ▲000:  083: ※000 ○362 ○120 :計569‰○
    2006:  021 ▲011  011 ▲000:  078: ※000 ○362  116 :計565‰ 
    2007:  024 ▲011  009 ▲000:  075: ※000 ○358  114 :計561‰ 
    2008:  027 ▲010  008 ▲000:  067: ※000  352  106 :計545‰ 
    2009:  028 ▲010  007 ▲000:  062: ※000  345  101 :計532‰ 
    2010:  032 ▲010  005 ▲001:  054: ※000  345 ▲097 :計525‰ 
    2011:  032 ▲009 ▲004 ▲001: ▲049: ※001  338 ▲097 :計516‰▲

    2012:  034 ▲009 ▲003 ▲000: ▲042: ※002  335 ▲097 :計512‰▲
    2013: ○038 ▲010 ▲003 ▲000: ▲038: ※005  330  097 :計512‰▲
    2014: ○040 ▲011 ▲002 ▲001: ▲037: ○008 ▲320  098 :計507‰▲
    2015: ○040  012 ▲002  001: ▲034: ○010 ▲319 ▲094 :計504‰▲
    2016: ○043  012 ▲002  001: ▲034: ○013 ▲313 ▲089 :計499‰▲
    2017: ○042 ▲011 ▲002  001: ▲030: ○015 ▲310 ▲085 :計491‰▲
    2018: ○042  012 ▲002  001: ▲029: ○018 ▲310 ▲080 :計486‰▲
    2019: ○042  012 ▲002  001: ▲026: ○021 ▲304 ▲074 :計476‰▲
    2020: ○040  013 ▲001  001: ▲023: ○022 ▲304 ▲072 :計471‰▲
    2021: ○042  013 ▲002  001: ▲020: ○023 ▲297 ▲069 :計463‰▲
    ※学芸桐蔭は、東京+神奈川の人口計で補正(都計は学芸のみ合計)

    ■2011-21
    ○日西国シェアは増加傾向。○
    ○東京進学重点校シェアは下げ止まり。上昇傾向○
    ▼東京エントリ校シェアは減少傾向▼ (2‰程度なので、これ以降、下げ止まり)
    ▼東京他公立高校シェアは減少傾向▼?
    ▼学芸桐蔭シェアは減少傾向。
    ○東京公立中高一貫校シェアは増加傾向。
    ▼・東京御三家級シェアは減少傾向▼
    ▼・東京他中高一貫校シェアは減少傾向▼
    ▼・東京計シェアは、減少傾向▼




    ■一都三県 人口補正シェア ■東大+0.5京大 合格数現浪計4年移動平均推移 33年間
    ■千葉シェア (一都三県に占める人口補正割合 ‰)
    ■年: 船橋※ 千進重 千エン 千他公高:千公一貫 千御三 千他一貫:千葉計
    1992: ○082 ○032 ○017 ○004: ※000 ▲011 ▲014 :計158‰○
    1993: ○080 ○028 ○017 ○004: ※000 ▲011 ▲015 :計155‰○
    1994: ○077 ○027 ○015 ○002: ※000 ▲010  016 :計147‰○
    1995: ○075 ○025 ○013 ○002: ※000 ▲010  016 :計141‰○
    1996: ○070 ○025 ○012 ○003: ※000 ▲009 ▲014 :計134‰ 
    1997: ○064 ○025 ○011 ○002: ※000 ▲011 ▲014 :計127‰ 
    1998: ○053 ○022  011 ○002: ※000 ▲014 ▲015 :計118‰ 
    1999: ○044 ○021 ○011 ○002: ※000 ▲016  016 :計109‰▲
    2000: ○038  016 ○012  002: ※000 ▲019 ○017 :計104‰▲
    2001:  035  016  011 ▲001: ※000 ▲020 ○017 :計100‰▲

    2002:  036  016 ○011  001: ※000 ▲024 ▲015 :計103‰▲
    2003:  035 ○018  011  002: ※000  027  016 :計108‰▲
    2004:  036  017  010  002: ※000  028 ▲014 :計106‰▲
    2005:  034  015  010 ○002: ※000  034 ▲014 :計110‰▲
    2006:  034  012  009  001: ※000  036  015 :計108‰▲
    2007:  033  010  008  001: ※000  038 ▲014 :計104‰▲
    2008: ▲030  010  008  001: ※000  044  016 :計111‰ 
    2009:  032  010  007  001: ※000  042 ○017 :計109‰▲
    2010: ▲031  010 ▲005  001: ※000  047 ○018 :計111‰ 
    2011: ▲030 ▲009 ▲006  001: ※000  047 ○018 :計111‰▲

    2012:  032 ▲008 ▲006 ▲001: ※000  048 ○018 :計113‰ 
    2013:  032 ▲007 ▲006 ▲001: ※000 ○057 ○018 :計122‰ 
    2014: ▲027 ▲007  007 ▲000: ※007 ○057 ○017 :計121‰ 
    2015: ▲024 ▲007 ▲005 ▲000: ※013 ○062 ○017 :計129‰ 
    2016: ▲017 ▲007 ▲004 ▲000: ※022 ○069  015 :計133‰ 
    2017: ▲010 ▲009 ▲003 ▲000: ○026 ○073 ▲015 :計136‰○
    2018: ▲011 ▲008 ▲003 ▲000: ○025 ○074 ▲015 :計137‰○
    2019: ▲012 ▲007 ▲003 ▲000: ○024 ○079  016 :計141‰○
    2020: ▲014 ▲008 ▲003 ▲000: ○021 ○080  016 :計142‰○
    2021: ▲016 ▲007 ▲003 ▲000: ○022 ○079  016 :計143‰○
     ■2011-21
    ※船橋シェアは減少傾向▼(下げ止まり?) 2014から千葉高は中高一貫校集計
    ▼千葉進学重点校シェアは減少傾向▼ 
    ▼千葉エントリ校シェアは減少傾向▼  2022から東葛飾は公立一貫校集計
    ・千葉他公立高校シェアは下げ止まり?(0人?) 
    ○千葉公立中高一貫校シェアは増加傾向○。 千葉中は高校募集あり
    ○千葉御三家級シェアは増加傾向○     渋幕は高校募集あり
    ○千葉他中高一貫校シェアは増加傾向○   市川などは高校募集あり
    ○千葉計シェアは、増加傾向○  千葉中高一貫校により、東京流出が減っている?
    ★2011以降の千葉は公立王国ではない?(中高一貫校高入枠はどの程度?)
    千葉は、高入公立高校を「切り捨て」、中高一貫校に集約する方針?




    ■一都三県 人口補正シェア ■東大+0.5京大 合格数現浪計4年移動平均推移 33年間
    ■埼玉シェア (一都三県に占める人口補正割合 ‰)
    ■年: 一女浦 埼進重 埼エン 埼他公高: 埼公一貫 埼御三 埼他一貫:埼玉計
    1992: ○052 ○022 ○011 ○001:  000  001 ▲007 :計○094‰
    1993: ○051  020 ○011  001:  000 ▲001 ▲007 :計○091‰
    1994: ○048 ○021 ○008 ○002:  000 ▲001 ▲008 :計 087‰
    1995: ○046 ○022 ○007 ○002:  000  001 ▲009 :計 087‰
    1996: ○042  021 ○007 ○002:  000  001 ▲012 :計 085‰
    1997: ○039  018 ○007 ○002:  000  001 ▲013 :計 080‰
    1998:  034 ▲017 ○008 ○002:  000 ▲001 ▲014 :計▲075‰
    1999: ▲030 ▲015 ○006 ○002:  000  001 ▲014 :計▲068‰
    2000:  033  019 ○006  001:  000  001 ▲014 :計▲073‰
    2001: ▲029  018  005  001:  000  001 ▲015 :計▲069‰

    2002: ▲029  018  004  001:  000 ▲001 ▲018 :計▲071‰
    2003: ▲030 ▲018 ▲003 ▲001:  000 ▲001  019 :計▲071‰
    2004: ▲027 ▲015  004  001:  000 ▲000  019 :計▲066‰
    2005: ▲029 ▲017  004  001:  000 ▲000  018 :計▲070‰
    2006: ▲028 ▲016  004 ○001:  000 ▲000  019 :計▲069‰
    2007: ▲028 ▲017  004 ○001:  000 ▲000  020 :計▲070‰
    2008:  031  018  004  001:  000 ▲001  022 :計▲076‰
    2009:  035  021 ▲003 ▲001:  000 ▲001  026 :計 086‰
    2010: ○037 ○023 ▲003 ▲001:  000  001  026 :計 091‰
    2011:  036 ○024  004 ▲000:  000 ○002 ○031 :計○098‰

    2012: ○037 ○025  004 ▲000:  000 ○003 ○032 :計○100‰
    2013:  037 ○023  004 ▲000: ○000 ○003  031 :計○098‰
    2014: ○037 ○022 ▲003 ▲000: ○001 ○004 ○031 :計○098‰
    2015:  035 ○021 ▲003 ▲000: ○002 ○003  028 :計○093‰
    2016:  031  020 ▲003 ▲001: ○002 ○004 ○032 :計○092‰
    2017: ▲028  018 ▲002 ▲001: ○003 ○003 ○034 :計 089‰
    2018: ▲026 ▲016 ▲001 ▲001: ○003 ○002 ○037 :計 086‰
    2019: ▲030 ▲015 ▲001  001: ○002  002 ○038 :計 089‰
    2020:  032 ▲015 ▲001  001: ○003  002 ○035 :計 088‰
    2021:  035 ▲017 ▲001  001: ○003 ○002 ○032 :計○091‰

    ■2011-21
    ・一女浦和シェアは増減を繰り返し、大幅な変動なし。
    ・埼玉進学重点校シェアは33年間変動少ない
    ▼埼玉エントリ校シェアは減少傾向▼ 
    ・埼玉他公立高校シェアは下げ止まり?(0人?) 
    ・埼玉公立中高一貫校シェアは変動なし
    ・埼玉御三家級シェアは変動なし(浦和明星のみ)
    ○埼玉他中高一貫校シェアは増加傾向○
    ○埼玉計シェアは、増加傾向○ 埼玉中高一貫校により、東京流出が減っている?

  4. 【6679145】 投稿者: 壊滅??  (ID:mbQBPKZ0e9k) 投稿日時:2022年 02月 19日 02:24

    ■一都三県 人口補正シェア ■東大+0.5京大 合格数現浪計4年移動平均推移 33年間
    ■各都県公立TOP高校比較(一都三県に占める人口補正割合 ‰)
    ■年 :湘翠  日西国  船橋※  一女浦 :都県公立TOP校計
    1992: ○041   024  ○082  ○052  :計134‰○
    1993: ○037   024  ○080  ○051  :計132‰○
    1994: ○033   022  ○077  ○048  :計123‰○
    1995: ○030  ▲021  ○075  ○046  :計118‰○
    1996:  027  ▲019  ○070  ○042  :計109‰ 
    1997:  024  ▲016  ○064  ○039  :計098‰ 
    1998:  022  ▲015  ○053   034  :計087‰▲
    1999:  021  ▲013  ○044  ▲030  :計077‰▲
    2000: ▲017  ▲015  ○038   033  :計075‰▲
    2001:  018  ▲015   035  ▲029  :計072‰▲

    2002: ▲016  ▲016   036  ▲029  :計074‰▲ 神奈川:湘南+翠嵐
    2003: ▲015  ▲019   035  ▲030  :計076‰▲ 東京 :日比谷+国立+西
    2004: ▲015  ▲018   036  ▲027  :計074‰▲ 千葉 :船橋+2013迄千葉高
    2005: ▲014  ▲020   034  ▲029  :計077‰▲ 埼玉 :浦和+浦和一女
    2006: ▲013   021   034  ▲028  :計077‰▲
    2007: ▲013   024   033  ▲028  :計081‰▲ ※2014以降の千葉県は
    2008: ▲013   027  ▲030   031  :計086‰▲ 公立TOP高並高校は船橋のみ
    2009: ▲016   028   032   035  :計093‰ 
    2010: ▲017   032  ▲031  ○037  :計101‰ ※埼玉県は
    2011: ▲018   032  ▲030   036  :計102‰  男女別学のため一女がTOP校

    2012:  020   034   032  ○037  :計108‰ 
    2013:  021  ○038   032   037  :計115‰ 
    2014:  025  ○040  ▲027  ○037  :計117‰○(▲034=船橋+千葉中)
    2015:  027  ○040  ▲024   035  :計116‰○( 037=船橋+千葉中)
    2016:  028  ○043  ▲017   031  :計114‰ ( 038=船橋+千葉中)
    2017: ○031  ○042  ▲010  ▲028  :計111‰ ( 036=船橋+千葉中)
    2018: ○031  ○042  ▲011  ▲026  :計110‰ ( 036=船橋+千葉中)
    2019: ○032  ○042  ▲012  ▲030  :計115‰○( 036=船橋+千葉中)
    2020: ○035  ○040  ▲014   032  :計117‰○( 035=船橋+千葉中)
    2021: ○036  ○042  ▲016   035  :計125‰○( 037=船橋+千葉中)

    ・1992-2001 千葉 > 埼玉 > 神奈 > 東京 
    ・2002-2011 千葉 ≒ 埼玉 > 東京 > 神奈
    ・2012-2021 東京 > 船千中≧ 埼玉 ≧ 神奈 > 船橋

    ・千葉県は、中高一貫校化した千葉中(公立中高一貫)と合わせても東大+0.5京大数は増加していない。
    ・渋幕や市川など私立中高一貫校の増加傾向が続く中、「公立枠」での減少を止めることに成功した?
    ・現在、一都三県でもっとも高入のみの公立TOP高校が弱いのは、「公立王国千葉」?
    ・神奈川TOP高校は、シェアが増加中




    ■一都三県 人口補正シェア ■東大+0.5京大 合格数現浪計4年移動平均推移 33年間
    ■各都県公立進学重点校比較(一都三県に占める人口補正割合 ‰)
    ■年 神進重  東進重  千進重 埼進重 :都県進重点計
    1992: ○025  ○031  ○032  ○022 :計085‰○
    1993: ○024  ○030  ○028   020 :計081‰○
    1994: ○022  ○026  ○027  ○021 :計075‰○
    1995: ○017  ○023  ○025  ○022 :計068‰○
    1996: ○016  ○021  ○025   021 :計064‰○
    1997: ○014  ○018  ○025   018 :計058‰○
    1998: ○013  ○017  ○022  ▲017 :計054‰○
    1999: ○013  ○015  ○021  ▲015 :計049‰○
    2000:  011  ○015   016   019 :計048‰ 
    2001: ○011   015   016   018 :計048‰○

    2002:  009   014   016   018 :計046‰ 
    2003: ▲008   013  ○018  ▲018 :計045‰ 
    2004: ▲008   012   017  ▲015 :計043‰ 
    2005: ▲008  ▲011   015  ▲017 :計040‰▲
    2006: ▲008  ▲011   012  ▲016 :計038‰▲
    2007:  010  ▲011   010  ▲017 :計039‰▲
    2008:  010  ▲010   010   018 :計040‰▲
    2009:  010  ▲010   010   021 :計042‰ 
    2010:  009  ▲010   010  ○023 :計042‰ 
    2011: ▲008  ▲009  ▲009  ○024 :計041‰▲

    2012: ▲008  ▲009  ▲008  ○025 :計042‰ 
    2013: ▲008  ▲010  ▲007  ○023 :計041‰▲
    2014:  009  ▲011  ▲007  ○022 :計042‰▲
    2015:  009   012  ▲007  ○021 :計043‰ 
    2016:  010   012  ▲007   020 :計043‰ 
    2017:  009  ▲011  ▲009   018 :計042‰▲
    2018: ▲009   012  ▲008  ▲016 :計040‰▲
    2019: ▲009   012  ▲007  ▲015 :計040‰▲
    2020: ▲008   013  ▲008  ▲015 :計041‰▲
    2021: ▲009   013  ▲007  ▲017 :計044‰ 

    ・1992-2001 千葉 > 東京 > 埼玉 > 神奈 
    ・2002-2011 埼玉 > 千葉 ≧ 東京 > 神奈
    ・2012-2021 埼玉 > 東京 = 神奈 = 千葉

    ・埼玉は各地域の公立進学校が30年間一定水準を維持している(公立王国埼玉)
    ・千葉は・・・・(TOP校も弱かったが、進学重点校も)
    ・東京・神奈川は下げ止まった?
    ・現在、一都三県でもっとも公立高校が弱いのは、「公立王国千葉」??




    ■一都三県 人口補正シェア ■東大+0.5京大 合格数現浪計4年移動平均推移 33年間
    ■各都県公立エントリー校比較(一都三県に占める人口補正割合 ‰)
    ■年: 神エン  東エン  千エン  埼エン :都県エントリ校計
    1992: ○055  ○025  ○017  ○011 :計081‰○
    1993: ○045  ○022  ○017  ○011 :計073‰○
    1994: ○041  ○020  ○015  ○008 :計065‰○
    1995: ○035  ○018  ○013  ○007 :計056‰○
    1996: ○033  ○015  ○012  ○007 :計052‰○
    1997: ○032  ○014  ○011  ○007 :計049‰○
    1998: ○030  ○011   011  ○008 :計045‰○
    1999: ○030  ○011  ○011  ○006 :計045‰○
    2000: ○026  ○011  ○012  ○006 :計042‰○
    2001:  023   010   011   005 :計038‰ 

    2002:  021   010  ○011   004 :計037‰ 
    2003:  020   010   011  ▲003 :計036‰ 
    2004:  021   010   010   004 :計038‰ 
    2005:  018   010   010   004 :計036‰ 
    2006:  018   011   009   004 :計036‰ 
    2007:  016   009   008   004 :計032‰ 
    2008:  015   008   008   004 :計031‰ 
    2009:  015   007   007  ▲003 :計027‰ 
    2010:  014   005  ▲005  ▲003 :計023‰ 
    2011: ▲012  ▲004  ▲006   004 :計022‰▲

    2012: ▲009  ▲003  ▲006   004 :計018‰▲
    2013: ▲008  ▲003  ▲006   004 :計016‰▲
    2014: ▲006  ▲002   007  ▲003 :計014‰▲
    2015: ▲006  ▲002  ▲005  ▲003 :計013‰▲
    2016: ▲006  ▲002  ▲004  ▲003 :計012‰▲
    2017: ▲006  ▲002  ▲003  ▲002 :計011‰▲
    2018: ▲006  ▲002  ▲003  ▲001 :計010‰▲
    2019: ▲005  ▲002  ▲003  ▲001 :計009‰▲
    2020: ▲005  ▲001  ▲003  ▲001 :計009‰▲
    2021: ▲005  ▲002  ▲003  ▲001 :計010‰▲

    ・1992-2001 神奈 > 東京 > 千葉 > 埼玉 
    ・2002-2011 神奈 > 千葉 > 東京 > 埼玉
    ・2012-2021 神奈 > 千葉 > 東京 = 埼玉

    ★「神奈川公立高校が壊滅しているイメージ」の有力要素発見!!?
    ・1990年代、神奈川の旧学区TOP校は、各県TOPに準ずる数値であった。
    ・2000年代、急落した これが、「神奈川壊滅印象」の有力要素?
    ・2010年代、減少傾向は継続。 「神奈川壊滅印象」の有力要素?
    ・他都県は、東大+0.5京大合格が1校1名前後だった(神奈川は平均5名前後)。
    ・他都県は1990年ころからの、減少幅は小さい(神奈川は大きい)
    ・これが他都県の「壊滅していない」印象に繋がっている?




    ■1990年前後の卒業生の印象(現在の受験生の親の世代)
    ・神奈川旧学区TOP校 自分の卒業時と比べて「急落」→「壊滅している!」イメージ。
    ・他都県旧学区TOP校 自分の卒業時と比べて「減少」→「若干、低下した?」イメージ。

    ★神奈川エントリ校(旧学区TOP校)が33年間で大幅に減少したという事実は確認できる。
    ・しかし、他都県のエントリ校(旧TOP校)比では、常に優位。
    ・県内の、有力中高一貫校は東京に次いで多い(公立高校にとって不利な条件)。
    ・2010年代の神奈川エントリ校を「壊滅!」とするなら、東京、千葉、埼玉のエントリ校(旧TOP校)はそれ以上に「壊滅的な状態」である。


    ■2012-2021の順位比較(順位点?)
    ・公立TOP高    1.0東京 > 2.2埼玉 ≧ 2.8神奈 > 4.0船橋
    ・公立進学重点校  1.0埼玉 > 3.0神奈 = 3.0東京 = 3.0千葉
    ・公立エントリ校  1.0神奈 > 2.0千葉 > 3.5東京 = 3.5埼玉

    ・公立TOP高、公立進学重点校、公立エントリ校(旧学区TOP校)
    順位平均 均等  過重(top×3 進重点×2)  過重(top×5 進重点×2)
    神奈   6.8②   13.6③=5.6+6.0+2.0    22.0③=14.0+6.0+2.0
    東京   7.5③   12.5②=3.0+6.0+3.5    14.5①=05.0+6.0+3.5
    千葉   9.0❹   16.0❹=8.0+6.0+2.0    28.0❹=20.0+6.0+2.0
    埼玉   6.7①   12.1①=6.6+2.0+3.5    16.5②=11.0+2.0+3.5
    ・神奈川は最下位ではない
    ・「公立王国千葉」が最下位。



    ■2018-2021の順位比較(順位点?)
    ・公立TOP高    1.0東京 = 1.0埼玉 = 1.0神奈 > 4.0船橋
    ・公立進学重点校  1.0埼玉 > 3.0神奈 = 3.0東京 = 3.0千葉
    ・公立エントリ校  1.0神奈 > 2.0千葉 > 3.5東京 = 3.5埼玉

    ・公立TOP高、公立進学重点校、公立エントリ校(旧学区TOP校)
    順位平均 均等  過重(top×3 進重点×2)  過重(top×5 進重点×2)
    神奈   5.0①   11.0②=3.0+6.0+2.0    13.0②=05.0+6.0+2.0
    東京   7.5③   12.5③=3.0+6.0+3.5    14.5③=05.0+6.0+3.5
    千葉   11.❹   20.0❹=12.+6.0+2.0    28.0❹=20.0+6.0+2.0
    埼玉   5.5②   08.5①=3.0+2.0+3.5    10.5①=05.0+2.0+3.5
    ・神奈川は最下位ではない。2位もしくは1位?
    ・「公立王国千葉」が最下位。


    ・ただし、一都三県は、難関国公立の8割が中高一貫校からの進学のため、各県の公立高校のみの比較に、決定的な意味は無い。
    ・同一通学圏内の中高一貫校との関係なども考慮に入れて判断するべき。

    ■中高一貫校
    ・中高一貫補正を行った、公立高校の評価
        東京 = 神奈川 > 埼玉 > 千葉  でしょうか。

  5. 【6679194】 投稿者: ライフワーク  (ID:kyU12k0FBdI) 投稿日時:2022年 02月 19日 07:32

    掲示板としてかなり特殊なスレですね。
    ここまで特定の方の文字数が圧倒してるスレを他に知りません。

    正直だらだらと数字を垂れ流されても読む気が起きないし流石に連投でこの文字数はちょっと異常だと思います。

  6. 【6679273】 投稿者: 異常  (ID:MgBnerZaBBM) 投稿日時:2022年 02月 19日 09:10

    久しぶり覗きましたが、数年前と変わらず異常な投稿が続いていてびっくりしています。
    神奈川県立が壊滅していない、と自分にも言い聞かせるための投稿?
    神奈川私立トップ3校と神奈川県立トップ3校の大学合格率(人数で判断しちゃだめ、私立は県立の半分くらいだから)で判断できるのに。

    神奈川から筑駒開成に流れる反面、東京から神奈川私立(特に聖光)に流れる人もいるんだし、どうでもいい。そのあたりの層は県立高校を選ばないということです。

  7. 【6679557】 投稿者: 通行人  (ID:oMzkyVxvWY2) 投稿日時:2022年 02月 19日 12:42

    母校が頑張っているのは伝わりました。
    前回の入試で爆発的に良かったとダイヤモンドなどで読みました。

あわせてチェックしたい関連掲示板

このスレッドには書き込めません